徳丸無明のブログ

雑文、マンガ、イラスト、その他

RIZIN 2017 in YOKOHAMA - SAKURA - 観戦記

2017-04-17 21:24:49 | 雑文
ジョシカクの隆盛著しきを知った今大会。
今まで一切触れてこなかったんですけど、ジョシカクって苦手なんですよね。野郎の試合と比較すると、どうしても迫力に欠けるし、痛々しくて見てられない、っていうのもある。別にフェミニストを気取るつもりはないけど、気軽に「ぶっ殺したれー」なんて喚声送ることもできないしね。
女子の試合は全部放送されたのに対して、心待ちにしていた野郎の試合はほぼダイジェスト。血塗れになったり、骨が折れたりなどの凄惨な結果になりがちな野郎の試合よりも、よりソフトなジョシカクのほうが地上波向きっていう事情もあるんでしょうけどね。
今回の観戦はすこぶる消化不良です。


ダロン・クルックシャンクVS矢地祐介・・・矢地も一回ちゃんと観ときたかったんだけどな。2試合連続の豪快なKOからして次のスターになる確率大なのに、ダイジェストだなんてねえ。

那須川天心VSフランチェスコ・ギリオッティ・・・榊原委員長が「ゴング格闘技」のインタビューで、「那須川は10年たってもまだ28歳。これから経験を積んで28歳になった時、どれだけの選手に育っているか楽しみ」って話してたけど、今のうちからこれだけのペースで試合を重ねていたら、10年後には体がボロボロになっちゃうんじゃないかってちょっと心配。
あと、せっかくの逸材に簡単に黒星つけるわけにいかない、っていう配慮はわかるんだけど、やっぱりバリバリのグラップラーとの試合が観てみたい。年末あたりにどうですか?

才賀紀左衛門VS伊藤盛一郎・・・やっぱZSTみたいな所から這い上がってきた選手は応援したくなる。今後は伊藤にも注目。

堀口恭司VS元谷友貴・・・熱烈な格闘技ファンからしたら、この試合こそが今後の格闘技界の帰趨を占う最注目の一戦になるんでしょうね。でも正直言って、僕、二人ともよく知らないんですよね。つくづく格闘技から縁遠くなっちゃったなあ、って感じます。
堀口は打撃の技術のみならずスタミナ切れを起こさないタフさが、元谷は打撃たくさんもらっても倒れない打たれ強さが光ってました。負けた元谷もRIZIN出続けていいんじゃないんでしょうか。

川尻達也VSアンソニー・バーチャック・・・川尻までダイジェスト扱いだなんて・・・あんまりだ。泣きたくなった。

石井慧VSヒース・ヒーリング・・・アミール戦の時は急なオファーだったから、調整が万端じゃなかったのはわかる。でも今回は充分な時間があったはずだ。なのにそのだらしない体はなんなんだ?あと髪型!試合ごとに異なる奇抜なヘアースタイルでファンを楽しませるのがポリシーではなかったのか?手抜きすんなよ。
今は無き「紙のプロレス」でミルコ特集があった時、誰かが「総合に転向したミルコは実力者を次々と倒して輝きを増していき、逆にミルコに敗れた者は輝きを失った」と書いていた。確かに他の選手に関してはその通りだけど、ヒーリングだけは違うと思う。ヒーリングが輝きを失った原因、それは中尾さんにあると思う。そう、2005年の大晦日、「Dynamite」のリング上で中尾芳広にキスされたヒーリング。あの時にヒーリングは呪いをかけられてしまったのだ。この呪いを解く方法はただ一つ。ヒーリングの方から気持ちを込めて中尾さんにキスをするしかない!そうすれば中尾さんのリングネームから“KISS”の文字が消え、ヒーリングはかつての輝きを取り戻すだろう。・・・いや、結構本気で言ってますよ、僕。


言及はしてこなかったですけど、一応ジョシカク、観てはいましたし、KINGレイナはギャビ・ガルシアの対抗株として面白いですね。今後はジョシカクもレポートしていくかもしれません。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンガ・四コマ・『エロ本と... | トップ | マンガ・四コマ・『ランプの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL