ゴマボンSHOP/インターネット通販

デジタル関連情報 価格 通販 最安値
格安情報 最新 最安 ノートパソコン iPhone デジカメ サイバープライス 

計都(けいと)、計都星(けいとせい)

2017-07-16 10:13:36 | 運命学

土曜(聖観音)、水曜(弥勒)、木曜(薬師)、火曜(虚空蔵)、金曜(阿弥陀)、月曜(勢至)、日曜(千手観音)、計都(釈迦)、羅睺(不動明王)の9つの星を「九曜曼荼羅」として信仰した。平安時代には交通安全に霊験があるとして車文に多く使用された。

羅睺星は平安時代の神仏習合の際、日食を引き起こしたスサノオと結び付けられ災いを引き起こす天体と考えられた。また、羅睺星を祭り上げる場合は黄幡神として道祖神のように奉られる。

ちなみに土曜から日曜は「七曜」(北斗七星)といい、また土曜から金曜の5星より五行説が表れたとされる。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インド天文学における白道と... | トップ | 羅刹 »
最近の画像もっと見る

運命学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL