ひとこと・ふたこと・時どき多言(たこと)

〈ゴマメのばーば〉の、日々訪れる想い・あれこれ

「アア、ヤッパリジブンハ、カエルワケニハイカナイ」

2016-11-08 06:38:40 | 日記
去る4日。
天皇 皇后両陛下は、ミャンマーのアウンサンスーチーさんと、
皇居の御所で会見なされました。
髪に花を挿した若い頃のスーチーさんと比べますと、当然なことですが、
〈あぁ、歳を重ねられたな〉
の感を強く抱きました。

映画「ビルマの竪琴」が話題になったとのこと。
私が観たのは、1956年の作品、水島上等兵役を、若い頃の安井昌二が演じた作品です。
物売りの老婆役・北林谷栄さんも忘れられません。
道々に散乱する無数の日本兵の死体。
葬る者もおらず 無残に朽ち果て 蛆が湧く遺体の山
水島は、そうした同胞の亡骸をみて、帰国することが出来なくなってしまいます
水島は、僧侶となって ビルマ(ミャンマー)の地に留まることを決意します。

収容所の柵ごしに 隊員達は『埴生の宿』を合唱。
水島は、黙ってうなだれ、『仰げば尊し』を弾きます。

やがて、故国に日本兵が帰れることになった時、帰国船に乗った同胞・戦友たちを
僧侶姿で見送る水島。
水島の肩に止まっているインコが叫びます。
「アア、ヤッパリジブンハ、カエルワケニハイカナイ」

上映された頃、原作者の竹山道雄氏も、映画も、
〈戦争の真実を伝えていない〉
とする批判もあったような気がします。

でも、打ち捨てられている戦死した同胞の遺体を目にしたとき、
その亡骸を放置したまま帰れなくなってしまった水島の気持ちは、
痛いほど伝わってきたことを覚えています。
かなり、涙をこぼしたので、上映終了後の明かりが点いた時、恥ずかしいくらいでした

戦争の悲惨さの描き方は、様々です。
日本人だけでも310万もの いのちが奪われた太平洋戦争でした。
その中には、私の知人も親戚もいます。

「平和ボケ」と言われようが、言われまいが、日本国憲法前文
【政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、
ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。】
を、守って行きたいと思います。
強く願っています。
                            〈ゴマメのばーば〉
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あったかーいエールが、注ぎ... | トップ | 「働き方改革」よりも「働き... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (A.S(たわごと的オピニオンの))
2016-11-08 07:25:20
済んでいる地域では今朝も晴れて比較的今は暖かいですが北海道等では雪が大雪になっているようです。

日本国憲法前文【政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。】
此処にまさに歴史から学んだ大事な事が載っています。これを守らなければ又候、政府の行為によって戦争の惨禍が起きてしまいますのものね。危険な改憲の波はここをしっかりと認識して行かないとと感じています。
おはようございます (tempo1078)
2016-11-08 07:44:29
平和ボケで
いいではありませんか。

愚かな殺戮を
繰り返す人間の歴史は
ここら辺で変えないと。

もう21世紀なんですから。
ビルマの竪琴 は、 (雀(から))
2016-11-08 08:39:40
中学時代に読んで感動しました(*´-`)
作者の竹山氏が、核アレルギーの発言だかで 物議を醸したのは高校時代で、詳しい事は解らないままに、ただただショックを受けてましたが、安井昌二さんの映画もテレビで観て感動してました……大人になりきれていない頃の自分の中でも纏まらないカルチャーショックの数々でした👮😥
政治も さむーい状況 (ゴマメのばーば)
2016-11-08 21:00:03
 (A.S(たわごと的オピニオンの))さま。
今朝の気温はマイナスになりました。
うっ 寒い、と思いながら、雨戸をガラガラとあけました。
政治も さむーい状況です。
コメントありがとうございました。
こんばんは。 (ゴマメのばーば)
2016-11-08 21:01:08
 (tempo1078)さま。
コメントありがとうございました。
Unknown (ゴマメのばーば)
2016-11-08 21:05:30
  (雀(から))さま。
こんばんは。
原作も映画も涙がこぼれました。
あの抒情さがキケンという見方もありましたが。
寒くなってきました。
風邪をひかれませんように。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事