多摩川雑学事典 by元林徹(文と写真)

名前の通り多摩川の話題ブログ。それとなぜか保守の立場から政治・社会も取り上げますのでこちらもどうぞ!


クリスマスだがそれがどうした?

2016-12-24 | Weblog
クリスマス、キリスト教の生誕祭をバブルの頃の日本人は若い男女の交尾シーズンに仕立てました。

だから日本人はキリスト教の思想的意味を理解していない…などとステレオタイプをいうつもりはありません。

日本には神道があるから宗教としてのキリスト教や仏教が入ってきても「本来の」それとは違ってきて当然。

本来の形で根づかなかったがそれでも全面排除されるのでなく、使えそうな部分をリサイクルして別の用途に利用している。

それが仏教は葬式仏教や馬鹿騒ぎハロウィン・クリスマスです。

むしろなまじ宗教が「本来の」形でのさばり社会に悪弊をもたらしている例、世界の歴史にいくらでもあるのに日本はそれよりはるかにマシと思うがサテどうか。

…こんなことを書こうと思っていたらキリスト教の神罰か、体調が悪くなり投稿が遅くなってしまいました_(._.)_
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬にも青い空がある…多摩川冬... | トップ | これ以上は無理? 歌舞伎座十... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む