ゴルフ惑星

ゴルフの楽しさを享受するメルマガ『Golf Planet』の裏側をお見せします。キャプテンc-noがより身近になるかも。

パターとカイガンの関係について

2017年04月21日 11時30分59秒 | 用具



クリープランドのパターです。
HUNTINGTON BEACH COLLECTION
というパターです 
3/18に発売されました。
(ダンロップスポーツの販路で
日本国内は売っています)

ハンティントンビーチは
カリフォルニア州の街で
クリーブランドの開発拠点が
ある場所です 
お隣の町がニューポート……
ちょっと面白いです。

フェースはミーリングで
持った感じもずっしりした
無骨なパターです 



マレット型とブレードの2種類。
34インチののみの展開です 
米国市場では
6つの形状で、
長さも33,34,35インチを
選べますが、
日本国内では
売れそうなものだけに絞って
その分、お手頃な値段に
なっているということです。



クリーブランドのパターは
日本ではあまり知られていませんが、
細部まで作り込まれていて
昔からオーソドックスなものは
高い評価を得ていました 
このバックフェースを見ても
わかる人にはわかるのです。

ビーチは砂浜ですけど、
「かいがん」を漢字変換したら
海岸ではなく、開眼が最初に出ました 
ゴルフが育ったリンクスは
海と陸を繋ぐ砂地だし、
一気に色々なことがリンクして、
ゴルファーはつくづく「カイガン」が
大好きなんだなぁ、と思ったのです。
ビーチが名称に入っているパターは
それだけで物語が始まりそうです 



打ってみたいなぁ、と思っていたら
ちょうど声をかけてもらって
渡り舟だということで乗りました。
インプレを書きます 

附属のヘッドカバーも
良い感じです 



グリップもやや太めのピストル型。
この辺りの味付けというか、
調整に感心させられます 

このパターは上代で12,000円+税。
安いところだと1万円を切って
市場に出ていますので、
とりあえず、基本に忠実な1本として
お手軽に持っていても良いと
オススメしています 

パターのインプレは
真剣にやればやるほど
時間がかかります 
そして、個別のものである用具は
どこにフォーカスするかが 
なかなか難しいものです。
腕の見せどころだと
燃えています 

ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春光うららか……芽吹きの始まり | トップ | ゴルフができる惑星に生まれ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL