多摩川雑学事典 by元林徹(文と写真)

名前の通り多摩川の話題ブログ。それとなぜか保守の立場から政治・社会も取り上げますのでこちらもどうぞ!


三島由紀夫自決と保守の「いま」

2016-11-26 | Weblog
昨日11月25日は三島由紀夫が自決した日です。

三島由紀夫について書くと長くなるのでそちらは別の機会にし、代わりに自決以来の50年近くの間に、保守はどう変わったかについて。

三島にとっての保守は大東亜戦争とその英霊、滅びゆく日本への想いでした。

そうした想いが遠ざかり抹殺されていく中で三島は自決しました。

しかし保守感情、三島の時代と比べ今では多くの日本人にとって切迫した現実となっています。

守るのは悠久の歴史や文化や美しい日本というよりも今ここにある自分と自分たちがいて生活している日本。

国を憂える三島の情感に代わり保守感情もこうしてリアルな日常になってきました。

そして三島自決当時は三島を超える進歩と知性のように見せかけることのできた左翼も今では凶反日の本性をあらわし、それがむき出しの現実となって現前している。

書いているうちに三島調になってきたのでこの辺で終わりです。
『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トンカツに醤油をかけて…♪♪ | トップ | 雨の後には猫が増える? …多... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事