GOLFOFFJP.com激安ゴルフクラブ通販専門店|ゴルフ用品通販を提供しています

人気ゴルフクラブ通販サイトへ ようこそ!低い価格、高い評価。信頼できる激安ゴルフクラブです!

和製タイガーが米ツアーで堂々の優勝争いを展開した!golfoffjp

2017-04-21 14:03:32 | 日記

2日目単独首位、3日目にも4ストローク伸ばし首位に1打差の単独2位になった谷口徹は、最終日はスコアを伸ばせず13アンダーで単独5位となった。順位は下げてしまったが、最後まで大会を盛り上げたひとりと言えるゴルフをした。

スタートの1番ホールでバーディを奪った谷口だが、6番パー3でこの大会2つ目のボギーを叩いた。続く7番ではバーディを奪い再び14アンダーにしたが、8番、9番と連続ボギーで首位のS.マッキャロンに差をつけられてしまった。ちょうど8番に入ったところで振りだした雨足が強くなり、谷口の距離感を狂わせてしまったのだ。

後半に入り、再び青空が広がると谷口のショットも復活してきた。ピンに絡むようなショットは見られなかったが、アプローチでピンチをしのいだ。そして終盤はチャンスがいくつもあったが、ボールはカップの横をすり抜けてしまったgolfoffjp

優勝争いは最終組の谷口徹、S.マッキャロン、L.マティエスとその前組のB.ファクソン、L.サバティーニに絞られた。途中11番ホールでマッキャロンが3連続バーディを奪い17アンダーまで抜け出したが、その後はマッキャロンがジリジリとスコアを落とした。16番パー3でこの日3つ目のボギーを叩き15アンダーまで後退すると、14アンダーグループにつけていたマティエスが17番パー5でバーディを奪い首位に並び、勝負は最終ホールに持ち込まれた。

逃げる立場にいたマッキャロンのアイアンショットは再三に渡りグリーンを捕らえられなかった。そして、一番重要な最終ホールでも2オンできず、得意のロングパターでアプローチを行ったがボギーを叩いてしまったのだ。このホールを手堅く2パットでパーセーブしたマティエスが、ツアー初優勝を飾った。

終ってみれば首位に2打差の5位に入った谷口だが、ショット、パットのかみ合わせがよければ優勝できただろう。谷口には次週行われる世界マッチプレーが待っている。昨年3位に入った試合だけに、今週の調子を持ち込んで更なる活躍を期待する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。