しましまのドレミ・カフェ

家のしつらい、音楽、おいしいもの。
日々のくらしを綴ります。
みんなが集まるカフェになるといいな。

毎日がアルツハイマー

2017-04-05 20:56:23 | 介護

あいち国際女性映画祭で出会った「毎日がアルツハイマー」という映画。

女性映画監督が、認知症になった自分の母親を撮った爆笑ドキュメンタリーです。
爆笑は言い過ぎかな(^^)重いテーマに誠実に向き合いながら、笑いどころがたくさん。
その年の映画祭で見たのは「毎日がアルツハイマー2」だったので、初作品の方をいつか見たいと思っていたのです。

先日保健センターで偶然目にしたチラシ。
名駅のシネマスコーレで「毎日がアルツハイマー」と「毎日がアルツハイマー2」を日替わりで1週間上映するというのです。
ちょうど仕事も春休みだし、今日の用事は午前中で終わったので、名駅まで出かけることにしました。



母になんとなく話したら「映画なんて行ったことないから、行きたい」というのです。
ちょっと当事者過ぎて、いくら爆笑ドキュメンタリーだとしても、重過ぎないか?と心配になりました。しかし、なんとなく行きたそうだったので、思い切って一瞬に行くことにしました。

2時間近い映画は、しんみりしたり、気づきがあったり、爆笑したり。
終わった時に感想を聞いてみたら「面白かったね」というのです。良かった。

「映画のお母さんと監督、どちらの立場で見ていたの?」と思い切って聞いてみました。
そうしたら「母親の方だね」と言うのです。
介護する側でなく、される方の立場で見た、と言いました。そうなのか、と思いました。

もうすぐ、「毎日がアルツハイマー ファイナル」が完成するそうです。
私は監督のツィッターをよく見ています。監督のお母さんの様子も、よく見せてもらっています。
母も新しい映画を見たいと言いました。

関口祐加監督、完成を楽しみにしています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貝塚作り | トップ | あぶない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL