ゴルフ惑星

ゴルフの楽しさを享受するメルマガ『Golf Planet』の裏側をお見せします。キャプテンc-noがより身近になるかも。

2016年、ありがとう!!

2016年12月30日 17時10分27秒 | 裏話



今年ももう終わりです 
ロマン派ゴルフ作家として
面白い1年を過ごせました。
Golf Planet、ゴルフ惑星を
始めとして、
読み手がいての書き手です。
お付き合いをいただき、
本当にありがとうございました 

12月に入ってから
年始のブログに使うための
日の出が入ったゴルフコースの
画像を撮ろうと必死になるのが、
この数年のルーチンです。
チャンスは一瞬。
苦労した年もありました 

今年は豊作で、選ぶのが困るほど
良い画像が撮れました。
ありがたい、と感謝しました。
冒頭の画像は、その中の1枚で
大好きなホールのグリーンの
風景です 

今晩は旧友との忘年会、
大晦日は打ち納めゴルフ。
2016年は終わっていきます 

ゴルフの神様に
色々な役割を強制されて、
乗り越えられない試練はない、 
と改めて痛感した1年は、
未来へと続く道を
教えられたような気がしています 

この後は、
インスタグラムを通して 
年の終わりを紹介しつつ、
ゴルフ惑星の更新は
年明けにする予定です。

最後に、もう一度、本当に感謝です。
ありがとうございます 
良いお年をお過ごしください 

ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

逆さピンと静寂な反省

2016年12月28日 11時33分51秒 | コース



明け方まで降った雨のお陰だと
感謝することが冬ゴルフには
確実に存在します 
凍ったグリーンが
柔らかくなっていることが
一番ですが……

バンカーにできた水溜まりに
逆さピンが見えることは、
オマケのようなものです。
背景まで映るシーンには
引き込まれそうになります 

もう一つの世界の入口。
その世界では、
たぶん僕は左利きで、
シャイなナイスガイで、
スイングも綺麗な……
しかし、その世界には、
音というものが一切ない、 
という物語が浮かんで
作家モードになって
グリーンに上がりました。

ボールも見えていますが、
バーディーパットは
カップに擦りもせずに
見事に外れました 
ラインは読めていたのに
乗せられませんでした。
集中力不足です 



昨日のライブは、盛り上がりました 
桑田さんは元気そうで
安心しました。
会場内は、日本中から
集まった人たちもいて面白かったです。

時空を2万人近い人と
共有するという経験は
それだけで十分に貴重です 
鳴り響く音楽に包まれて、
手拍子をしながら
色々なことを考えました。
『そこに、ここにいられることに
感謝しなければ……
今年は良い年だった……』
幸せな気分になりました 

明日からの年末年始は
不定期更新になります。
今年もいよいよあと少しです。
楽しく過ごしましょう 

ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年の終わりを記憶するために

2016年12月27日 09時35分13秒 | 裏話



SMAPが解散した年として 
2016年を振り返ることが
あるのかどうかは
わかりませんけど……

今日は妻と桑田佳祐さんの
年越しライブの初日に行きます 
発表されたのが遅かったので
WOWOWの生中継がなく
(1/3に録画中継されます)、
どうにか行きたいと、
強く願っていたので、
抽選で当選したときは
ガッツポーズをしました 

サザンのデビューと
僕のゴルフデビューは
同じ夏ということもあって、 
ジャストミートに色々とリンクします。
昔は妻が友達と一緒に
ライブに行くのを
見守ることが習慣でしたが、
最近は夫婦で一緒に行きます。

今年はサザンではなく、
桑田さん個人のライブです。
横浜アリーナは2年振りです 

今年は年末が年末っぽくない、
と戸惑っていましたが、
2日間かけて大掃除をして、
このライブがあって、
なんとか盛り上がってきました 

2016年の年末は
何をしていたのか、
という記憶の証として
思い出のページに刻みます 
思いっきり楽しんできます 

ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

粉雪舞う、1日遅れのクリスマスプレゼント

2016年12月26日 10時19分54秒 | 裏話



満を持して……
ゴルフ千物語の新刊が出ました 

一日遅れのゴルファーへの
サンタさんからのプレゼントです 
(最後まで読んでもらえると
本当にプレゼントの話が
出てきます)

書いている本人が書くのも
恐縮なのですけど、
本当に良いんですよ 
ゴルフ千物語は、
ゴルフのショートショートとして、
気持ち良いのです。

自分のスマホとか、
タブレットにも入っていますけど、
『読者でありたかった』
と心底思いながら読み返します。
ゴルフ千物語は、
どこから読んでもOKなので
それも暇潰しとして
最適なのです 
そして、
『ゴルフって良いよね』
しみじみと思える物語が
並んでいるんです。

書き手としては、
余計な反省なんかが
混じったりして複雑な部分も
あるのですが、 
そういうのはなしで、
単純に読み手として
楽しみたかったと思うわけです。

『こういうゴルフ本が
あったら良いなぁ』
と考えて書き始めたものです。
他の書き手の方々も
ゴルフのショートショートを
書いて欲しいと思います 
そうしたら、単純に読者として、
ゴルファーとして、
楽しめるのですが……



タイガーの使用球として
改めて大注目されている
B330Sです 
B330シリーズは完成度が高い
素晴らしいボールです。
僕はB330Xのほうを
使用しております 

Bマークも限定ではなく
普通に売っています 
タイガーは、Bマークを使っています。

さて、プレゼントです 
ゴルフ千物語の最新刊を
購入してくれた方は、
コメントでもOK、
その他の方法でも良いので
その旨を僕に教えてください。
その中から抽選で
3名の方に、
このBマークのB330Sを
1スリーブ、プレゼントします 
(〆切は1/10)

年末年始の推薦図書として
ゴルフ千物語 9 Powdery Snow を
よろしくお願いします 

表紙の画像のカバーストーリーと
解説なども、
楽しめるようになっております 
質問や感想なんかも、
丁寧に対応しますので、
その部分まで楽しんでもらえれば
書き手として、幸せです 

ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読み手によって響くところが違うのが好き

2016年12月22日 08時53分08秒 | 裏話



年末年始に読む推薦図書その1です。
『シンゴイズム』 

単なるレッスン本だと思って
手にしてはいけません。
これは読み物です 

片山プロの語録があって、
それにマークさんの解説が
入る形式で進んでいきます。
最後のほうには少しだけ
レッスン書らしい部分も
ギュッと詰まっています 

読む人によって
響くところが違うと思います 
それだけでも十分に
面白いところですけど……
削ぎ落として、削ぎ落として、
大事な部分だけを
強調する意図はわかるのですけど、
個人的には、量的な不満が
あります。
この本の解説本を
書きたくなりました 

この本に僕はかかわっていませんが、
生まれるまでの苦労は
実は影ながら知っていました。
2年半かかって出来上がった分、
試行錯誤も味となって、
滲み出ているような気がします 

行間までじっくりと読んでこそ、
この1冊の良さがわかります 

昨日、検査で病院の待ち時間に
この本を読んでいたら
「その本はどこで買いましたか?」
と知らない人から声を
掛けられました 
本日から書店に並ぶようです。
ボロボロになるまで
ゴルフの謎を追究するために
読み返すことをオススメします 

ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑧ Shoe Sole ~足裏~
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沈む太陽、昇る太陽

2016年12月21日 09時42分29秒 | コース



夕暮れ前の9番ホール。
久しぶりにこういうシーンを
見ることができました 
今年の思い出に浸って
バーディー上がりだったのは
ご褒美のようなものです。

すっかり夏芝は休眠して
落葉樹の葉も落ちました。
冬だからこそのシーンは
いくつもの偶然が生んだもので
小さな物語がありました 



こちらは、前のシーンの8時間前 
朝イチの1番グリーンです。
カチカチに凍っていました。
ラインを読んでいる同伴競技者を
よく見ると、
真っ白い息が写っています 

グリーンの奥から撮っていますが、
この画像を見ても、
このグリーンの読みづらい傾斜が
よくわかります 
長い影は見えづらい傾斜を
教えてくれることがあります。

沈む夕陽が作る長い影と
昇る朝日が作る長い影は
ゴルフコースにおいても
全く違うもののような気がします。
どっちも嫌いではないのですけど、
心に隙があると
低い太陽に照らされている時間は
危険だという言い伝えを 
思いだして……

ゴルファーとして
心に隙がないように
頑張ろうと決意しました 
何度も決意していますけど、
今度こそと思えるのは、
ゴルフ向きな証拠なのだと
自分に言い聞かせましょう。

美しすぎるシーンは
ゴルフの神様の贈り物です。
それに伴う物語は
オマケのようなものですが、
だからこそ、
色々と意味深なのです 

ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑧ Shoe Sole ~足裏~
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しいスリクソンのボールを打ってみた

2016年12月20日 09時16分13秒 | 用具



新しいスリクソンのボール、
Z-STARとZ-STARXVを
コースで打ってきました 

正直に書くと、あまり期待を
していなかったのですけど……
ビックリしました 

ダンロップのボールは
芯に当たった手応えが弱い、
というのが個人的な印象で、
その特色は維持されています 
特筆すべきは飛距離性能です。
スリクソンのボールは
スピンは効くけど
飛ばないというイメージでしたが、
完全に払拭されました 

詳細はGOLFESさんで
書くことにしますが、
使用球にしても良いかも、
と悩ましくなるほど
良かったのです 

打ち出しを思い通りに
できるという意味では、
最高レベルです 
特に低い球を打ちたいときには
痺れるぐらいきれいな弾道を
描いて飛んでいきます。
残念ながら、
機能を完全に使い切るには
かなりのヘッドスピードが
不可欠のようですが、
僕のヘッドスピードでも
満足できるぐらいの性能は
十分に堪能できました 

共通していたのは
そんなところでしたが、
スリクソンとスリクソンXVは
全く別のボールです。
同じブランドの兄弟ボールとは
思えないほど違うのです 
これは好みの範疇になると
思うのですけど、
なかなか興味深いです。

真冬のテストは別物で、
実際は暖かくなってからでないと
全てはわからない部分も
あると思います 

プロV1も新しいボールが出ます。
ボールの見極めは
春までじっくりとやるのが
正解なのです。
(スリクソンZ-STARシリーズは
来年の2/10発売予定)
発売まではまだ時間があるので
じっくりと見守りましょう 

ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑧ Shoe Sole ~足裏~
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ゴルファーは氷の上でもゴルファーだと胸を張ろう!

2016年12月19日 10時57分21秒 | 裏話



昨日は、今シーズン初の
凍ったグリーンのゴルフでした 
朝、練習グリーンで
ブロアーをかけていた 
コース管理の方に
「凍っていますか?」
と期待を込めて聞きました。
「凍っています」
現実は冷たくシビアでした。

初めのハーフは
わかっているのですけど
大変でした。
諦めるためにやる
シーズン最初のハーフは
儀式のようなものだと
厳粛に受け止めました 



前夜のコースの予報です。
マイナス5℃……
真冬の装備で頑張りました。
実際はマイナス3℃でした。
十分に寒いですけど、
なんだ3℃か、と
気が楽にもなりました 

そういう日でも
たくさんのゴルファーが
コースに溢れていました。
なんだか頼もしかったです 
ゴルファーは確実に増えています。
統計上出てこないのは、
今までのゴルファーと
コスト意識が違うからです。
馬鹿高い値段のコースには
行かない、
クラブも吟味して
コストパフォーマンスを
徹底して購入する、
そういう層の人を把握できない
調査方法が古いのです。
それが統計が正確ではない
原因なのですけど、
この問題は少し根深いので
いずれメルマガで書きます 

ゴルファーの心は
冬でも凍らないのです 

MMT9のクラウドファンディングが
始まりました 
来月の9ホールトーナメントは
ゴルファーの熱意で
成り立つものです。
どんなに遠いところにいても
参加している気持ちを
持ってもらおうと思っています。
みんなで作りましょう。
以下のURLで見ることが
できますので、
よろしくお願いします。

https://camp-fire.jp/projects/view/14142

ゴルファーは無意識に
心の深いところで
繋がっている
未必のグループという側面が
古来からあります。

だからゴルフは面白いのです 

ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑧ Shoe Sole ~足裏~
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

応援するゴルフもゴルフの内

2016年12月16日 10時02分33秒 | 裏話



マークマイクロトーナメントの
アマチュア予選が昨日ありました。
前半は風が強く、
ホールロケーションも
難しかったこともあって
苦戦する参加者が続出し、
厳しい予選となったようです 

競技ゴルフは残酷です 
運営をしながら、
自分のゴルファー心の端っこが
ヒリヒリします。
MMT9も回数を重ねて、
顔見知りの参加者も
増えてきました 
だから余計に……
感情移入してしまうのです。

