GOKIGENRADIO

ロックとシガレット グラス片手に好き勝手に書いてます 

ラーメン屋さんの店員は会話が通じないのは何故?

2017-07-14 22:11:33 | FOOD&DRINK
話が通じない人が増えた。
SNSとかメールのせいか?
短文でやり取りするのに慣れてるからか、その言葉の真意が読み取れない人が増えた気がする。
それが特に顕著なのがここ最近のラーメン屋。二連発でげんなりしてしまった。

ラーメン屋Aでの出来事。
煮干しの出汁が売りの店みたいで、表には思いっきり無化調ってアピールしてる店だ。
入り口には「この店はタバコをお楽しみいただけます」と貼ってある。
嬉しいねぇ。わざわざこんなものを貼らないといけないくらい、最近どこもかしこも禁煙の店ばかりだからな。
入ってみる。

お、券売機の店じゃない。
あれは嫌なのよね。初めて入った店で何が美味しいのかわからないまま、券売機でメニューを決めろってのは。
ちょっと期待できそうだ。

ラーメンは二種類。ひとつはしょうゆ味でひとつは塩味。どちらも煮干しのダシが決め手らしい。
カウンター越しに店員(店長?)に聞く。
「どちらがオススメですか?」
店員(店長?)が答える。
『醤油ラーメンを頼む人が多いですねぇ』

あれ?おかしくない?俺が聞いたのはこの店のおすすめはどちら?であって、どっちが売れてますか?ではないのだけど。
どうも質問の真意がわからないみたいだ。もう一度聞く
「どちらがオススメなんですか?」
もう一度答えられる
『それはお客様の好みですからねぇ』
店のおすすめ云々より、味の捉え方はお客様の味覚次第だよってか?どうも会話がかみ合わない。

埒があかないので諦めて醤油ラーメンを頼む。
出てきたラーメンは・・・。

いろいろこだわりが書いてる張り紙がしてあるので期待はしてなかったが(わざわざ書いてる店ってなんか胡散臭いのよね)やっぱり美味しくないや。

ラーメン屋Bでの出来事。
いつ前を通ってもシャッターが半開きで、いつ空いてるのかよくわからない店。店の前に看板も無いし、シャッターにも営業時間とか書いていない。
ようやく今回開いてたので入った。
食券売機は無い。期待できそうだ。
壁のメニューを見てみるとラーメンはスープ三種類あるみたいだ。

「どれがオススメですか?」
店員が答える。
『Aはコッテリ、Bはアッサリ、Cは出汁が違います』
俺が聞いたのはどれがオススメか?であって、ラーメンの種類の説明を聞いてるのでは無いのだが・・・。
もう一度聞く
「どれがこの店のオススメなのですか?」
店員は答える。自信満々に。
『Aは濃厚コッテリ、Bはアッサリなんですけど?』

なんでラーメン屋って会話が通じないんだろう。なぜおすすめはこれだ!って断言できないんだ?っていうより会話が噛み合ってないことに気づいてないのが怖い。
不毛な会話を続けても仕方ないのでコッテリを頼む。
カウンターに置かれたメニューをじっくり見てみると、ありゃ?麺も基本は細麺だが中太麺(数量限定)で選べるらしい。それならコッテリにはスープが絡みつく中太麺の方が良かったのでは無いかい?まぁ今更遅いなぁ。

ラーメンが出てくるまでにまた店員に尋ねてみる。
「この店っていつ前を通ってもしまってるから気になってたんだけど、何時から?」
店員は答える
『11:00からです』
あれ?それなら2時とか3時に通った時にはなぜ閉まってたんだ?あぁそうか、ランチタイムやって次は夜営業の準備のため閉めてるのだな。
質問をちょっと変え聞いてみる。
「昼下がりに前を通っても閉まってたんだけど、昼の営業は何時までなの?」
店員は答える
『夜12時までです』
おいおい、それなら夕方とかに店が閉まってることの答えになってないやん。
もう一度質問を変えて再度聞く。
「夜の営業は何時からなの?」
店員は答える。
『年中無休です』
だめだこりゃ。

出てきたラーメンはなんやかんやこだわりが立て札に書いてある割には、やっぱり大したことなかった。

コッテリとか言っても天下一品のように500円玉が浮くくらい濃厚なわけでなく、スープの味も普通。かといって麺が喉越しがいいとかモッチリしてるとかでも無い。良くも悪くもなんの特徴も無い味だ。
もひとつおまけに言えば、店員同士の私語がうるさい。

そして極め付けはレジでのこと。
『700円のお預かりになります』
文法間違っていないか?
『700円です』でいいやん。
それで俺が1000円札出したになら『1000円お預かりします』ならわかるよ、それがなぜいきなり『700円のお預かりになります』なんだ?

飲食店できになる言葉のひとつにこの「なりまーす」がある。
『こちら何々でございます』では無く、『こちら何々になりまーす』。
いつもこの言葉を聞くたびに、「ははぁ、今はまだ未完成でそのうちに何々に変わるのだな」なんてボケをしたりするのだが、決して後で変化したり成長したりしない。
お勘定の際に『いくらいくらになりまーす』でも違和感があるのに、「いくらお預かりしまーす」って精算金額をお金も出していないうちに言われるとは・・・。

親からまともな敬語や謙譲語の使い方を習ってないのはまだいいとして、店長や先輩とかは指導できないのか?
肝心の店長や先輩がそもそも知らないのか?
接客マニュアルがダメなのか?
ファストフードやコンビニに慣れてしまってるからか?(コンビニもファストフードも接客用語はかなり無茶苦茶だ)

もちろん味が全てなんだけど、接客次第で味は変わるのよ。
言語能力以前にコミニュケーション能力や、言葉の読解力をもう少し上げてほしいなぁ。
あぁそうか、スタッフに喋らすとろくな会話にならないから、だから会話しなくていいように食券売機入れたりするのね。やっとわかった。

美味しいラーメンを食べたくていつも彷徨ってるのだが、次に行く店はせめて会話がまともにできる店であってくれと祈ってる。
ジャンル:
むかつく
Comment   この記事についてブログを書く
« Yuming No Sideと感動の大安売り | TOP | クレーム天国・日本-2 »

post a comment

Recent Entries | FOOD&DRINK

Trackback

Trackback  Ping-URL