ひとこと・ふたこと・時どき多言(たこと)

〈ゴマメのばーば〉の、日々訪れる想い・あれこれ

真っ平御免なすって!

2017-07-14 06:10:21 | 日記
保育園に通っている ひ孫が胃腸炎をおこしたと思ったら、父親も感染(?)
胃腸の具合が悪くなって二日ほど仕事を休んだとのこと。
心配していましたが、重篤に陥ることもなく、元気になったとの連絡を受けましたので、
ほっとしました。

看病へ参じたわけでもないのに、ほっとしたら急に疲れを感じてしまいました。
何だか、空を蔽っていた黒い雲が、すっきり取り払われた感じになりましたので、
買い物に出かけました。

といっても差し迫って必要な買い物もなく、ただ街中をぶらっとして
コーヒーショップに寄って来ただけのこと。
にわか雨には遭いましたが、さほどの事もなく元気回復して戻って来ました。

ところで、石破茂前地方創生担当相は、安倍首相が次々と打ち出してきた看板政策、
「地方創生」「1億総活躍」「人づくり革命」などについて、
『大河ドラマではないので、1年ごとに出し物が変わるのはあまりいいことだと思わない』
と、語りました。
この方、けっこうおもしろい表現をなさる方のようです。
岸田文雄外相も、何かと取り沙汰されていますが、どうなっていくのやら分かりかねます。

いつの時代にも「権力闘争」のプロットはさまざまで、
予測されにくいものではあるようです。
自民党の主導権がどうなっていくのかという事より、私にしましては、
加計学園・森友学園。
そして、11日に施行された「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法の
今後の問題の方が気にかかります。

自民党は、《やらない。やっても意味がない》などと言っていた安倍首相出席での
閉会中審査、ここに来て一転実施することに。
筋書きは決まっていたのでしょうから、思わせぶりをせずに、ここは しっかり、
『やります』と、初めから言うべきではなかったのではないでしょうか。
野党と与党との質問時間を同じ配分にする………などと考えているようですが、
またまた恥ずかしい様な個人攻撃などは止めて欲しいものです。

子どもの貧困問題に取り組んでいるNPO法人キッズドアは、都内を中心に52カ所の
無料学習会を運営しています。
《前川さんも次官退職後、このNPOの別の教室でボランティアをしていた。
前川さんは素性を明かさず、一般の学生や社会人と同じように申し込み、教えていた。
「加計学園」問題の発覚後は「迷惑をかけるから」と指導を中断している。》
                   (毎日新聞2017年7月13日 東京夕刊)
と、報じられています。
この記事から推すれば、〈前川さんは 社会的には立派な人〉の範疇に入ります。
でも、この際、前川喜平・前文部科学事務次官の人となりが問題ではありません。
『行政がゆがめられた』
という事実の有無について検証すべきで、それ以上でも以下でもないはずです。
そうですよね、菅官房長官。

「改憲」も気にかかります。
安倍首相は、戦後72年という歴史の大河のなかで、
おじい様からの悲願たる『改憲を成し遂げる』というヒーローを演じたいのでしょうか。
そうした大河小説なら、
真っ平御免なすって!
と申し上げたいのです。
                             〈ゴマメのばーば〉
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『聴く』と『うけたもう』と。 | トップ | 長時間労働の是正を、こそ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。