ひとこと・ふたこと・時どき多言(たこと)

〈ゴマメのばーば〉の、日々訪れる想い・あれこれ

「えーっ、これって 人間の立てる計画?」

2017-07-31 06:26:34 | 日記
  《最終処分場は、候補地の選定に向けた調査だけで少なくとも約20年、
   建設に約10年かかる。
   さらに操業を開始した後、坑道を埋め戻して閉鎖するまでに約60年。
   このほか建設前の安全審査などにも時間がかかると予想され、
   埋設が完了するのに100年程度はかかると見込まれている。》
                  (毎日新聞2017年7月29日 東京朝刊)
千里の道も一歩から。
何事も、まず やり始めなければ事は進みませんが、
〈埋設が完了するのに100年程度はかかると見込まれている。)
こんな時間のスパンでの「計画」は、計画と言い得るのでしょうか。
アントニ・ガウディが設計した『サグラダ・ファミリア』ではあるまいし。

世耕 弘成経済産業大臣がテレビで説明をしている姿を見て、
「えーっ、これって、平均寿命が80何歳かの人間の立てる計画?」
と、思ってしまいました。
ある計画を提案する際に、その案が現実問題として遂行困難と思しき際に、
〈それは、机上計算に過ぎない〉
と提案が却下されるということは よくあることです。
今回の『最終処分場候補地選定案』は、
机上計算というより〈まやかし〉案の、様にしか思えません。
〈対策は立てているんだよ〉というアピールだけの。

高レベル放射性廃棄物の最終処分場選定として適地とされたのは
国土面積の約65%に上る、などと示されますと、
「あぁ、場所は沢山あるんだ」
と、実現可能な錯覚すら抱いてしまいそうです。
海外でも最終処分場建設は難航しており、場所が決まっているのはフィンランドと
スウェーデンだけだそうではありませんか。

それに、原発を稼働し続けて高レベル放射性廃棄物を出し続けていたら、
その量はどの位になるのでしょう。
その量をも しっかり把握して、その経過内での管理方法も、
しっかり示してもらわなければなりません。

『まずは、原発を止める。廃棄物をこれ以上出さない。』
ということから始めるのが、ノーマルというか、人間の常識的な対応ではないでしょうか。
「10万年の管理」などという発想は、人間の考える時間を超えてしまっています。
原発を稼働させ続けたいために、SFモノの様な計画を掲げられているような気がします。
これは、「欺き」に通じていませんか。

私個人としましては、やはり、「原発」は稼働させるべきではないと考えています。
不便も覚悟しなくてはと。
経済活動に無知な高齢者のたわごとと言われるかもしれませんが。
                             〈ゴマメのばーば〉
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「make」と、「grow」 | トップ | じゃぁね! またね! »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
人間の都合だけでいいんだろうか? (雀(から) )
2017-07-31 07:18:07
原発事故の後さまざまな集会や講演会を駆け巡り自分なりに真実を見極めようとしてました🙋…そのなかで、ある有名な大学教授が「何の役にも立たない国有林に除染廃棄物を纏めれば、そこからバイオで発電することができる😁😥」と言うのを聴いて、あ、この教授は信用できない😓と思いましたが、後で聞いたら元々は原発推進派だったそうです😵
人間の都合だけで様々な事柄を決めてしまう風潮には以前から腹立たしく思っていましたが、今をときめく大学教授がこんな発言するのかと唖然としました😨
人間の都合だけでいいんだろうか? (雀(から) )
2017-07-31 07:18:28
原発事故の後さまざまな集会や講演会を駆け巡り自分なりに真実を見極めようとしてました🙋…そのなかで、ある有名な大学教授が「何の役にも立たない国有林に除染廃棄物を纏めれば、そこからバイオで発電することができる😁😥」と言うのを聴いて、あ、この教授は信用できない😓と思いましたが、後で聞いたら元々は原発推進派だったそうです😵
人間の都合だけで様々な事柄を決めてしまう風潮には以前から腹立たしく思っていましたが、今をときめく大学教授がこんな発言するのかと唖然としました😨
駄文ですが (ささやん)
2017-07-31 16:39:17
ばーば様

ばーば様のきょうのブログに触発され、私もブログをアップしました。駄文ですが、ご笑覧いただければ幸いです。
こんばんは。 (ゴマメのばーば)
2017-07-31 20:38:31
 (雀(から) )さま。
こんばんは。
今日は、暑い一日でした。体調はいかがだったでしょうか。ご自愛くださいませ。
原発の事を考えますと、「どうしたもんかなー」との
不安と焦りを覚えます。
身近な人たちであっても、「原発のこと考えるの めんどう まあいいか」的な人が増えてきていることも事実です。
コメントありがとうございました。
こんばんは。 (ゴマメのばーば)
2017-07-31 20:48:34
 (ささやん)さま。
訪問させて頂きました。
確かに、同じ言葉を使っていても、言葉を置く位置で、ニュアンスはかなり変わってしまいますものね。
そして捉え受け取る側も、恣意的になりがちですし。
ですから、色々な考え方があるのでしょう。
私の捉え方としましては、まずは、とんでもない廃棄物をこれ以上出さない。そして、今、保持しているモノの牙を何とか抜いて行く、という思いです。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事