多摩川雑学事典 by元林徹(文と写真)

名前の通り多摩川の話題ブログ。それとなぜか保守の立場から政治・社会も取り上げますのでこちらもどうぞ!


二股コウモリ外交の行く末は? 文在寅大統領の韓国

2017-06-28 | Weblog
マスコミ、南朝鮮の大統領が朴槿恵から文在寅に代わって変化があったように報道していますが、変わらないことが一つあります。

それは日和見二股コウモリ外交です。

朴は保守で文は左翼ですが北朝鮮と戦争しようとせず強い者に巻かれるのはどちらも同じ。

その間で中共と米国の二股をかけて利用、という筋書きで、これまたどちらも同じです。

利用と書きましたが利用できると思っているのでしょう。

ただ朴のように一応は親米保守なら米国も利用されたふりして我慢できたでしょうが、従北を隠さない左翼の文ならそうはいかない。

それが米国の許せない限界まで達したら…。

米国には北朝鮮が超えるのを許さないレッドラインもあるでしょうが、例えば対北接近のように南朝鮮も超えるのを決して許さない限界線があっおかしくない。

サテどうなるか?
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひょっとして空梅雨? 多摩川... | トップ | 「ミニチュアの世界展」ポスター »
最近の画像もっと見る

あわせて読む