ゴールデンエース普及の歩み

【月刊 養豚界】昭和61年2月号~平成22年12月号掲載記事

「消毒とワクチネ-ションが疾病対策の二本柱」

2016-12-28 08:33:10 | 日記
豚のと畜頭数が六月、四%増で二年ぶりに前年比を上回り、七月は農水省予想の1%減より1ポイント上回ったことが、七月の食肉統計で発表されました。国産増の実態と裏腹に、商社が見込みで輸入した豚肉チルドの数量がほぼ四万㌧となり、豚価上昇が抑えられた形になりました。見込みと思惑のくい違いとなったわけです。例年のことながら残念です。明るい材料としては配合飼料が九月から、全国・全畜平均で㌧当たり約1400円、3%程度値下がりことです。「天高く豚肥ゆる秋」が期待できそうです。日本国内で豚の銘柄が110もあるとのことです。食べくらべるには多過ぎるのではないでしょうか。 野菜なども、有機栽培、無農薬栽培、低農薬栽培、自然栽培など、つかみ所のない表示で一つの銘柄扱いをしておりますが、内容は全く信頼できるものが少なく、その規準すらあいまいとのことのことです。本当の有機栽培をやっている農家では、直接消費者に販売する程度しか生産できないと話しています。 豚の場合も銘柄の品種を限定し、またその豚の飼料も特定なものを給与し、飼養管理のアニュアルで生産されたものが、枝肉格付けで格落ちが出てのが理解できません。本来なら全部上物価格が最低基準で、それ以上のものは更に上乗せの価格が順当と考えます。まだまだ、課題はたくさんあるようです。夏の行事として畜産環境対策などで各畜産農家を巡回し、その衛生状態をランクづけております。その他、乳質改善運動なども実施しますが、これらは年間通しての良識が結果を示すもので、ある時期にその認識高める方法としているならさみしい限りです。疾病対策においても、病気を追いかけるのではなく、でき得る限り予防第一とすることです。環境衛生の目安は畜舎周囲の石灰散布で、石の下などにミミズのいない状況とすること。また、飼養管理においては確実かつ計画的なワクチネ-ションで抗体価を上げてその効果を大きくする。これが二本の柱となり、他に事も無駄なく効果が出ます。 活性酵素食品ゴ-ルデンエ-スの効果も、以上のことを実施して利用されますと繁殖成績が上がり、年間一母豚二〇頭以上の肉豚出荷をもって育成率とする結果が出ます。 飼料要求率、増体量、出荷日令、上物率など細かいことを言ったらきりがありません。後は病気の心配もなく、悪臭もない、ハエもいない、汚水処理のスカムや汚泥もないと、平凡ですが安心した養豚農業経営が続けられます。 今まで、何年も、何十年も、ああでもない、こうでものないと続けてきた根のない浮草のような断片的な考えや知識、技術などで足元の見えない経営のやり方は棄てることです。 豚の数は、半年も経つとすぐ増えてきたり、減ってきたり、流通のプロである商社でも予測のつかない世界です。それにとって私達、養豚農業経営者は相場に一喜一憂するのです。 せっかく110の銘柄があるのです。年間の生産計画をビシッとし、組織的に数字をもてば、輸入チルド豚肉に惑わされなくてすむと思います。 本年は秋が短く、冬が早く来るとの予報です。今からこの冬を乗りきる体調を豚につくってやることです。活性酵素食品ゴ-ルデンエ-スで、豚の体質強化を試みて下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「理にかなったことの積み重... | トップ | 「自信を持った経営は豚のみ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。