GOKIGENRADIO

街にNEWSがあふれてる。グラス片手にゴキゲンな音楽。楽勝気分でhappyにいこう

ボブ・ディランがノーベル文学賞

2016-10-14 04:09:37 | MUSIC/TV/MOVIE
今年のノーベル文学賞にボブ・ディランが選ばれた。
村上春樹ファンには申し訳ないが、ボブディランの受賞は嬉しい。

世代が違うので直接ディランの音楽に影響を受けたわけではない。
ボブ・ディランに影響を受けたアーティストの曲を聴いて、遡ってディラン好きになった。
吉田拓郎や井上陽水、忌野清志郎、桑田佳祐などの影響からボブディランを聴いた。これはビートルズやストーンズも同様だな。彼らが影響を受けたとかインタビューで答えてたり、ライブやCDでカバーしてたりするか、じゃぁディランの原曲も聴いてみようって。聴いたらハマってしまったパターン。
Guns & Rosesの天国への扉(Knockin' On Heaven's Door)。
RC SUCCESSIONのCOVERSに収録されてる風に吹かれて(Blowin' In The Wind)、ライブで金子マリとデュエットで歌ったI Shall Be Released。
ディランのデビュ−30周年ライブでトリを飾ったジョニー・ウィンターのLike A Rolling Stone。
桑田佳祐はKUWATA BANDでの最初のライブCDで、Like A Rolling Stone、風に吹かれて、天国への扉の三曲も演ってる。

吉田拓郎や井上陽水は事あるごとにディランを比較されてた。
ディランがアコースティックギターからエレキに持ち替えたり、曲調がロックになった時にファンは「フォークの裏切り者」と言われたらしいが、拓郎も陽水もエレキに持ち替えた時に同じようなこと言われてた。
俺が吉田拓郎とか井上陽水を聴き始めた頃がちょうどこの頃だ。
吉田拓郎のヒット曲、旅の宿とか、夏休みとか結婚しようよなどはあんまり好きじゃなかった。(今は好きだが)
シャングリラってアルバムに収録されてるいつか夜の雨がという曲を聴いて好きになったの。中島みゆき作詞作曲の永遠の嘘をついてくれとかね。
井上陽水もそう。人生が二度あればとか傘がないって、おもいっきり暗いしさ。東へ西へなんて花見の駅で待ってた彼女が嬉しさ余って気がふれるという超ラリってるような歌詞だ。大麻で捕まった後に出したWHITEってアルバムに収録されてる青い闇の警告。これが逮捕から収監されてる時に作ったのかって歌詞と、まだラリってるのかってメロディーなんだが格好良い。このアルバムからどんどんエレキ色(ロックテイスト)が強くなる。

それまでのフォークソングって、岡林信康や高石ともやみたいなプロテスタントフォーク。もしくはカントリーフォークみたいなのばっかりでさ。そのあとが四畳半フォーク。かぐや姫とかね。なんか貧乏たらしいの。ちなみにかぐや姫のデビュープロデューサーは吉田拓郎で、彼はスーパーバンドでロックテイストの神田川とか演ってたりするが。(スーパーバンドはキーボード小田和正、ギター伊勢正三、ドラム大友康平/浜田省吾、コーラス山本潤子とかのそれぞれソロでホールを満員にできるメンバーで構成されてる)。
キャンプファイアーの周りでフォークギターで弾くって柄じゃないし、四畳半のアパート下宿もしてないし、甘ったるい歌詞や貧乏くせぇ歌詞がどうも違和感感じてね。それならプロテスタントなロック。パンクロックにどんどん傾倒して行った頃。中学の3年くらいにエレキギターに持ち替えた。

だから知ってるボブディランはもうロックテイストのディランだった。
それでも過去の名作はラジオから流れてた。
The ByrdsのMr. Tambourine Manがディランの曲とは知らずに聞いていたな。

今回のノーベル文学賞の選考理由は、「偉大な米国の歌の伝統に、新たな詩的表現を創造した」とのことだが、いまいち意味が不明。
それならエルビス・プレスリーでもいいし、ジャニス・ジョップリンでもいいじゃない。どちらももう故人だからか?
ディランの初期の歌は反戦・メッセージ性の強い曲で、いわゆるプロテスタントフォーク。そこが彼の魅力だという人も多いが、それは初期だけだ。彼自身はそういった活動は一切していないし、そういった団体のカリスマにされるのも拒否していた。忌野清志郎も彼の影響なのか同様のスタンスだったな。

ディランはグラミー賞やアカデミー賞はもちろん、2008年にピュリツァー賞特別賞を受賞。2012年には米国文民最高位の勲章「大統領自由勲章」を受章してる。
まぁノーベル賞受賞に文句はない人だし、嬉しいことなんだが、文学賞ってところが不思議。平和賞ならわかるんだけどさ。
歌詞も今後はノーベル文学賞の対象になるのか。
それなら松任谷由実や中島みゆきなんかも今後はノーベル文学賞の可能性があるってことか。秋元康も虎視眈々と狙ってるかもしれない。阿久悠に先にあげないといけないかもしれないね。ジョン・レノンの方が有力か。
まぁ俺には無縁のことだが。

『音楽』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぐつぐつお鍋 シンプルな鍋が... | TOP | デスノート Light up the NEW... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL