極東極楽 ごくとうごくらく

豊饒なセカンドライフを求め大還暦までの旅日記

プーチンのドクターX

2016年12月23日 | 時事書評

 

    

          道に従いて君に従わず  /  荀子 「臣道」



      ※ 君主も臣下も人間。人間であろからには、いろいろなのがいる。
        たがいにこれをどう見分け、どう扱っていくか。
               荀子は、冷静な分析力でこれを解明する。

          中では孝、外では弟、というのは人の小行である。 
               目上の者に従順で、目下の者に手厚い、というのは人の中行である。 
               道に従って君命に従わず、義に従って父命に従わない、
        これは人の大行である。

                                                        

                                                                     荀子
                               B.C. 313 ーB.C..238
 

 

   Putin's Way

【プーチチンの野望とそのリスク】

日露首脳会談前後でおびただしい書物・情報が出回る昨今、国際共同制作 NHK/Brook Lapping
イギリス 2011年)のBS世界ドキュメンタリ『プーチンの野望』シリーズ(第1回「新大統
領誕生」、第2回「脅かされる民主主義」、第3回「新たな冷戦の火種 グルジア」、最終回
「新しきロシアへ」)あるいは、『プーチンの道~その権力の秘密に迫る~』は平易にして、
密に編集され、ロシア現代史を理解するに格好の教材である。また、エリチィン政権と運命
共同
体だった新興財閥「オリガルヒ」と激しい権力闘争を繰り広げているプーチン政権。資源
大国ロ
シアの基盤である石油・天然ガスなど国家的利権を支配し、プーチン氏と同じ諜報機関
出身の側
近や友人が大統領の指示・庇護の下で、国内経済の中枢を支配する「国家資本主義」が
構築――
15
年までの10年にわたってモスクワ支局でプーチン政権を追ってきた日経記者による経済暗
部解明の書。プーチンと新興財閥の戦いで、ロシア経済はなにを失い、これからどのような影響
があるのかを事件の解明を通じて明らかにした、石川洋平箸『帝
国自滅』、あるいは、67年モ
スクワ生まれのユダヤ系ロシア人で、一家は81年に米国移住。ソ連崩壊後の91年、記者とし
て単身ロシアに戻り、米国とロシアの二重国籍を有するジャーナリストとして、モスクワでネッ
トニュースの編集をしながら『USニュース・アンド・ワールド』誌モスクワ特派員をつとめた、
ゲッセン マーシャ箸/松宮克昌訳の『そいつを黙らせろ―プーチンの極秘指令』(12年度の
「サミエル・ジョンソン賞」にノミネートされ、13年5月末、家族とともに米国に亡命)も教
材となる。
  

  89年10月7日、ブーチン37歳の誕生日に東ドイツ建国40年の式典が催されれる
 なか、ベルリンで大規模な抗議デ
モが始まった。1ヵ月後にベルリンの壁が崩壊したが、
 東ドイッでは翌年3
月に最初で最後の自由選挙がが実施されるまでデモが続いた。
  デモ隊が秘密警察の建物を占拠する前から、東ドイッ社会では厳しいシュタージ粛清が
 始まっていた。ブーチン
の隣人たちは仕事を失っただけでなく、法執行機関や政府、教職
 で働くことも
禁じられた。
  やがてプーチンはレニングラードに戻った。隣人からもらった20年物の洗濯機と、ソ
 連
製の最も高い乗用車を買える程度の米ドル、実践の経験がないスパイのキャリアか、4
 年間の外国生活
の証しだった。家族4人でブーチンの父親のアパートに身を寄せ、2部屋
 あるうちの狭い
ほうの部屋で暮らした。
  その隆のブーチンは、自分が愛した人生をを収り戻すべく邁進した――旧ソ連連の閉鎖
 的な世界、そしてKGBの世界
を。ドイツから帰国してわずか10年でロシアの主に上り
 詰めただけでなく、
民主改革を巻き戻し、旧ソ連を彷彿させる、完全に腐敗した非効率的
 な独裁
政権を築きhげたのだ。
  その政治的な才覚はKGB仕込込みだが、個人的なスタイルは、子供時代に身に付けた
 「ワル」の慨敏さと流儀に
さかのぽる。だか、かつては決断力と率直さがあり男らしく見
 えた振る舞い
も、今ではやぼったいだけだ。
  ワルだったという神話は、プーチンを権力の座に押し上げた以上に、最後は失脚へと導
 くのかもしれない。


             ゲッセン マーシャ/松宮克昌 箸/訳『そいつを黙らせろ』                                                        


        

    Wikipedia

ベルリンの壁崩壊の挫折を味わいながらも、ロシアマルクス主義と決別し権力の頂点たったメ
ルケルとプーチンとの違いをここで指摘するまでもない。それを象徴するかのような事件が、
19日、トルコの首都アンカラで、ロシアのアンドレイ・カルロフ駐トルコ大使が写真展の会
場で警官に射殺さるという事件が起きた。メルケルはシリア難民を受け入れ、プーチンは多数
のシリア国民を殺害したのだ。プーチンを保守反動とレッテルを貼るのは簡単である。オリガ
ルヒのグループ管理会社として「ロスプロム」を設立して、石油会社ユコスを傘下に収め03
年10月に、脱税などの罪で逮捕・起訴されたミハイル・ホドルコフスキーが前出ドキュメン
タリーのなかで、プーチン政権は10年後崩壊すると予言しているように、そのリスクを想定
し、日露両国民のリスクを最小に抑え、平和条約締結を実現する道(シナリオ)を準備してお
く必要がある。

