ひとこと・ふたこと・時どき多言(たこと)

〈ゴマメのばーば〉の、日々訪れる想い・あれこれ

「不便さ」の許容も、また、

2016-10-31 06:20:47 | 日記
近畿地方では、すでに「木枯らし1号」が吹いたとか。
冬がやって来ます。
どの季節も、それなりに楽しいことや ちょっと嫌かな、というものを携えてくるのですが、
冬は、寒さや冷たさが身に沁みるので、ちょっと苦手です。
最近減少の一途を辿っているスタミナや、活動力の低下が身に応える季節です。
まあ、冬眠するわけにもいかないので、精を出すしかありません。

横浜市で、87歳の男性の運転する軽トラックが、集団登校をしていた児童の列に突っ込み、
死亡事故を起こしてしまいました。
詳しい情報は、よく存じ上げませんが、走行していた状況からすれば、
やはり「高齢」が、原因の様に思われます。
亡くなってしまったり、重傷を負ったりした子供たちは、何とも可愛そうです。
家族の苦しみ、悲しみも如何ばかりかと。
合掌のみ。

私の連れ合いは80歳、子供たちの奨めもあって、
来春、長いこと足にしていた車の運転を止めることにしました。
特段、事故を起こしたりはしていませんが、
他人様を傷つけたりしてしまってはいけないからという理由です。
本人も それなりの対応策を考えてはいるようですが、
行動半径が、ぐっと狭まってしまいますので、淋しいというか、
複雑な思いもあるみたいです。

それに、私たちが住む地方都市は、公的な交通機関網も十分とは言えず、
差し当たり、通院などに支障をきたすことは必至です。
電動自転車を買おうかなどと話し合ってはいますが、
暮らし方に不便をきたすことは確かです。
あと、二、三年引き延ばそうかなどとも考えますが、今回の事故などを考えますと、
やっぱり、当初の決心で行こう ということに。

お世話になった神父さまから、
『老いるということは、神さまに一つずつ返していくことです』
と、教えられましたが、理解は出来ても、やっぱり現実的には困ったことも出てきます。

でも、加害者になってしまってからでは取り返しがつきません。
そんなわけで、
「クルマで紅葉を見に行けるのも今秋が最後だから なるべく出かけよう」
などと言い合ってはいるのですが、これが なかなか。

  『焚くほどは風がもてくる落葉かな』(良寛)

朝、落ち葉を掃くのが、日課となって来たこの頃です。
時代が移っても、〈焚くほどは〉与えられるのでしょう。
「不便さ」の許容もまた、老いの務めなのかもしれません。
                               〈ゴマメのばーば〉
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レクエイムは、まだ歌えてい... | トップ | 「金も貯まんねぇし………」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (tempo1078)
2016-10-31 08:33:13
あの
交通事故には言葉を
失いました。

睡眠不足もあったようですが、
言い訳しても済むことでは
ありません。

高齢者は
やはり運転免許の返納が
必要になりますね。

そのうちに私おそうなりますか・・・
私も(^^)v (雀(から))
2016-10-31 13:13:08
微妙な年齢で病に倒れ、生活するには車は必要だからと退院前に適性検査をして合格でしたが、体の快復が遅々として進まず、一応条件付きの更新をしましたが、多分、ペーパードライバーのままに返納にならざるを得ないとおもっています…当初は腹立たしく運命をうらみましたが、利かん気の私から、危険を避けさせる意味で、御先祖様が取り上げてくれたのだと感謝することに気持ちが向いています😅
こんばんは。 (ゴマメのばーば)
2016-10-31 22:54:25
 (tempo1078)さま。
誰もが長く生きれば背負わなければならい「老い」。
やっぱり、つらいです。
ご自愛くださいませ。 (ゴマメのばーば)
2016-10-31 22:58:36
(雀(から))さま。
病を得てしまったこと、詳しくは存じ上げませんが、お察ししては おりました。
寒い季節を迎えます。
ご自愛くださいませ。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。