日々是チナヲチ。
素人による中国観察。web上で集めたニュースに出鱈目な解釈を加えます。「中国は、ちょっとオシャレな北朝鮮 」(・∀・)





 いや、別に「電撃」ではないんでしょうけど、私にとっては寝耳に水だったので。

 森喜朗・元首相が今日(11月21日)から台湾を訪問するそうです。まずは関連報道をどうぞ。

 ――――

 ●台湾総統、森元首相に勲章授与へ…国交断絶後初めて(読売新聞 2006/11/20/20:59)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061120ia22.htm

 台湾の外交部は20日、森喜朗・元首相が21日から3日間の予定で台北を訪問する際、陳水扁総統が「特種大綬景星勲章」を授与すると発表した。

 同勲章は、海外の首相などを対象にしたもので、外交部によると、1972年の日本と台湾の国交断絶後、日本の首相経験者に授与されるのは初めてという。
(後略)

 ――――

 共同や朝日や毎日ではないので「中国の反発は必至だ」という一節はありません(笑)。ただ中共政権は森・元首相による前回の訪台(2003年12月、李登輝・前総統と会見)でも大騒ぎしていたのに、今回は李登輝氏に会うだけでなく、さらに何と勲章までもらってしまうそうです。

「日本と台湾の国交断絶後、日本の首相経験者に授与されるのは初めて」

 ですからね。可燃度はより高くなってもおかしくありませんよ。

 やるねえ。(木村和司調)

 ――――

 実はまだあります。上の記事よりちょっと早く香港の『明報』電子版がこのニュースを報じています(時間は日本時間)。

 ●『明報』電子版(2006/11/20/20:18)
 http://hk.news.yahoo.com/061120/3/1wref.html

 ロイター電の引き写しですけど、早いうえに『読売新聞』電子版よりいい仕事をしています。森・元首相は今回も李登輝氏と対面するほか、さらに陳水扁・総統との会見もスケジュールに含まれているとか。

 魅せてくれます。(ジョン・カビラ調)

 ――――

 これは連係プレーなんでしょうか?……だとすれば面白いですねえ。

 2トップのひとりでエースストライカーの安倍晋三・首相が中国首脳会談を連発して「靖国神社」「歴史教科書」が出て来ない蜜月ムードを演出。かと思えばもうひとりのFWであるファンタジスタ・麻生太郎・外相が「核保有論議」で中国DF陣をかく乱し、サイドからは中川昭一政調会長もオーバーラップ。

 そうこうしているうちにポッカリと空いたスペースを目指して、今度はセンターバックの森・元首相が攻撃参加。台湾政局の混乱で当分来日できそうにない李登輝氏を訪ね、現職総統の陳水扁氏とも会見、さらに首相経験者としては「断交後初」の勲章をもらっちゃうそうです。

 ――――

 この一件、中国側の反発は……と思ったらもうどんどん報道されているじゃないですか。中共系通信社・中国新聞社が配信したようです。

 ●日本の森喜朗・元首相が訪台へ、陳水扁・李登輝との会見も(新浪網 2006/11/20/17:32)
 http://news.sina.com.cn/c/2006-11-20/170411567782.shtml

 ●森・元首相が3日間の訪台へ、陳水扁・李登輝との会見も(CCTV.com 2006/11/20/17:32)
 http://news.cctv.com/world/20061120/103700.shtml

 ●森喜朗・元首相が訪台、叙勲も(鳳凰網 2006/11/20/17:50)
 http://news.phoenixtv.com/taiwan/200611/1120_18_35908.shtml

 ●森喜朗・元首相が訪台、叙勲も(大公報電子版 2006/11/20/17:51)
 http://www.takungpao.com:82/gate/gb/www.takungpao.com/news/06/11/20/TM-653492.htm