【RE100倶楽部:世界の太陽光発電の潮流】

世界的な二酸化炭素排出削減の流れや異常気象などを背景に、各国で太陽光発電の導入が進む。
その勢力図は、毎年目まぐるしく変化している。太陽光発電ビジネス市場の現状や世界の潮流、
日本の状況。今後の課題などについて資源総合システムの一木修氏が「改正FIT法フォーラ
ム」(環境ビジネス社主催)が詳しく解説されている(同社「環境ビジネス」2017年冬季後)。
それによると、太陽光導入拡大の流れ拍車がかかりエネルギー市場の主流に踊りでたと語る。、

● 新興市場での太陽光の伸びに期待

世界的な太陽光発電市場の流れに触れ、これまでの太陽光発電は、いかに良いもの安く作るか
に傾注していたステージから、技術が確立し利用の多様化が進み、中国や台湾の台頭し、モジ
ュールの安定供給体制のもと、さらに利用形態が多様化するステージにシフトする。パネルを
売るだけのビジネスから、電気を売るサービスまで事業領域が広がっている。その上で、市場
環境と利用環境が、この10年で大きく変わり、メガソーラーの発展や、分散型システムの登
場、グローバル化、運用量の広がり、周辺技術の革新、利用分野の広がり、世界規模での地球
暖化、価格の低下により、太陽光がますます発展する流れが出来上がっているともに、中南
米、
中東、アフリカなどの新興市場での発展が大きく期待できる。かっては、日欧米のメーカ
が牽
引してきたが、現在は中国や台湾にシフト、さらには、インドなどの第三勢力も台頭しつ
つあ
る。

さらに、中国や台湾のメーカーは、ダンピングを逃れめにこれ以外の地域に生産拠点を新設し
欧米メーカーなどは、生産コストの安価なマレーシアやフィリピンなどの新たな生産拠点を持
ち始めていると製造拠点が各地に分散し始めている。ただ、中国メーカーの中にも、価格競争
だけでは得をしないと判断する企業が増え、低価格だけの路線から脱却する動きもあると付け
加えている。



● 太陽光の世界的な流れは止められない

パリ協定合意以降、世界太陽光発電連盟やインドを中心とした国際太陽光同盟の設立、世界機
関によるクリーンエ
ネルギー投資など、世界的に普及させる仕組みができつつあり、世界全体
の再生可能エ
ネルギーの導入状況では、15年は大規模水力発電を除いて、134ギガワット
が導入。これは世界で新設された
発電所の半分以上を占め、再生可能エネルギーにとってはこの
年は記念す
べき年となている。このように、世界の潮流は、電力供給として太陽光発電が選択
肢に入ってきている。
大陽光システムは信頼性が重視された形で、値段が穏やかに下がってお
り、さらに、ICTによりコントロールできるようになり、エネルギー供給構造が大変革を迎
える。まさに化石エネルギーから再生可能エネルギーヘの移行が進展する。トランプ大統領が
石炭産業を活性化するという話があるが、米国のエネルギー省長官は再生可能エネルギーは、
雇用を生み出し普及が進んでいる。これは止められるものではないと言っており、トランプ大
統領がどういう施策を取るは未知数ではあるが、世界の流れとし、再生可能エネルギーの主流
として伸長すると断言する。



さらに、太陽光は新たなエネルギー供給を担うと言われてきたが、それに加えて身近な日常生
活にもっともマッチングし、エネルギーとして、人類の生活環境や形成を担う産業になる。こ
れまでの流れに付加価値を付けた形に変わっていくステージにある。普及が進み、太陽光発電
の価格が下がれば、エネルギーとしての安定供給の見通しも立ち、経済成長手段の再生可能エ
ネルギーが活用できると述べた上で、日本は原子力発電を前提に考えていたところに東日本大
災が発生し、世界的な低炭素の流れもあり、国として再生可能エネルギー導入比率を原子力
上回る大幅な引き上げを行い、基幹電源化を目指していく状況となるとし、その上で11年
5メガワットだったのが、FITにより27.3 ギガワットまで拡大。直近では0ギガワッ
トとなり、大きなプロモータとなった。また、固定買い取り制度を始めるにあたり、再生可能
エネルギーの①利用促進、②国際競争力の強化、③産業振興、④地域の活性化、⑤仕組み経済
の健全な発展の5本柱の重要性に触れた中で、①の利用促進は進められているが、それ以外は、
これからしっかり対応する必要があると釘を刺し、今回の再生可能エネルギー法の改定への意
気込みを話している。  

  

 ● 今夜の一曲

ANN系TVドラマ『ドクターX』のシリーズが完結。テーマ極としてエンリオモリコーネの
『荒野の用心棒』のメドレーラインに似ていることは薄々感じていた――イーストウッド主演
の方は凄腕の一匹狼のガンマンで共通――が、改めて確認し合点する。テーマ楽曲の、邦楽グ
ループのスーパーフライの手によるものとか(出典:Wikipedia)。こちらも素晴らしい楽曲だと
感心する。



Titoli (A Fistful of Dollars)---Ennio Morricone



Superfly 『愛をからだに吹き込んで』


以上、今夜は旬子の「道に従いて君に従わず」と「プーチンのロシア」、そして「ドクターX」
をクロスオーバーさせ、「日露平和条約締結実現」をイメージ(仮構)してみた次第。

● 2017年新冷戦時代へ?:トランプとプーチン、核能力の増強に言及


  Dec. 22, 2016

 

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空圧電池で〆 | トップ | SWTでクラムスープ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。