ゴールデンエース普及の歩み

【月刊 養豚界】昭和61年2月号~平成22年12月号掲載記事

「活性酵素飼料で豚多産化」佐賀新聞

2017-06-20 08:57:11 | 日記
 武雄市若木町の養豚農家久保信幸さん(36才)は、活性酵素食品で豚の多産化に成功。一回の分娩で、県平均三頭多い13頭弱の平均出産数に加え、高い離乳頭数を実現、経営効率アップにつなげている。昨年は県経済連の平均分娩頭数9.9頭に対し、久保さんの豚舎では12.8頭と、平均3頭多い実績をあげている。また、離乳頭数も高く、第9回県経済連豚肉経営技術奨励会の繁殖部門の優秀賞になった。 親豚と子豚合わせて約七百頭の一貫経営に取り組む久保さんは、平成7年、母豚に有益な酵素類や酵母を含む活性酵素食品を導入。酵素は、体内の消化や栄養効率を高め、発情再帰を確実にする効果があるという。 以来、高い分娩頭数を誇り、久保さんは「酵素に加え、健康管理や畜舎の環境管理に配慮した結果」と多産豚の飼育のコツを話し、「厳しい経営環境の肉豚経営だが、母豚回転率を高め、出荷頭数を増やすことで経営安定につなげたい」と話している。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「繁殖率を上げ、高品質な豚... | トップ | 「ミネラル酵素豚はいかが」 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。