ゴルフ惑星

ゴルフの楽しさを享受するメルマガ『Golf Planet』の裏側をお見せします。キャプテンc-noがより身近になるかも。

ボールフィッティングの時代

2017年02月22日 10時00分22秒 | 用具



メジャーな球技で
使用するボールをプレーヤーが
選べることはほぼありません 
運営サイドが選択したボールを
試合では使うわけです。

ゴルフは特別で 
ボールはプレーヤーが
ルールに適合していれば
自由に選ぶことができます。

今更ですが……
ボールを選択できることに
感謝する時代になったと
強く思っています 

昨年までは、どんなボールでも
上級者が打てば、
それなりに機能する汎用性を
備えているものでした 
“○○向け”という区別は
ありましたけど、
機能の何割かは、
誰でも打てるようにという機能に
振り分けられていました。

ボールの重要な基本特許が
自由に使えるようになって、
ゴルフボールは
どんぐりの背比べになったと
言われ出したのは
一昨年ぐらいからで、
昨年は安価なボールと
高価な一流メーカー品の
性能比較をしても
変わらないというデータも 
公開されて話題になりました。

今年の春に出るボールを
一通り試打しました。
かつて経験したことがない、
恐ろしい経験をしました 
自分のゴルフが狂ったのかと、
慌ててしまいました。
普段使っている
使用球を使って、
自分のゴルフを 
確認するハーフをしました。

全てはゴルファーのため……
自分に合うボールを
使わないともったいない、
という時代になります 

ボールフィッティングを
受けてから、
自分に合うボールを選ぶ、
ということになるのは 
面白いし、良いことだと
ぼんやりと思っています。

ヘッドスピードだけでなく、
スピン量、打ち出し角、
使用しているクラブの特性、
そういうスペックで
ボールを選ぶのは
楽しそうです 

僕の場合は、
ボールの機能に合わせて、
とうとうクラブを
変えないとダメだと
しんみりとしています 
これもまた、時代なのでしょう 

ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出番ですよ、という早春のシーン

2017年02月21日 10時14分23秒 | コース



普段使っているボールなら
ギリギリ届くはずだと 
打つ前から思っていました。
そこまでで
新しいボールを
7ホール使って、
ショートアイアンの
キャリーがほんの少し足りない、
と感じていたのです。、
バンカーでもいいや、
と決断したショットでした 

打ち上げていて、
バンカー越え。
ピンは手前。
強いサイドアゲインスト。
グリーンは受けていて
奥からのパットは
2パットでおさめるのに
苦労をするホールです。
番手を上げて、
奥にボールが行けば
パーが危うい可能性が
ありました 

良い球を打ちましたが、
ほんの少しキャリーが
足りませんでした 
春のシーズンを前に
バンカーには砂が足されて
整備されていました 
状況を見て、
良かった、とホッとしたのです。

SWとパターを
持っていましたが、
見た瞬間、迷うことなく
パターを持ちました。
アゴさえなければ
バンカーから
パターを使うのは
得意中の得意です 

バーディーパットだと
狙いにいきましたが、
ほんの少し弱くて
カップのボール1個分横に
止まりました 

同伴競技者は
「いつも不思議に思うのだけど
こういう練習って、
いつ、どこで、やっているの?」
と聞いてきました 

「若い頃、死ぬほどやりました」
と答えました 
本当は遊びながら
草ゴルフをしていた経験が
ベースになっていて、
あとは想像力と、
実行する技術だけです。

同じ状況で10球打ったら
パターなら1、2球は
カップインできて、
3回かかることは
カップインより少ないと
思いますが、
SWだとカップインは
運次第で、
3回かかることは
2、3回はありそうです 

簡単だと思って、
もう一度、画像を見て、
できるような気がしてくれば
出番は必ず来るものです。
思い切って、実行です 

カメラで撮ったのは、
砂が目一杯、補充されていたのが
ラッキーだったからで、
感謝を込めて紹介しようと 
思ったからです。
こういうところでも、
春を感じられるのは幸せです 

ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浮かぶハーフムーンは新しい謎解きの象徴

2017年02月20日 10時16分33秒 | 用具



風が強く吹くコースで
色々なテストをしました 
春一番が関東に吹いて、
ラウンドのたびに、 
強風の中でゴルフしています。
偶然なんですけど、
意味深に考えてしまいます。

手応えがないのに、
結果だけが残っていく現実に
翻弄されながら……
ピンの上にハーフムーンが
浮かんでいました 



アップにするとこんな感じでした。
欠けていくお月様は、 
『考えすぎじゃないの?』
と言っているような気がしました。

ボールテストだったので、
久しぶりに14本のクラブは
自分のもので、
逆に違和感がありました。
それを楽しもうと
開き直れました 

風が吹かなければ、
明らかにお日様は
パワーアップしていて
日向はポカポカです 

ボールテストを経て、
混乱しています 
経験したことがない
明確な現実を
消化しきれないのです。

でも、だからこそ
新製品なわけです 
ちゃんと整理して、
どんなゴルファーの為に
開発されたのかを
紹介する記事にしたいと
強く決意しています。



これは前の週ですが、
曲げるのは大変な硬さの
樹脂製の旗竿が
強風でしなっていました 

新しいボールは
ときに強風のようなものです。
風に遊ばれるのも
ゴルフの内です。
上手く利用すれば
信じられないような経験が
できることもあります 

肉眼であれば
ハーフムーンは
もっと大きく見えます。
画像に撮ると小さくて
見えないことは、
誰でも経験します 
見えることも現実であり、
撮った画像も現実です。

ゴルフの面白さは、
たぶん、こういうことに
似ているのです。
そして、ゴルフボールも
個別のゴルファーに
フォーカスした時代に
入ったような気がします 

ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しいMPのドライバーを待っていた!

2017年02月17日 09時12分33秒 | 用具



3/17に発売になる
ミズノ『MP TYPE-1』と
『MP TYPE-2』が、
情報公開されました 

少しずつ情報公開する方式で
ソールの形状なんかは
部分的にわかってきていましたが、
これは期待を煽ります 

「ミズノはアイアンの……」
というセリフをよく耳にします。
アイアンは良いけど、
ウッドはもうダメだと、 
いうことのようです。
しかし、その認識は
ちょっと間違っていると
個人的には考えています。
調整機能付きのウッドも、
チタン合金のドライバーも、
世界で最初に量産したのは
ミズノなのです 

チタンになっても、
300SやMPクラフトなどの
名器と呼ばれるドライバーを
市場に出してきました 

開発期間2年半。
新しい素材と構造のフェース。
それだけでも、
十分にそそられますし、
ソールの形状を見ると
僕は溝の力を痛感しているので
自然に高まります 

『MP TYPE-1』は435cc、
『MP TYPE-2』は460ccと
体積が違う2タイプです。
ロフトはカチャカチャで
動かせるようになっていて、
7.5度から11.5度に
1度刻みで設定できます 

来週、実際に練習場で
打ってきます。
その後、コースに持ち込んで
じっくりと体感します 

リリースを見て、
本気だなぁ、と感じたのは
値段です 
上代は63,000円+税
(標準シャフト)
なのですよ。
まだ見ていないのですけど、
安いことだけは
間違いありません。

ミズノのウッドは値段が高いから
買えないと選択肢から
外しているという話を
この10年あちこちで
聞きました 
待っていました! と
狂喜乱舞するゴルファーが
たくさんいると思います 
諸々、楽しみです 

ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボールはゴルファーを魔法にかける

2017年02月16日 10時24分44秒 | 用具



2017年は凄い年になると
少し前から確信しています。
新製品のボールを
試してみて思ったのです 

プロV1xで、もしかしたら……
と考え始めて、
先日、テストしたキャロウェイの
クロムソフトXで
確信に変わりました 



詳細はGOLFESさんの記事を
楽しみにしてもらうとして、
ドライバーでの低スピン性能で
ぶっ飛んでガチガチになって、
寄せのスピン性能で
バカバカしくなりました 

やわらかく、つぶれるボールで
低スピンというのは
珍しくはないのですけど
次元が違いました 
ハイスピンで悩んでいる
ゴルファーには
救世主になります。

大概は、ドライバーが
低スピンで飛ぶと、
ショートゲームまで
スピンがかかりにくい
ボールになるというオチが
お決まりになるのですけど、
クロームソフトXは
スピンが強烈でした 

約35年前の夏、
高校生ゴルファーだった
僕は聞きました。
「バックスピンは、どうやったら
かかるのでしょうか?」
超有名なアマチュアのSさんは
僕のウェッジとボールを確認し、
「バックスピンは
用具がかけるものだから、
この道具では無理だ」
と答えたのです 

バックスピンに憧れた 
可愛い時代もあったのです。

先日は、仲間が見守る中で
何度も信じられないほどの
バックスピンを披露しました。
現場でも話しましたが、
ボールの性能です。
このボールは魔法を
かけてくれるのです 

個人的には
過ぎたるは及ばざるがごとし、
と達観した目で 
それを観察していました。

ボールのインプレの旅は、
始まったばかりです 

ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕事だとしても、感謝してこそのゴルフ

2017年02月15日 10時27分14秒 | コース



P1の朝、 
ティーの少し先のシーンです。

木曜日に降った豪雪は
まだ日陰とか斜面に
残っていました 

先々週でしたか、
株分けの山桜が切られて
切り株になっていました 
竜巻被害の前は、
大きくて見事な山桜でした。
一部が折れて、
元気がなくなって、
徐々に弱っていたのかも
しれません 

残雪と切り株、
背景の斜面に朝日が
差し込むシーンを見て、
ゴルフができるのは、
縁の下で支えている
必死の努力があるのだと
改めて思いました 

総動員で除雪した形跡も
色々と発見しましたし、
春に向けての準備も
始まっています。
ゴルフができるのは
自然ではないのです 

こういう話をすると
仕事でしているのだから
感謝なんておかしい、
という人がいます 
貧しい発想だと同情します。
お金だけではなく、
気持ちやプライドが
成果を生むことを
知らないのでしょうか?

お金だけじゃないと思うから、
僕は強いて言葉にして
「お疲れ様です」
「ありがとうございます」
を伝えています 

春が目の前まで来ています。
ゴルフコースで見つける
春を楽しむ季節には
努力もたくさん見えるのです 


ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オレチョコではないとしても……

2017年02月14日 09時10分11秒 | 裏話



昔、10代の頃はチョコレートが
苦手でした 
どういう訳だか、40代になって
チョコ中毒になりました 
チョコ好きになりましたが、
やはり、ビターなチョコは
あまりすぎではなく、
単に甘くミルキーなチョコが
好みです。



若い頃もホワイトチョコだけは
好きだったのです 
妻からのバレンタインデーは、
今でもホワイトチョコ系です。
ありがたいです。
感謝しながらいただくように
しております 



チョコ好きの男性が
バレンタインデーの前に
自分のためのチョコを買うのを
『オレチョコ』というそうです 

時代だなぁ、と思ったりしながら、
明日以降、
量販店で、一気に安くなった
チョコを買う自分を
想像しました。
立派なオレチョコです 

ゴルフショップにいる頃、
バレンタインデーには
色々な企画を組んでいました。
当時は、店に客が来なければ
商売になりませんでした。
必死でしたが、
自分も楽しまなければ
意味がないと
信じていました 

ゴルフ業界は
危機感で溢れていますが、
その割には…… 

オレチョコでも、
本命チョコでも、
義理チョコでも、
楽しもうと思わないところに
幸せは来ないものです 

エンジョイしたいと
切に思う2/14です 

ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

P1はゴルファーの為の実験場だぁ!

2017年02月13日 10時24分09秒 | 裏話



P1、無事終了しました 
大会最少スコアで田中千秋さんが
優勝しました! 



やはり2月のP1は面白いです。
カチカチのコースを
目一杯楽しめます 

僕は3位以内に入賞する記録を
7に伸ばしましたが、
グリーンまでにかんしては、
過去大会で一番良かったのに、
肝心のグリーン上が、
全くカップに入らずに
過去最低でした 

いよいよパターだけでも
30台という優勝スコアが
見えてきました 
次の冬に期待しましょう。



集合写真を撮り忘れるという
相変わらずの失態を演じ、
こんな感じになりました 

表彰までに時間があったので
9ホールだけ
ピッチ&パット大会仕様で
スクランブルをやりました 

事前にコースに許可をもらって
普段打たないけど、
グリーンの傾斜とかを
考えると、この方向からが、
面白いとか、
難しいとか考えてティーを
設置しました 
(9H600ヤード以内。
1ホール90ヤード以内)



『どんな感じだろうか?』
と思っていましたけど、
これは抜群に
楽しかったし、
面白かったです 

同じ場所から寄せるのを
みんなで見ることができると、
参考になります。
こういう球を打つのかと
しっかりと確認できますし、
アドバイスをし合えたり、
そういう意味でも
面白かったです 
(前の組に
追い着いてしまうので、
2組で互いを見ながら
プレーして時間調整したのも
良かったのです)

また、ピッチ&パットは、
季節に関係ないので、
春頃にやっても
面白いかなぁ、と
思いました 

P1があるお陰で
色々なことに挑戦して
新たにたくさんのことを
ゴルフから学べます。
巡り合わせに、
感謝しております 

ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴルフ千物語・番外編 《 悪魔の選択 》

2017年02月10日 09時23分33秒 | 裏話



本日は、 
ゴルフ寓話をお一つ……

それは、ゴルフがある星の
片隅でのこと……

「見てろよ。
すごい切り札を出すから……」
悪魔のような笑顔で
偉い人が話した直後に、
問題は一気に巨大化しました。

女性を差別するコースで
世界中からゴルファーが集まる
イベントをするなんて
けしからんと、
たくさんの人たちが
ゴルフコースを攻撃しました。

ゴルフを盛り上げるために
やせ我慢で引き受けた
ゴルフコースのメンバーたちは
困惑しました。
そういうことが問題になるなら
そもそも依頼をされたことが
間違いだからです。

女性差別の問題は、
海の向こうの先進国でも
少し前に大騒ぎになりました。

標的になった複数のコースは
言い掛かりだと抵抗はせずに
受け入れましたが、
その結果、それぞれのコースで
どんな変化が起きたかは
知られていません。
全く何も変わらないいつもの
雰囲気のままなのです。

理由は、それを機に
仲間に加わった女性が
その権利を
無闇に振りかざさないからです。
権利が認められていても、
雰囲気を壊してまで
強引に主張しないことは
男女にかかわらず、
ゴルファーとして
当たり前のことで、
新しいメンバーとしても
模範となる振る舞いです。
それを何も変わっていないとか、
表向きだけの工作だと、
非難する無粋な輩は
いないのです。

偉い人には
そんなことは
どうでも良いことでした。

世界中からやってくる
ゴルファーや関係者を
もてなす心をおざなりにした
自分の足元だけを
みている主張で
反対運動をしていた団体は、
大喜びしました。
『これで俺たちの主張が
認められる!』

団体を言葉巧みに
裏側から先導していたのは
偉い人でした。
彼らが口車に乗せられて
騙されたと気が付くまで
そんなに時間は
かかりませんでした。

次の候補コースとして
浮上したコースも、
また反対運動をしなければ
ならない同じような伝統を
維持しているコースに
なってしまったからです。

偉い人は
自分か書いたシナリオ通りに
進んでいくことに
満足していました。
悪魔のような笑顔の奥には
本当に悪魔が
潜んでいたのです。

吊し上げられて
攻撃にさらされたコースでは、
「無理にやる意味はない。
何一つ得なことはないのだから
開催コース返上しよう」
という意見が大半でした。
しかし、返上はしない、
ということになっていきます。

「ここまで来たら
やめるのも地獄、
やるのも地獄。
同じ地獄なら……」
他のコースに地獄を
引き渡して済ませるのは
ゴルファーの決断として
正しいとはいえない、
という意見が出て
流れは変わります。

ゴルフを知らない人が
ほとんどだった頃に
そのコースは生まれて、
この国でゴルフを広めてきた、
という先人たちの心意気は
そのコースのメンバーに
引き継がれてきていました。

ゴルフの精神は
自己犠牲が土台になって
成立するものです。
ゴルファーのプライドとは
損得とは無縁の次元で
光り輝くから尊いのです。

自分たちの犠牲で
世界中から来る
ゴルファーたちを
もてなせるのであれば
それで良いじゃないか、
ということになりました。
耐えがたきを耐えて、
ゴルフのために、
と結束を強めることになりました。

偉い人は心底失望して、
ますますゴルフと
ゴルファーが嫌いになりました。
ゴタゴタを起こして
世界中から集まるゴルファーを
失望させて、
ゴルフそのものの価値を
失墜させる計画は
もう少しのところで
失敗に終わったのです。

それから、
たくさんの時間が流れて……

その国で昔、
世界中のゴルファーが集まった
大きなイベントがあり、、
自国の選手が大活躍したことで
ゴルファーが
急増したということは
語り継がれていましたが、
それがどこのコースだったかは
多くのゴルファーは
忘れてしまいました。

開催コースは、
昔と変わらずにゴルファーで
賑わっていますが、
そこには特別な記念碑もなく、
クラブハウスの一角に
記録が残っているだけで、
大きく変化はしていません。

反対団体が推していた
公共のコースは、
ある公共機関の移転地として
更地にされて、
そのエリアの人たちのための
新しい建物が建って
コースは影も形も残っていません。

「あのときに、開催コースに
なっていれば
絶対にコースは残ったのに」
後悔している人たちもいますが、
移転計画は、反対運動が
起きる前から決まっていたのです。
仮に開催されたとしても、
予定通りにことは進んで、
新しい建物の一角に
記念碑を残せば良い、
ということまで決まっていました。

それを決めた偉い人は、
悪魔のような笑顔で
「ゴルフが滅びるまでは、
永遠に戦うよ」
と言い続けていましたが、
弱いゴルファーには、
その言葉は
「自分本位でゴルフをしても
良いのだよ」
という囁きに聞こえるのです。

古今東西、悪魔にとって
ゴルフほど厄介なものは
なかったのです……
おしまい。

ゴルフ千物語で
書こうと思っていた
寓話です。
勢いで書きましたし、
モデルはありますが、
全てはお伽噺ですので、
ご容赦ください。

色々な考え方があり、
主張があって、
議論をするのは良いことで、
ゴルフを盛り上げたい、
ということであれば
どんどんやるべきです。

しかし、ゴルフとは
無関係なテーマを
取り上げて、
主義主張を通すために
目的や目標が
変わってしまうのは
本末転倒です。

悪魔に魂を売ってまで
貫こうとする深層は、
自分の意見を
通したいという
ゴルフの精神とは真逆の
自己中心的な
感情に過ぎません。

凄い切り札を……
という話は、
昨年の秋に聞いていました。
良識があるなら、
決して切られることがない
禁断のカードがあったという
裏話で終わると
思っていたのに、
本当に残念です。

ゴルフのために
何ができるのか……
大袈裟ではなく、
微力を集めて
力にしていきましょう。
美学があるゴルファーに
なりましょう 

ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

負けるな! P1!

2017年02月09日 10時31分02秒 | コース



関東では、茨城を中心に
雪が降っているそうです。
公共機関にあるライブカメラを
色々見て確認しては
一喜一憂しています 

P1選手権を開催する
いつもお世話になっている
コースに近いカメラは
町役場のものと
SLで有名な真岡駅、
ツインリンク茂木です 

けっこう降っています 
雨になって溶かしてくれ!
と祈りながら……
雪で中止になったらという
シミュレーションをして、
P1ではない部分で
困ったことになることに
気が付いて、
ドキドキしてしまいました 

ゴルフの神様は
相変わらず、
あの手この手で
ゴルファーとしての僕の
心の奥底まで、 
試そうとなさるのですねぇ。

この時期を振り返ると
5年間で2回も雪模様です。
真冬ゴルフの一番の修行は
『歯が立たないことがある』
と諦める心を
鍛えることのようです 

今日が木曜日で、
日曜日までは
まだ時間があることに
感謝しましょう 

ゴルフ千物語⑨ Powdery Snow
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 第64巻  〜ゴルファーの心を灯火で照らすために〜
篠原 嗣典
マイナビ出版
ゴルフプラネット 2001年度版 【全4巻セット】
篠原 嗣典
マイナビ出版
まつよい
篠原嗣典 第3回マイナビ電子書籍コンテスト入選作
マイナビ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加