日々是チナヲチ。
素人による中国観察。web上で集めたニュースに出鱈目な解釈を加えます。「中国は、ちょっとオシャレな北朝鮮 」(・∀・)





 胡錦涛・中国国家主席が訪米しました。

 今回の行程は米国訪問後に中東やアフリカ諸国を歴訪するというものです。ひょっとして意趣返し?と勘繰ってみたくなります。

 というのは昨年秋にブッシュ大統領が訪中しています。胡錦涛サイドでは当時のことを多分根に持っている筈です。面子丸潰れでしたからね。

 ――――

 どういうことかと言うと、ブッシュは米国から直接中国に飛んできてくれなかったんです。中国以外の国にも立ち寄るという行程、さらに中国を訪問する国々の筆頭に持ってこなかったことで胡錦涛は血管が浮き出てしまいます。

 そして、こともあろうに中国より先に訪問したのが「小日本」でした。ブッシュはここで民主化や日中関係について中共当局にとって嬉しくないコメントを連発しておいて、その次に中国です。

 北京で礼拝に参加するというブッシュのパフォーマンスはもちろん宗教弾圧に対する無言の批判であり、中国を利するものではありません。それで最後にモンゴルを訪問し、ここでも民主化の成功を賞賛しています。

 ――――

 ……そういう経緯があるものですから、中東・アフリカ歴訪と訪米をワンセットにしたのかなあ、それとなく意地悪してみせたのかなあ、とぼんやり考えみたりしました。さすがに米国を筆頭に持ってこない訳にはいかなかったようですが(笑)。

 ところが米国はもっと意地悪だったんですね。「国賓待遇での訪米」と国営通信社・新華社は再三再四強調していましたが、米国側はこれを否定。もちろん米国が否定したということを中国国内メディアが報じる筈がありません。

 報じなくても胡錦涛の耳には入っているでしょう。中共政権の歴代指導者の中で初めて国賓にしてもらえなかったということで、胡錦涛は歴史にその名を刻みました。出発前から一撃喰らった格好です。

 ――――

 でも「意地悪=胡錦涛の面子潰し」はそれだけじゃなかったんですねえ。いや、わざとかどうかは知りませんよ。知りませんけど、ホワイトハウスの歓迎セレモニーで報道陣を前に胡錦涛がスピーチを始めたところ、記者席にいた女性が突然、大声で中共批判を始めたのです。

「ブッシュ大統領、その男が法輪功を迫害するのをやめさせて下さい」
「胡主席、お前はもうすぐあの世行きだ」

 みたいなことを1分間以上連呼したようです。警官によって排除されたようですけど、胡錦涛はこのハプニングにビビったらしく、表情も硬くスピーチする語調も滑らかではなかったようです。

 http://hk.news.yahoo.com/060420/12/1n4mn.html

 ――――

 でも「意地悪=胡錦涛の面子潰し」はそれだけじゃなかったんですねえ。いや、わざとかどうかは知りませんよ。知りませんけど、そのホワイトハウスでの歓迎セレモニーに先立つイベント、特別機から降り立った胡錦涛が儀仗隊から礼砲の祝福を受け、さて国歌吹奏となったとき。あろうことかセレモニーの司会者が中国のことを、

「Republic of China」

 と言ってしまったんですねえ。それって
「中華民国」じゃないですか(笑)。

 「中華人民共和国」は
「People's Republic of China」

 いかに間違いとはいえ、公の場で米国政府側が「中華民国」の名前を口に出したことは久しぶりではないでしょうか。

 http://hk.news.yahoo.com/060420/12/1n4mx.html

 ――――

 たて続けに面子を潰された胡錦涛が壊れてしまわないか心配です。でも珍道中はまだ始まったばかり。この先まだまだネタが出てきそうで実に楽しみです。


コメント ( 29 ) | Trackback ( 0 )