徳丸無明のブログ

雑文、マンガ、イラスト、その他

マンガ・短編・『純情の果てに』

2017-03-03 21:11:02 | マンガ
























































『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« R-1ぐらんぷり2017 寸評 | トップ | 「LOGOS」で紹介されました »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hasunohana1966)
2017-03-16 03:47:25
漫画嫌いな私が最後まで読んだ漫画、非常に感銘しました。
hasunohana1966さん江 (徳丸無明)
2017-03-16 22:09:18
漫画、お嫌いなんですね。
そういう方にも評価いただけるのはありがたいことです。
四コマのほうの感想も恐る恐る訊いてみたい気もしますが。
あと、hasunohana1966さん、どこかで見覚えが、と思ったら、ブログサークル「心理学・心理カウンセラー」のメンバーの方ですね。僕もメンバーです。
今後もよろしくお願いします。
通じていますね (hasunohana1966)
2017-03-16 23:47:15
漫画家の素質がDNAに組み込まれていると思います。

本気と書いてマジと読む
理由と書いて訳と読む

これはこれは
センスの輝る輝きでしたね。
あの流れでそのセンスは
感服しました。
他の4コマも読んでみますね。
ブログサークルでも繋がっていたのですね。

hasunohana1966さん江 (徳丸無明)
2017-03-17 21:46:38
漫画家のDNAですか。
そうかもしれませんね。
世の中には、漫画が好きで好きでたまらなくて、いくらでも漫画を描いていられる、という人がいますけど、僕はそんなことはなくて、描かなきゃしょうがないから描いてるというか、已むに已まれず描いている、という感じなのです。
けっこう「めんどくさいな」と思っているのですよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL