ヒップホップ☆セバスチャン

カメラ・バイク・ランの黄金体験記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

六甲縦走西側

2017-04-29 | ラン
六甲縦走の東側は何度も走ってるけど、
今回は初の西側に挑戦。
須磨浦公園から新神戸までの約20キロ。

JRで須磨まで行って、
そこから須磨浦公園までアップを兼ねてジョグ。
15分もあれば到着します。

スタートから登り坂で、軽く小走り程度で様子見。
序盤から明石海峡の絶景が見れます。


快適トレイルとゆるいアップダウンの繰り返しで、
次は市街地へ。


市街地もポイントで案内図があるので、
見落とさない限りは迷うことはありません。

次は400段の階段!
さすがにキツイ!
でもまだまだ体力あるんで、休憩まではいらないかな。
ここを過ぎると、次は前半のハイライトの馬の背へ。
通称須磨アルプス。

写真で見ると絶景ですが、
いざ通ると足がすくむ場所も。
特に最後の5mほどは強風が吹かないことを願います。


そこからまた市街地を通り神戸電鉄の鵯越駅横を通り、菊水山へ。
標高は500mもありませんが、とにかく急なので走れない。
というか永遠と階段が続きます。
トレラン得意な人はココを走って登るのでしょうが、
初心者というか、ヘタレの自分は無理。
休憩をはさみながら半べそかいて頂上へ。
ただし登るとこんな景色が見れます。


この山々を制覇してきました。
あとは前半3分の1を残すのみ。
菊水山を一気に下りて、
鍋蓋山を一気に駆け上がります。
まさにM字のように登って降りてまた登る。
通称ドMコース…

鍋蓋山を登るとあとは下りオンリー。
大龍寺までハイペースで走れます。
そこから市ケ原までは舗装路で、
疲れた足には少しキツイかな。


ここからは布引貯水池を通って新神戸駅へ。
新神戸からは約5キロをジョグで自宅まで。
トータルで約28キロでした。
東よりも西の方がしんどいです。
走れるポイントも少ないし、
個人的には東側が好きかな。
今度はフル縦走にチャレンジしてみます。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 篠山ABCマラソン | トップ |   
最近の画像もっと見る