多摩川雑学事典 by元林徹(文と写真)

名前の通り多摩川の話題ブログ。それとなぜか保守の立場から政治・社会も取り上げますのでこちらもどうぞ!


昭和がまだ濃厚でした…

2017-10-16 | Weblog
この写真、多摩川沿いの町の住宅地であります。

撮ったのは平成になって10年くらいたったころ。

昭和からまだたったの10年ほどと強引にも言えますが、原付やかごに捨ててある紙パックを時代考証すれば既に昭和ではないかも。
そういう細かい所はさておき、全体、まだ昭和の空気が濃厚でした。

この記事をはてなブックマークに追加

反日左翼マスコミ撲滅も選挙のテーマです

2017-10-16 | Weblog
今回の総選挙のテーマ、北朝鮮危機にあとはいつもの定番の社会保障・福祉に景気というところでしょう。
しかしもう一つ、ぜひ加えたいことがあります。

それは左翼マスコミの害。

ネットと保守化で日本崩壊をたくらむ反日組織であるというその正体が明らかになってきましたが、今回の選挙でも巧妙なやり方で左翼扇動をしています。

報道姿勢云々のレベルでなくここまでくると反日から日本を守るための政治の問題です。
こういう反日左翼マスコミに対し法的手段をとる段階に達しています。

それがまだ難しいならまず民間一般人から反日左翼マスコミ駆除に立ち上がるべきでは?

この記事をはてなブックマークに追加

可愛いだけではつとまらない…多摩川猫シリーズ

2017-10-15 | Weblog
多摩川にいる猫を観察していて気付くのはどれも表情がけわしいこと。

バキバキのプロの野良猫に限らず河原に遊びに来ている飼い猫もそうです。
多摩川沿いではありませんが以前、夜逃げした家の猫が捨て猫になって、人相というか猫相が次第に悪くなるのを見たこともあります。

人間と同じで猫の顔も環境次第?

写真の猫の顔は家猫以上野良猫未満というあたりでしょうか。

この記事をはてなブックマークに追加

されど左翼は死なず←老衰しているだけです…

2017-10-15 | Weblog
今回の総選挙の前あたりから左翼についてうまい言い回しが結構出てきました。

まとめれば、絶滅危惧種の赤いたぬきを乗せて沈みゆく泥舟。

絶滅危惧種と言いましたが既に野生絶滅状態で反日国とマスコミの飼育下で情弱高齢者を餌にして生き延びているのがやっと。

選挙のたびにですが議席数に一喜一憂したくなる気持ちは分かりますが、今の日本の大きな流れは保守ですから大きく構えては。

学生の頃の大昔、犬は吠えても歴史は進むと左翼が豪語していたのを思い出しました。
この言葉、特大ブーメランとなってはるか大昔の世界から帰ってきています。

この記事をはてなブックマークに追加

雨の前はこうだった…多摩川秋景色シリーズ

2017-10-14 | Weblog
シトシトと雨の続くこのところの多摩川ですが、写真はそうなる前日の空。

今から思えば、明日から雨だからそのつもりでいろと前触れしているような空模様でした。

ただその雨ですが、良くない天気がダラダラ続いていますが雨の量はさほどでもない。
それで川の方も増水や濁流というところまではまだいっていません。

この記事をはてなブックマークに追加