 『読売新聞』や『明報』の電子版よりも早いですね(笑)。むろんこのタイミングですから、

 ●訪台する
 ●李登輝・陳水扁と会う
 ●勲章をもらう

 の3点を織り込んだ論評抜きの報道です。

 ――――

 さて森・元首相の訪台を国内で告知した中共政権、どういう態度に出るか見物です。

 中国国内メディアに速報させた以上、強い反発になると思われます。何たって台湾問題ですから、軍部が騒ぎますよ軍部が。

 しかもですよ。よりよって軍総参謀長補佐の章沁生・中将が党中央党校の新聞『学習時報』に、

「台湾を『一つの中国』の枠内にしっかりと収めるため(中共政権による台湾併呑のため)、軍備増強に絶えず邁進しなければならない」

 という趣旨の文章を発表し、それが19日に全国ニュースとして報じられた矢先です。タイトルは「章沁生:わが軍は台湾を「一つの中国」の枠内に押さえ込むに足る軍備を擁しなければならない」。

 ●「新華網」(2006/11/19/12:32)
 http://news.xinhuanet.com/politics/2006-11/19/content_5348972.htm

 しかもこの章沁生・中将はこの11月下旬に訪日する予定だと先日報じられたばかり。顔にベタリと泥を塗られてあらあらメンツ丸つぶれー(笑)。

 ――――

 仮に胡錦涛・国家主席がその現実路線に照らして騒ぐまいとしても、こと台湾問題となれば話は別です。この件に関しては軍非主流派の電波系対外強硬派だけでなく、胡錦涛を擁護する軍主流派だって穏やかではいられないでしょう。原則問題であるだけに、胡錦涛自身も強い反発を示してみせようとするかも知れません。

 日本もなかなかイジワルですねー。「第17回党大会」という世代交代や大型人事の行われる5年に1度の政治的大イベントを来年に控えたこの時期に、中共内部が乱れかねません。現在の対日外交路線にも内部から異を唱えられる可能性があります。……なんやかんやで、中共の延命のため荒療治に着手しなければならない胡錦涛はこれでまた時間を浪費することになるかも知れません。

 可燃度という点からいえば、国民感情は別として、中共政権にとって台湾問題は日本の首相による靖国神社参拝より火の手が上がりやすいのです。台湾問題の方が格式がずっと上ですから。

 目安としては中共がしばしば言及する
「日中間で取り交わされた3つの政治的文書」というものがあります。「日中共同声明」「日中平和友好条約」及び「日中共同宣言」のことです。

 いわば日中関係の原点であり二国間における原則的ルールのようなもの、といっていいでしょう。これが今日午後(21日)に開かれるであろう外交部報道官定例会見でも持ち出される可能性が濃厚だと私は考えています。

 「台湾問題は靖国問題より可燃度が高い」と前述しましたが、例えば小泉純一郎・前首相が首相在任中に靖国神社を参拝するたびに中国外交部が発表してきた抗議声明。その中に、「日中間で取り交わされた3つの政治的文書」云々という文言は1度も登場しませんでした。

 靖国参拝が「二国間における原則的ルール」に抵触していると断じ切れなかったのでしょう。本来なら逆に「内政干渉」ということで中共が「3つの政治的文書」のいずれにも明確に違反している、と日本側が断罪すべきところなのです。

 ――――

 ところが、靖国参拝への抗議声明でも使われることのなかったこの「日中間で取り交わされた3つの政治的文書」が、前回の森・元首相による訪台においては持ち出されているのです。外交部の非難声明において、

「『中日共同声明』など中日間で取り交わした3つの政治的文書の基本原則を遵守するよう日本側に要求する」

 となっています。要するに小泉首相(当時)の靖国神社参拝よりも森・前首相(当時)による訪台の方が中共にとっては建前上ゆゆしき事態、ということなのです。

 http://news.xinhuanet.com/newscenter/2003-12/25/content_1248416.htm

 2004年12月末に李登輝・前総統が訪日する直前には、外交部声明ではなく国営通信社・新華社の署名論文ながら、

「日本政府が李登輝の日本での活動を認めたことは、
「中日共同声明」など中日間で取り交わした3つの政治的文書の基本原則に背いたものであり、中国の平和的統一という大業に対する挑戦だ」

