ひとこと・ふたこと・時どき多言(たこと)

〈ゴマメのばーば〉の、日々訪れる想い・あれこれ

「さぁ、日本も、テロ対策の強化を」と。

2017-04-06 06:26:51 | 日記
政府は、〈組織犯罪処罰法改正案を6日の衆院本会議で審議入りさせる〉模様です。
政府与党は、今国会での成立を目指す方針を確認。
1億総監視社会につながりかねない この法案です。
公明党さんは、やっぱり最終的には…………、残念です。

森友学園問題も、さっぱり解明されないまま、政府は ここに来て、傍聴法案を
優先したいという事は、ロシアで起きたテロ事件が、この法案成立に当たっての
外的好条件到来と、踏んだのでしょうか。
北朝鮮も、何やら飛ばしましたし。

テロはあってはならないもの。
でも、この法案、私たち国民にとっては、キケン極まりないものに思えます。
〈ロシアで、テロが起きた、さぁ、日本も、テロ対策の強化だ〉
とばかりに 短絡的な思考に走ることはキケンだと考えます。

教科書検定。
  《パン屋は「国や郷土を愛する態度」にそぐわないのか。
   来年春から小学生が教科として学ぶ道徳を巡り、ある教科書の記述が
   文部科学省の検定意見を踏まえ「パン屋」から「お菓子屋」に変わった。》
と、報じられました。

何と薄っぺらな思考なんでしょう。
バカバカしくさえなってきます。
「スパゲッティ」は×で、「うどん」は○程度の思考形態です。

戦後、パンが一般人も日常的に食するようになった頃、とある学校の教師が、
「外国人は パンを食べるからアタマがいいんだ」
などと、給食がらみで私たちに語ったことを、苦々しく思い出しますが、
食物は「文化」です。
変に、持ち上げたり貶めたりするのは いかがなものかと。

  《思想家で神戸女学院大名誉教授の内田樹さんの指摘は辛辣だ。
   「検定で指摘を受けた教科書会社は
   『パン屋を和菓子屋にする小手先の修正で大丈夫』
   と予測し、実際その通りだったのだろう。
   それだけ検定側の知性が低く見られているということだ」。
   さらに、
   「文部科学省の言う愛国心や伝統の尊重が薄っぺらな記号に過ぎないことは、
   出版会社の間で周知の事実だろう。知的退廃という以外に言葉がない」
   と論評した。》(毎日新聞2017年4月4日 20時18分)

「退」するほどの「知」の持ち合わせはありませんが、内田樹氏の論評に同感です。
                           〈ゴマメのばーば〉
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 靖国神社は、今、桜が満開とか。 | トップ | 『怒るべき時に怒る勇気を』と。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。