Grace_under_Pressure

フィギュアスケート好きな夷隅の独り言です。
Grace_on_iceから改題しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ペア終了

2010年02月17日 | Weblog
色んな人の感想を見ていますが、やはりパン/トン組が良かったなぁ~と思います。

SPもシェン/チャオ組とそれほど大差がつくとは思いませんでしたし。

トリノの時も感じましたが、パン/トン組にはもっと点数を上げて欲しい。


川口/スミルノフ組は直前の4回転回避が影響してしまったか…。

気持ちが割り切れていない感じでしたね。

川口さんは挑戦したかったでしょう。

手堅くメダルを狙うのも戦略ではありますが、スポーツは結果が全て。

タラレバは言ってはいけませんね。


上位以外では、フランスのボヌール組が個人的には面白かったです。

ポジションが工夫されていて動きがダイナミックですね。


さぁ、いよいよ男子。

上手く録画できるか心配ですが、追いかけていきます。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

五輪開幕

2010年02月16日 | Weblog
しましたね。

やはり未だにトリノの呪縛からは解放されてはいないようで、いまいち乗り気ではなかったんですが…。

ペアを見て改めてフィギュアの面白さを再認識!

初めて見るペアも多く、楽しめました。

川口/スミルノフ組、本当に美しいペアになっていました。

シェン/チャオ組も芸術性が増してしなやかさも手に入れてきている。



まだゆっくり見られてないので詳しい感想はフリーを見た後になりそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに

2008年03月24日 | Weblog
生中継で試合を見て感動した。

ずっとフィギュアスケートは試合も情報もチェックしてたけど、好きな選手が不調だったり、ショッキングな事故があったり…。
なかなか自分で記事を書く気になりませんでした。

でもやっぱり生中継の緊張感と、最終グループのあの展開。

自分がフィギュアスケートが好きなんだってことを思い出させてくれました。

男子の表彰台に上がった選手は、自分が一番熱心にフィギュアスケートを見ていた時に応援していた人達ばかりなので本当に嬉しい。

バトル選手が転倒しない神演技を見られるなんて…。

ウィアー選手もやっと世界選手権でのメダル。

ジュベール選手の演技途中のガッツポーズも、男子選手らしくて良い。

高橋選手も、ミスがあっても評価は高くなっているので、これからもっと強くなりそうだなぁ~と感じました。

昨日は本当にに一日中フィギュアスケートの事考えて画像もネットで検索したりして。

今日のエキシビションは一部地域に入っちゃってて見られないので、BSで放送されるまでお預け。


バトル選手のエキシ楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とりあえず

2007年10月07日 | Weblog
日米対抗終わって・・・。

マスコミがやはり浅田真央選手・安藤選手一色なのが気になる。
高橋選手のこともナシ?

それと浅田選手が完璧・ノーミスな演技をしたと報道するのもルールが分かってないかな?と感じてしまいます。
確かにコンビネーション入らなくても素晴らしい演技でしたが。

全体の感想ですが、皆さんまだ調整段階なのか、これから滑り込んでいく、という内容だったので、ある意味GPシリーズが楽しみです。
ジュニア選手は演技が出来上がっているけど、やはりシーズン入って試合もこなしているのでお疲れでしょうか。

この時期に新しいプログラムが見られるのは嬉しいけれども、安藤選手や南里選手のように怪我が心配ですね。
これからの試合に影響がなければ良いのですが・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さすがと言うか

2007年07月18日 | Weblog
他局の関西系列のチャンネルでも阪巨戦を中継するのに敢えて野球中継を優先する関テレ。
凄いな。

他の方のブログを拝見させて頂いた感じでは、DOIの放送は結構良かったようですね。

世権から恐ろしいくらい大人しくなったアナは今回も演技中は静かだったようで何よりです。

が、一部の男子選手がダイジェストだったというのが非常に残念です。
BSの放送を楽しみにしておきましょう。

しかし、安藤選手と浅田真央選手が出ないとニュースの取り扱いが去年と全く違いますね。
ホント分かりやすい。
去年はフジ系列の番組のスポーツコーナーで必ず報道してたのになぁ…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あっという間にエキシビ

2007年03月25日 | Weblog
アイスダンス、ペアが私の居る地域で映らなかったせいもあり、早くもエキシビ、という感じ。

織田信成
お馴染みルースター。伸び伸びとしてましたね。最後のスピンも速い。

エヴァン・ライザチェク
アヴェ・マリアで雄大な滑り。情熱的なカルメンとはまたひと味違った魅力がでています。

ここで織田君の誕生日をお祝い。山口氏と内田アナがインタビュー。織田君はサバサバしてますね。

さらにペアのダイジェストの後、ジャン/ジャン組。
このプログラムは本当に綺麗ですね。特にリフトの時は圧巻です。

中野友加里
しっとりとした音楽に合わせて滑らかな滑り。ジャンプもしっかりと跳び、スピンも速い。イナバウアーも美しかったです。最後は長~いドーナツスピン。

ここでまたも男子ダイジェストの後トマシュ・ベルネル。
帽子を被って大人の雰囲気を演出。四回転にも挑戦。魅せる演技を目指した楽しいプログラム。カメラにもちょいちょいお茶目な顔を覗かせてくれます。最後はハチマキを締めてノリノリのステップ。日本の文字を逆さにしてしまってる所がまたお茶目。

中野選手のインタビュー。冷静に今大会の出来を分析。
で、浅田選手のフリーをノーカットで。民放はこれが好きだなぁ。

キミー・マイズナー
スパイラルをたっぷりと見せて、優雅な滑り。

渡辺/木戸組のラストダンス。会場もディスコの様なライトアップ。弾けるような笑顔。荒川さん曰く、木戸さんのキャラがでているとのこと。
CM前のアナウンスでメダリスト達登場!って言いましたか?アイスダンスの入賞者は?そして安藤選手のフリーがまたノーカットで。
浅田、安藤両選手が登場してTOKIO達のインタビューに答えます。
VTRがこれでもかと引っ張ります。気持ちが逆に冷めてしまうよ…。

アイスダンスダイジェストの後、ベルビン/アゴスト組。
今大会アイスダンスを見てないのでベルビンが髪の色を変えたことを知りませんでした…。リフトを次々と繰り出して、音楽が変ると激しいステップを披露。

ステファン・ランビエール
出ました、シマウマ。新しいプログラムも見たかったですが、時間が無かったのでしょう。ジャンプが決まってますね~。ファンにもしっかりサービス。黄色声援が飛びます。

サフチェンコ/ゾルコビー組
レベルの高い技をゆったりとした曲の中でしっかりと見せてきます。スロージャンプも高い。
あぁ、引っ張る引っ張る。女子ダイジェスト。このV見せるならさっきのフリーは見せない方が良かったような。

キム・ヨナ
彼女の魅力を活かしたプログラムですよね。スケーティングが本当に綺麗です。スピードもあります。しっとりと魅せてくれます。

デュブレイユ/ローゾン組
マリさんがこういう原色の衣装を着てるのは珍しいですね。
いつものおしゃれで大人な雰囲気とはまた違ったプログラム。難しいリフトを何でも無いにこなします。

高橋大輔
今日は一段と大人の魅力たっぷりに演じてますね。観客へ目線のサービス。
ステップ前の溜めが効いてますね。

パン/トン組
難しいリフトに高~いツイスト。さらにスロージャンプも高い高い。アイスダンスのようなアクロバティックなリフトも見せます。こういう曲も似合うようになりましたね。しっとりとして良い演技でした。

浅田真央
お馴染みのカルメン。初めから良い笑顔。楽しんで滑っているのが伝わります。

デンコワ/スタビスキー組
平井堅の曲を使ってくれてます!さすが日本のファンが多いだけあって、大サービス。
確かにアイスダンス向きの曲ですね。見事に曲の世界を演じてくれました!
ちょっとスタビスキーがバランスを崩したかな?
アンコールはフリーの終盤のステップから。やっぱり凄いです。

ブライアン・ジュベール
観客の声援が凄い。
こういうゆっくりとした曲の方が似合うのかなぁ、と思います。
スケーティングをたっぷりと見せつつ、ジャンプもしっかり。
彼も観客にサービス。アンコールでは腕まくりして登場。グランプリファイナルで見せたエキシビですね。所々でファンに目線を送ります。

シェン/チャオ組
リフトされながら女性が難しいポーズ。ゆっくりとした音楽に合わせてダイナミックな動きをします。スロージャンプもツイストも高かった!
アンコールでもブンブン振り回して高~いスロージャンプ。技術の高さを見せつけてくれました。

安藤美姫
絢香の生歌つき。豪華です。
衣装がシックになってます。歌に合わせて演技も少し変えてきてますね。心から滑っているのだなぁと感じました。ステップではフリー以上の気合いか伝わってきました。
アンコールも絢香の曲で。安藤選手が絢香に近付いて何やらおしゃべり。ちょっと照れてました。
終わった後は絢香と抱擁。

フィナーレでは四回転にもチャレンジしてました。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

悪い予感があたりました

2007年03月25日 | Weblog
スザンナ・ポイキオ
中盤のルッツの失敗は惜しかったですが、終始安定した滑りで大人の雰囲気を演出。百点台に乗せてきました。

サラ・マイヤー
最初は硬かったが、徐々に音楽に合わせてノッてきました。ジャンプに流れがあり、表情も柔らかかったです。最後のジャンプ転倒は勿体ない…!しかし滑らかな良い演技でした。

中野友加里
冒頭のトリプルアクセルは失敗しましたが、よくチャレンジしました!その後はスムーズにジャンプを決めてきます。スピンでは珍しいミス。軸がぶれていました。

カロリーナ・コストナー
悪い予感が当たった一人。最初のジャンプから不安たっぷりな入り。滑りも綺麗ですし、スピードもあるのに、やはりジャンプミスが目立ちました。
ショートが良かっただけに、余計に残念。
しかし復活してくれて嬉しいです。

キム・ヨナ
前半まで幅のあるきれい~なジャンプ。スケーティングも滑らか。今までの選手と美しさが違います。
しかし悪い予感がまた当たってしまいました。
後半のジャンプ二つ転倒は痛かった…。やはり練習不足が影響していたのでしょう。
腰を痛めているのに素晴らしいスピンを見せてくれました。

エミリー・ヒューズ
相変わらずの力強い演技。彼女もコンビネーションジャンプを転倒。しかしその後持堪えてジャンプを決めて、スパイラルも綺麗です。笑顔でフィニッシュ。
が、思ったよりは点は出ませんでしたね。

浅田真央
最初のトリプルアクセルはツーフット気味でしたが、降りてきた時に、今日はいける!と思いました。スピンのポジションも綺麗でしたね。ジャンプをポンポン跳んで膝も柔らかい滑り。三連続ジャンプではガッツポーズ。終わると同時に全日本以上に涙が出ていました。会場の声援は尋常ではなかったと思います。カメラの台数も半端ではなかったし、昨日のショートの失敗もあり、今日のフリーにかける思いはとてもつもなく強かったでしょう。逆転できるか、とばかり聞かれて、相当なプレッシャーがかけられていたのに、大技を決めてくる。精神面が強いですね!これは来シーズンさらに強くなりそうで恐ろしい…。

キミー・マイズナー
ジャンプが不安定。なんとか回り切った、という感じでした。やや回転不足な所が多いか。
最後まで気合いの入った演技でした。

安藤美姫
四回転は挑まず、プログラム全てに集中した滑り。
右腕があまり挙がらない中で頑張って腕を振っていました。スパイラルでグラつきましたが、大きなミスなく滑りきりました。ジャンプの着氷が危うくても、なんとしても降りる!という気迫が感じられました。

ショート、フリーとパーソナルベストを出した安藤選手が見事優勝!浅田選手はフリーで一位と宣言通り大躍進して二位。
三位のキム選手はショートの貯金もありましたが、スケーティングは一番綺麗で、四位以下とのレベルの違いを見せつけました。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

女子も面白!

2007年03月23日 | Weblog
カロリーナ・コストナー
お久し振りです。コンビネーションを含め、ジャンプは完璧。高さがありますね。伸びやかな演技でカノンに合わせてしっとりと魅せてくれました。初めて彼女の完璧なショートを見た気がします。パーソナルベストでした。

キミー・マイズナー
練習ではジャンプがあまり決まっていなかったようですが、やはり本番に強い。3‐3も決めて彼女もノーミスでパーソナルベストを出してきました。

キム・ヨナ
コンビネーションは余裕がありました。幅がある良いジャンプです。表情にも気合いが入ってますね。腰の不安を感じさせないスピン。音楽に合った素晴らしい演技でした。
技術要素は40点台です!またもパーソナルベスト。

あ!!ゲデバニシビリが終わってる…。ショック。

ユリア・セベスチャン
髪の色が変ったかな…?ベテランらしく優雅な演技。アップテンポになるのに合わせてキレのある動きを見せて最後はガッツポーズ。彼女も大きなミスなくショートを終えたのは久々な気がします。
3‐3を決めた選手に比べると点は押さえられましたが、本人は納得の出来。

キム・ヨナのインタビューがぶった切りにされてますよ!

中野友加里
コンビネーションはちょっとバランスを崩したか。スパイラルは表情も動きも綺麗。スピンも速い。ドーナツスピンはもちろん上からの映像。最後は手を軽く叩いて手応えを感じている様子。60点台に乗せてパーソナルベストを更新。

浅田舞選手もゲストで登場。最終グループを前に、浅田真央、安藤両選手の6分間練習を見せて引っ張ってますね~。

サラ・マイヤー
コンビネーションは決めたがフリップが両足着氷。ステップは緩急つけて良い動きです。ダブルアクセルも両足着氷かな?ジャンプのミスがあったものの、技術点は30点に乗せ、まずまずの順位です。

安藤美姫
3‐3を含め、ジャンプを余裕で決めてきました。スパイラルからステップまで音楽に合わせて良い表情。腕の動きを押さえてますが、私はこちらの方が綺麗だと思います。最後は笑顔でフィニッシュ。キスクラで立ち上がって声援に応えます。技術点は30点台後半。パーソナルベストが続きます。

浅田真央
凄い声援。ポエムアナのコメントの意図がいまいち分かりません。思いだす若き日々って見てる人が、ってことかな?コンビネーションの二回目がシングルループに。珍しいですね。しかし後の演技は丁寧で柔らかなスケーティングを見せます。ゲストコメンテーターが早くも諦めムード。コラコラ。それでも技術点は30点に乗せてきます。
後のインタビューではかなり悔しそう。逆転はありますか?なんて天然過ぎる質問。恐ろしい。

エミリー・ヒューズ
リボンが可愛い。フリップ、アクセルと危なかったがなんとか堪えた。さすが。パワフルな演技でした。どうよ!という顔でフィニッシュ。技術点はそこそこ出ましたが、構成点は6点台。それでもパーソナルベスト。

アリッサ・シズニー
コンビネーションは転倒。アクセルも完全に抜けてしまいました。スパイラルで魅せて気持ちを切り替えます。最後のジャンプをコンビネーションにしてきました。真直ぐに伸びた足で綺麗なY字スピン。ビールマンスピンも速くて形が綺麗です。技術点はやはり伸びません。う~んいつものことながら勿体ない。

エレナ・ソコロワ
なんじゃ、その紹介VTR!バカにしてるように感じてしまった。ポエムと合わせてダブルパンチ。コンビネーションはなんとか跳びましたが、着氷は危うい。スパイラルではいつもの笑顔。良いですね。帰ってきました!去年のトリノ、今シーズン前半の不調を考えると素晴らしい出来。最後もキュートな表情。
しかし点は伸びませんでした。

明日の最終グループは本当にハイレベルな争い。
最後まで全く予想がつきません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白熱の男子フリー

2007年03月23日 | Weblog
織田信成
最初の三連続ジャンプを含め、ジャンプをポンポン跳んでいて、緩急のついた非常に良い出来だったのですが、またもザヤックに引っ掛かってしまいました…。勿体なかったです。本人も反省。来シーズンでもこのプログラムを滑ってくれることを期待します!

アルバン・プレオベール
エンターテイナー振りに磨きがかかってきました。観客を楽しませてくれましたが、ジャンプミスが響いて点は伸びません。

トマシュ・ベルネル
四回転を軽々と二回決めてきました!最後のフリップ以外は全てクリーンに跳んで高得点。
何かが降臨してましたね。素晴らしかったです。最終グループにかなりプレッシャーをかけたのではないかと思います。

エヴァン・ライザチェック
四回転に挑みましたがオーバーターン。
ジャンプに細かいミスが目立ちました。いつもの気迫あふれるフリーではなくて少し残念。

ジョニー・ウィアー
滑らかなスケーティングをたっぷりと魅せてくれます。やはり後半はジャンプが思うように決まらない。しかし今まで見た中で一番の出来でした。プログラムの中身は非常に良いので、後はジャンプが決まれば…。点が出ませんでした。ジャンプが少ないのかな?
キスクラでは昨日に引き続き日本語でご挨拶。こちらこそ良い演技をありがとうございました


ステファン・ランビエール
太田選手も使っていた曲ですね。大好きです。非常にドラマティック。一つ一つの動きが綺麗です。ジャンプミスがあり、まだ完成度は高くないのでしょうが、一つの作品として見応えがありました。
来期もこのプログラムで滑ってくれるのを楽しみにしてます!

ブライアン・ジュベール
冒頭の四回転は成功!
コンビネーションは3回転にしてきました。全てのジャンプをミスなく滑り、最後はフィニッシュの前にガッツポーズ。
勝つための滑り、という印象でしたが、やるべきことをしっかりやってくることが凄い。
逞しくなりましたね~。

高橋大輔
最初の四回転は手を着きましたが、落ち着いていました。
ジャンプが全て高いですね。後半のスピンではちょっと疲れがみえましたが、最後のステップまで気迫がこもっていました。涙でフィニッシュ。この会場の雰囲気の中で自分の演技が出来るなんて…!
完全にプレッシャーに打ち勝ちました!