 ……と、さらに激しい表現が使われています。

 http://news.xinhuanet.com/world/2004-12/24/content_2375635.htm

 ――――

 それが今度は森・元首相、訪台して李登輝・前総統に会うだけじゃなくて、陳水扁・総統とも会見したうえ「特種大綬景星勲章」なる重々しい勲章を授与されるという極上燃料。これやっぱり連係してますよね。

 麻生外相と中川政調会長が安倍首相とは逆の動きをして作り出したスペースに虚を衝くタイミングで森・元首相というセンターバックの攻め上がりです。ワクテカの展開ですよこれは。

 だってもし中共側が強く反発しなかったら、いよいよスーパーサブの点取り屋たる小泉・前首相が満を持してピッチに入ります。台湾新幹線の開業セレモニーに出席するかも知れませんよ。すでに台湾側からの招待状を受け取っている訳ですし。

 という訳で中共の反発ぶりと政権内部における足並みの乱れに期待大。森・元首相には前線に上がってくる以上しっかり決めてもらいましょう。コメントでさり気なく煽ることもお忘れなく(笑)。この間の闘莉王みたいにPK外しちゃダメですよ。




コメント ( 19 ) | Trackback ( 0 )



« 続・東洲村事... 続・森元首相... »
 
コメント
 
 
 
金沢市出身の八田技師が台湾の恩人なのよ。 (ようちゃん)
2006-11-21 05:47:00
森の爺ちゃんが台湾に行くのは石川県の物産展があるからだし、石川県の八田技師が台湾の恩人で李登輝さんは日本へ来るたびに石川県金沢市を訪問するのが恒例ですよ。
八田技師の銅像もあるし、小松空港と台湾の直行便があって、台湾の人は金沢から京都。金沢から東京が普通です。
金沢市長も自民党で5期20年体制が19日選挙で確定したし、16日頃には新聞に出てましたよ。(北国新聞)北朝鮮へ娘婿の縁で行くので無ければ、 我々は何も言いません。そう大した事して来ないと思うよ。
 
 
 
Unknown (でんすけ)
2006-11-21 08:13:27
・・・ワクテカですねぇ。
最近、わざと か 姿を見せない小泉前首相が突然くるのか・・・。

しかし・・・流石は御家人さん、相手の必死度を測る術は鮮やかとしか。
完服致します。
 
 
 
Unknown (ショッカー)
2006-11-21 09:22:57
私も明日から台湾へ行きます。観光ですけどね。今は中国人とは定期的に会う人間はいませんが、また「他の国(特に台湾)へ行って中国へ行かないのかーッ!」怒るだろうな、もし知ったら(笑)その程度で面子を潰されたと思うのですね、中国人は
 
 
 
台湾でなら飲茶がしたい (茶タヌキ)
2006-11-21 10:47:26
重金属野菜やら農薬漬け加工食品やら水注入肉とか、大陸の食べ物のすさまじさを、こちらのサイトをはじめネットで読むようになってから、現地で飲茶なんてガクガクブルブルもんですが。
森さんの行く先々ででてくるお料理は、きっと美味しいでしょうね。
 
 
 
バックスプレー (鴨洛斎)
2006-11-21 11:34:54
森さん、勘違いして、ボールも持って走らなければいいのですが(笑)。 
帰国前後に余計なコメントを出さずに素直に、恭しく、拝受してきてほしいものです。
 
 
 
スタンド オフ (上海・76号)
2006-11-21 19:40:02
この人、ラグビー協会の会長さんですよ。
先日の秩父宮、豪州首相15vsJAPANの阿部首相との観戦、この人ちゃんと判ってんじゃないんですか。

そのあしで香港に行くんでしょ?
25日、対韓国戦で決めてフランスへ、、、、。

ちなみに国会議員のチームではスタンドオフなんですよ、この人(早稲田では正式の部員じゃなっかたみたいですけど)。
武見敬三(バリバリの慶応OBスタンドオフ)が居るんですが。

元FBより
 
 
 
森元総理といえば (なみへい)
2006-11-21 21:14:02
ラグビーで語っていただきたかったが・・・・
御家人氏はラグビーは御存じ無かったのであろうか
orz....
華麗なオープンプレイフルバック森が
仕掛けたカンペイ(古!!)が鮮やかに決まりトライとか
 
 
 
見事にスルーですね (dongze)
2006-11-22 11:34:15
御家人さん、
またものの見事に中国側スルーですね、外交部の定例記者会見も、新華社も。。。
逆にまたこれで証明されましたね、安倍さんもこれでいよいよ問題なく参拝!
 
