金融王に俺はなる!

経済関連のニュースについて色々語ります

DeNAまとめ 迷惑料1件1000円

2017-03-30 08:32:06 | 企業
DeNAが運営するまとめサイトには、WELQ、iemo、Find Travelなど色々あります。これらのまとめサイトでは、記述の内容や画像の無断転載などが横行しており、不正確な情報の拡散や、著作権が守られていないサイトの体制が大きな問題となりました。このトラブルを受けて、DeNAは被害者に迷惑料という名目の金銭の支払いを提案しました。しかし、画像の転載1点当たりの支払い金額が1000円程度と少なく、被害者から反発の声も上がっているようです。

被害者の20代女性は「驚きを通り越して呆れています」と話します。DeNA運営の「MERY」などにブログの画像7点が無断転載され、迷惑料7000円の支払いを提示されました。まとめサイトは一般利用者も記事を投稿できますが、女性の画像を無断転載したのはDeNAが雇ったライターでした。。
女性は、定めより安い提案も覚悟はしていましたが「まさか1000円とは、ちょっと意味が分かりません。これが許されたら結局、取材するより無断転載した方が安価に記事をつくれることになってしまう」と話します。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000001-withnews-sci


まとめサイトは、DeNAに限らず、どこも無法地帯です。掲載されている情報の真偽などは不確かなままですし、画像は転載に次ぐ転載で、大元のサイトは最早どこだかわからないような状態です。こうしたまとめサイトが、これまで問題にならなかった事が不思議なぐらいです。

しかも、DeNA系のまとめサイトは既に閉鎖されて現時点では確認出来ないため、盗用された事に気付いてない被害者も相当数いる事が予想されます。そんな数少ない被害者に、1件わずか1000円しか支払わないとは、DeNAの企業体質が窺い知れます。

インターネットの普及で、誰もが世界中に情報を発信出来るようになりました。その反面、著作権などの意識に乏しい利用者が多くなっているのも事実です。今後は益々ネット社会化が進んでいくでしょうし、個人がモラルを守る事の重要性を広めていく必要がありそうです。
ジャンル:
経済
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界長者番付2017 ビル・ゲイ... | トップ | PSNow レンタルサービス終了 »

あわせて読む