ジェフリー・バトル
四回転に挑んだものの、転倒。スピンもちょっと危うい。
後半で少し持ち直したか。最後はドラマティックなフィニッシュでしたが、ガッカリな顔。二回の転倒は痛かった…。
キスクラでは愛嬌たっぷりの表情。

結果、高橋選手が日本人男子の記録を塗替える2位。ジュベールも今シーズンの好調さを維持して優勝。
出現さえ危ぶまれたランビエール選手が意地を見せて表彰台に上がりました。

今回は皆良かったので、それぞれにメダルをあげて欲しいです。
男子はこうでなくては!と思える良い試合でしたね。
後はカメラワークはどうにかして欲しいですね。途中で選手がぶつ切りにされて見えなくなる所がちらほら。
あまり上から撮られるのもなぁ…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男子SP

2007年03月22日 | Weblog
引き続き地上波放送の感想を。

ライアン・ブラッドリー
日本のCM出演が効いているのかな。冒頭のトリプルアクセルは転倒。ユニークな振付ですね。表情も豊か。衣装も個性的。観客を楽しませる演技です。

セルゲイ・ダビドフ
トリプルアクセルは高さがありました。ベテランらしい滑らかなスケーティング。ジャンプも全て流れがありました。繋ぎの振付もしっとりと踊って良いですね。流れが途切れませんでした。凄く良かったです!!あっという間に終わってしまいました。

織田信成
緊張してるなぁ~。と思ったらトリプルアクセルが抜けてしまいました。その後のコンビネーションは良かったですが、いつもの伸びやかな感じが出てないですね。フリップも危ない。雰囲気にのまれてしまったか。点数も伸びません。勿体ない…。

トマシュ・ベルネル
コンビネーションを決めたが、アクセルを失敗。ルッツで持ち直しました。ステップも音楽に合わせて動きもダイナミック。うまくまとめてきました。

ジェフリー・バトル
こういう男らしい衣装珍しいですね。コンビネーションを綺麗に決めて苦手なアクセルも跳んできました!ルッツも堪えて後は得意なステップとスピンで魅せてくれます。ステップが続きますが、流れが止まりません。PB更新の素晴らしい演技でした!

エヴァン・ライザチェク
四回転に挑みましたが失敗。後のジャンプは余裕がありました。ステップの動きはキレてますね。足の長さを活かした振付。情熱的な演技でした。

ステファン・ランビエール
この衣装似合うなぁ。トリプルアクセルは派手に転倒。コンビネーションも3‐2にしてきました。しかしフラメンコがテーマの振付を情感豊かに滑ります。やはり繋ぎのステップや踊りはダントツにうまいと思います。ジャンプのミスが悔やまれますね。

ブライアン・ジュベール
きました!四回転!跳んできますね~。トリプルアクセルも綺麗。あぁ、ネコパンチ。フリップは手をついたか。しかし観客はもう一体となってます。最後のピストルも気合い入ってます。
80点台に乗せて突き抜けました。

ジョニー・ウィアー
ジャンプは決めているが、動きがあまり良くないような。フリップはステップアウト。会場から悲鳴が。荒川さん、本田くんが言っていたように、彼らしい演技では無かったと思います。美しさがあまりでてないというか。キスクラでは日本語で挨拶。律義ですね。点はそこそこ出ました。

高橋大輔
コンビネーションは二つとも危うかったがトリプルアクセルは高さがあり、綺麗でした。ステップではさすがに気迫がこもっていました。スピンも速い。全日本の時ほど調子は良くないように思いますが、表情も良いですし、余裕があります。

アルバン・プレオベール
映してくれてありがとうございます。アクセル跳ぶ前のスピードが速い速い。コミカルな演技も健在。ルッツは両足着氷かな…?つまづきかけました。全体的にはうまくまとめてきました。

エマニエル・サンデュ頼みます!コンビネーションは安全策で3‐3に。と、やっぱりアクセル転倒…。マンボのリズムに合わせて相変わらず個性的なプログラム。間の取り方がうまいですね。ファンは喜んでます。魅せてくれましたが、ジャンプミスが響きました。

男子は見応えありますね~。
なかなか波乱の予感。フリーが終わるまで分かりません。

今回はTOKIO山口氏がゲストでしたが、なかなか的確なコメントで、国分氏より向いてるかも?と思ったり。
西岡アナは落ち着いていて良いですね。所どころ驚き過ぎ!な部分がありますが、聞き易いです。

あぁ、明日が怖いわ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加