 
 
がんばれ 森 ! (透水)
2006-11-22 16:55:12
頑張れ 森さん !
とても期待しています !

台湾関係法も、この際、早急につくりましょう。

台湾と日本の両国の関係が通常化し、更に
良くなることは、中国にとっても本当は、
プラスになるのだ、という事を、知ってもらいたい。

 
 
 
スルーではなかった!? (香港居民)
2006-11-22 18:18:58
■森元首相の訪台に抗議―中国外務省
森喜朗元首相が21日に台湾を訪問し、台北で陳水扁総統、李登輝前総統らと会談したことに関し、中国外務省が北京の日本大使館などに外交ルートを通じて「不満」を表明するなど、抗議していたことが22日分かった【AFP=時事】
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2755412/picture_detail
 
 
 
Unknown (Unknown)
2006-11-22 20:04:16
中共の神経を逆撫でするのは結構なことなんですが、今のタイミングでちょっかい出す目的がイマイチ見えてこない。
 
 
 
今のタイミングで~ (貴彬)
2006-11-22 23:32:43
え~と、初めまして。

日中関係がが友好路線に傾けば、シナは間をおかず、あの手この手で、こちらを切り崩しにかかると思うのです。

「シナとの付き合いは一定の距離を開けておきたい
ので、ちょっかいを出している」というのはどうでしょう?(実際のところはわかりませんが)
 
 
 
Unknown (ささらい)
2006-11-23 00:44:46
 ガス田とか尖閣とかでちょっかい出すからこういう事になる。中国も外交下手になったんですかね~。
 
 
 
迷いますね (katze)
2006-11-23 02:09:43
日々楽しみに読ませて頂いております。御家人さまは中共のいやがることをするのが趣味と標ぼうされているので、中共が嫌がるであろうこの手のニュースをお喜びになるのは理解できるのですが、冷静に言って日本が得するか損するかという観点からすると、どっちが得なんだろうと考えることが、私は最近多くなりました。
 
 
 
損得ではないのでは? (しのささ)
2006-11-23 21:55:48
初めまして。

>katzeさん
中国人とつきあう時、これまでは損得を考えすぎてきたが故に、足下を見られ続けてきたのでは?
何と行っても、あの国の「相手の助平心」へ働きかけのうまさは特別な物がありますから。
 
 
 
Unknown (江沢民)
2006-11-23 23:02:30
とりあえず森ビルに嫌がらせしておいたアル!

森ビル(本社・東京港区)が、中国上海浦東新区で進めている超高層複合ビルの総称を
「上海ヒルズ」(中国語名「上海秀仕」)と命名したことについて、上海市政府は21日、
名称の使用を許可しない考えを明らかにした。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=1122&f=business_1122_004.shtml
 
 
 
Unknown (でんすけ)
2006-11-24 08:24:12
>何と行っても、あの国の「相手の助平心」へ働きかけのうまさは特別な物がありますから。
餌をまくのは上手いですからね、彼らは・・・。
得をしても最初だけな気がします。
五輪特需(といっていいのか?)が終わったら、進出した日系工場が特例で接収される可能性は否定できませんし…。
おっと、今のところは単なる邪推ですね。失礼しました。
 
 
 
難民の受け入れ態勢を  (nanashiko)
2006-11-24 12:35:22
中共の動揺は歓迎しますが、数十万~数百万単位の難民が発生したら、ちゃんと受け入れて下さいよ。日本国。
 
 
 
Unknown (江沢民)
2006-11-25 02:04:07
>難民の受け入れ態勢を
北朝鮮の難民での脅しに飽きたので、もはや難民ネタの脅迫は通じないよ。

全員サメの餌だ!w
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。