できるのは当たり前で、
できるつもりになっていて
本当はできない未熟さを
徹底的に思い知らされるのが
競技ゴルフなのです 

レベルが上がるほど、
足すことより、
削って絞って剥き身な部分で
勝負するしかないと
わかっていくのです 

短期決戦のMMT9は
失敗のダメージが
他の競技より大きいので
底力とか、下限のレベルとか、
運とか流れも含めて
ちょっと特別なんです 

アマ予選を経て、
決勝は来年の1/12です 
生で見ないとわからないことが
ゴルフには一杯あります。
そういうことを感じる意味で
MMT9は存在します 
冬の赤羽での開催は
初めてになりますけど、
みんなで応援しましょう 

ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑧ Shoe Sole ~足裏~
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬ゴルフはアイスと共に

2016年12月15日 11時20分48秒 | 裏話



冬になるとアイスが
食べたくなります 
アイス評論家も真っ青ぐらいに
アイスばかりを食べています 

この秋冬は色々と期間限定で
美味しいアイスが出ていまして
コスパを含めて
今のところのナンバー1は、
大人のガリガリ君
贅沢いちごです 

ガリガリ君は限定フレーバーの
メロンパン味が
好みではなかったので 
これにも期待を
していませんでしたが、
『大人イチゴ』は(勝手に命名)
濃厚さ、甘さ、酸っぱさの
バランスが良いのです。
果汁を感じるねっとり感と
後味が良いのです 

ラウンドしながら
帰りに何のアイスを食べようか?
と考えることがあります。
面白いことに、 
そこで考えたチョイスと
実際に購入するアイスは
別だったりすることが
多いのです。
たぶん、使う頭の中の回路が
違うのだと思います。
理想と現実の差、
という感じが一番近い、
ですかねぇ。

コレを買うのだ! と
狙いを定めて、
コンビニを選ぶ(コンビニごとの
コラボ商品もあるので)
ことがあるぐらいなので、
よく行くコースの帰り道にある
コンビニの種類と位置は
完璧に頭に入っています 

そんなことをぼんやりと
考えながら
ラインを決めて打つパットは
けっこう入ったりします 
リラックスしているからだと
自己分析しています。

夏も食べてますけど、
冬ゴルフの後に
暖房で温まった車の中で
ゴルフの反省をしながら
食べるアイスは
結局……
なんでも美味しいのです 

ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑧ Shoe Sole ~足裏~
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落葉の思い出2016

2016年12月14日 10時25分05秒 | コース



落葉の美しいシーンは
一瞬です 
ほんの数日ずれただけで
目の前のシーンは
全く変わってしまうからです。

11月の終わりの寒い日の朝、
ボールがホールの左に飛んで、
OBかどうか確認にいきました。
OBだったと落胆して 
カートのほうを見て
ハッとしました。
それがこの1枚です。

カートの手前のフェアウェイは
霜で真っ白で、
広葉樹が葉を落として
ラフの斜面には落葉が
積もっています。
そして、抜けるような青空 

ボールが飛んでいけば
見つからない可能性が高い
積もってしまった落葉は
ゴルファーの敵ですが、
離れて見るものとしては
美しいのです 

OBだと落ち込んだ気分は
すっかりと癒やされました。
ゴルフの神様は
時々、粋な計らいで
ゴルファーの未熟な側面を
助けてくれます 

紹介しようと思いつつ、
ずいぶんと時間が
経ってしまいました 
今日は尊敬するゴルファーの
命日です 
特に意識をしなかったのですけど、
こういうタイミングも悪くないと
ロマンチックに考えるのも、
僕としてはゴルフの内です 


ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑧ Shoe Sole ~足裏~
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松山プロ、かく語りき

2016年12月13日 09時45分01秒 | 用具



珍しく興奮しました 
昨日はスリクソンのニューボールの
メディアミーティングがありまして、
松山英樹プロを間近で見ました。

詳細はGOLFESさんで書きますが、
来年の2月発売の
スリクソンZ-STARと
Z-STAR XVの発表があったのです 
ちょっと痺れました。



よくよく考えてみれば
大変革とかではないのですけど、
松山プロの躍進とリンクする
開発ストーリーがあって 
これがゴルファーのハートを
鷲づかみにするんですよ。
ちょっと出来過ぎじゃない、
というエピソードは 
多くのメディアで紹介されるはずです。

世界的なスーパースターのために
特別に専用の用具を開発する、
という話は
過去にも色々とありました 
それらとリンクするんですけど、
書き手の力が試されますね。
ゴルフを理解できているかと
伝える力の勝負です 

僕がビビッと来たトピックスは
2点です 
1つは、松山プロが
ドライバーショットのスピン量が
2500回転から2700回転ぐらいの
弾道が好きで、
低スピンにするメリットは
わかるけど、
それを求めてはいない、
と断言したことです。
もう一つは、
現在売られている4代目の
スリクソンは試合では使わず、
1つ前の3代目のスリクソンを
今年の初めまで使っていた、
ということです。
色々と謎だったことが
一気に結びついて
納得しました。

松山プロはコメントが上手くなって
驚きました。
上手く逃げていると思う人も
いるのでしょうけれど、
僕はくそ真面目に
間違って伝わるのを
避けたいという気持ちと
わかる人には
伝わるはずだという信念を
強く感じました 



松山プロの使用球は
Z-STAR XVです。
今年の5勝は全て
この新しいZ-STAR XV で
達成したものだそうです 
(プロトタイプを含む)

百聞は一見にしかず。
サンプルのボールを
いただいたので、
色々と試したいと思います 

ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑧ Shoe Sole ~足裏~
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

31年振りに克服したのか?

2016年12月12日 09時21分37秒 | 裏話



誰でもトラウマがあるものです 
僕にもいくつかありますが、
その一つに踊れない、
というものがあります。
二十歳の時に
ディスコで、ちょっと良いなぁ、と
思っていた女の子に
「c-noのダンスって、
機関車みたいだね」
と言われて、その瞬間から
思ったように踊れなくなりました 

悪気なく言ったのだと
理解はしていましたが、
それ以降、一切、踊りの類いは
全く駄目で、足が震えるのです 

31年を経て、昨日。
どうにも断れなくて、
震える足でフロアに出て 
思い切ってみました……

その瞬間が冒頭の画像です。
心霊写真のようですが、
そういう意図ではありません 
同級生との
クリスマスパーティーは、
80’のナンバーで一杯で 
楽しい時間でした。
否定し続けることで
空気が悪くなることは
避けたいと考えました 

踊るようにゴルフをしろ!
という指導者がいます。
言おうとしていることは
十分にわかります 
頭の中を空にして、
少しだけでしたが
スイングするように
踊りました。

トラウマが克服されたかは
正直に書くとわかりません 
でも、楽しめる余裕はなかったけど
面白かったのです。
今年もあと少しです 

ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑧ Shoe Sole ~足裏~
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裸木の影を背負いて

2016年12月09日 10時18分59秒 | コース



裸木(はだかぎと読みます)は、
俳句の冬の季語です 
落葉が落ち切って
幹と枝だけになった木のことです。

葉を脱ぎ捨てて裸という擬人化だと
思ってきましたけど、
冬の落葉樹の幹や枝が
肌色に見えることで
博打に負けて
身ぐるみ剥がれたように
寒々しいという連想が
語源なのだそうです 

あっという間に冬になりました。
多くの落葉樹が裸木になって
フェアウェイに伸びる影が
冬の雰囲気になりました 

霜がおりて
白いフェアウェイに縞々の影が
伸びる冬ゴルフの朝。
空気がピーンと張り詰めていて
けっこう好きなんです 
カートに乗ったまま
思わずカメラを向けて撮りました。

グリーンが凍って
難儀する季節もすぐそこまで
来ています 
凍らないぐらいの寒さで
冬が通り過ぎてくれれば、
と秘かに願いながら
遠近法の見本みたいな
画像を見つめているのです 

ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑧ Shoe Sole ~足裏~
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

防寒グローブがおニューになった

2016年12月08日 09時22分44秒 | 用具



長年使っていた防寒グローブを
やっと新調しました 
オークリー製です。
お店で見て、装着してみて
ちょうど良い感じに
惚れてしまいました 

極寒ゴルフだと
指先を冷やさないことは大事で、
クラブを手に持っても
大丈夫なように
打つ直前に外して、打って、
また、防寒手袋をします。
カートを運転するときも
助かるのです 



3本指のものが好きです。
使いやすいのです 
甲のファスナーはホカロンを
入れる為のものですが、
別の用途にも使えそうです。



親指と人差し指は
指先を出せるようになっています。
タバコを吸うためですか?
と聞かれましたが、
スマホを操作しやすいための工夫と
いう説明を聞きました 

妻は安いと言いましたが、
僕としてはかなり高い買い物でした 
ちょっと考えましたが、
何年も使うことになると計算して
納得して購入しました。

既に2ラウンド使いましたけど、
快適です 
小物でゴルフが楽しくなるのは
嬉しいことです 

ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフ千物語⑧ Shoe Sole ~足裏~
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加