“絆”

青森冠婚葬祭互助会スタッフの日々徒然

今日は何の日

2017-02-10 14:36:13 | (仏教教団)各宗派別の仏事
年間を通して今日は何の日とあるものです。
季節ごとの節目や祭日、記念日、災害や事件事故などに因んでの日等々。
中でも言葉での語呂合せによる「◯◯の日」というのは毎日のようにあるようです。
今日は2月10日ですので、「ニットの日」「キタノ記念日(ツー(2)ビート(10)」
「ふきのとうの日」「左きき(レフト)の日」「ふとんの日」などちょっと無理やり的な
語呂もありますが、話のネタとしては楽しいです。
バレンタインデーのチョコレートの日が近づいてきました。
商品の宣伝、売上を期待しての❓◯◯の日もたくさんあるようです。
因みの私の誕生日は2月11日「建国記念日」ですが、私を産んでくれた母
にとっては「出産記念日」でもあります。故人となってしまいましたが
線香を供え感謝したいと思っています。
donchi


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

家族葬の事前相談

2017-01-29 13:51:03 | 仏事全般
最近、家族葬についてのご相談が多くなりました。
家族葬といっても、皆さん、それぞれ考え方違うようです!!
平安閣では毎月、友引の日に相談会をしておりますので、
是非家族葬ホールカシータを見にきてください。

チビ太
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界の葬儀・・・

2016-12-30 12:18:12 | (仏教教団)各宗派別の仏事
今回はリトアニアの葬儀の習慣を紹介します。

リトアニアのお葬式 では、死んだ人の亡骸と一緒に写真をとるのは普通。

亡き人の棺の回りで参列者は数人ずつ順番に写真をとる習慣があるのです。

しかもしっかりのご遺体の表情が写るアングルで。

「死」の場面も人生の一部として、より自然に捉えられているような、

生命に対する大らかさを感じます。

生まれて、学校行って、働いて、結婚して、子どもが生まれて、

楽しくくらして、そして、肉体にさよならを告げる日が訪れて…。

アルバムの最後の1ページに死に顔もしっかり載るんです。

そして親戚のパーティーで皆でアルバムを開いたときに語り草になるんです。

「あの時のお葬式はこうだったね、ああだったね、△〇は本当に優し かった…」とかとか。

もちろん、リトアニアでも人が亡くなると皆悲しむけれど、

「生」と「死」の境界線がわりと、ゆるゆるだなぁ~、と感じたリトアニアの面白い習慣でした。

ちなみに日本では 花壇のお花やブーケとして人気の「パンジー」はリトアニアでは

お墓に飾られるお花です。

リトアニア人のお友達の家にお呼ばれしたときには、

パンジーは避けた方がベターですね。

次回も世界のいろんな葬儀を探してきます。

                   ~ユン~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016-12-29 14:32:51 | (仏教教団)各宗派別の仏事
しばらく調子がいいと思っていたのですが、たまにチクリチクリと痛む

ところがあり病院へ。

今度、ヘルニアの手術をうけることになりました。

悪いところは早くに治療し、いつも元気な竹の子族でいたいと思って

います。

1月19日~23日までの短期間の入院ですが、会社のみなさんには

大変ご迷惑をかけます。

また会社のみなさんを元気にするために戻ってきますので、

それまでの間 宜しくお願いします。


☆竹の子族☆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

津軽古代王国の謎

2016-12-24 16:42:04 | (仏教教団)各宗派別の仏事
 釈迦の墓伝説

  紀元前の時代に若き釈迦が日本にやって来て
   梵珠山に住んだことから《大釈迦》という地名がついたと
    伝えられているそうです

ワクワクしませんか?
すごい↗スゴイ↗

  しかも、釈迦は日本で悟りの心を開きインドへ帰り
  仏教を広め再び日本にやって来て梵珠山で生涯を閉じたそうです

伝説、だけどスゴイ
ワクワクします

  大釈迦を訪れる際は、感謝し安全運転、ゆずりあいを心がけます





                       ハツエ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

師走

2016-12-24 14:31:22 | (仏教教団)各宗派別の仏事

  今年も残り少なくなりましたが、いかがお過ごしてすか。


 12月に入り、気持ちだけがアセっているように思います。

 クリスマスが終わるとお正月準備と・・・・


 今年を振り返ると、「創立50周年」を迎えたくさんのことを

経験させていただきました。

 ちょっと大変でしたが、思い出がたくさんできました。

 
               (りんご)
 


 


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬至

2016-12-21 15:48:09 | (仏教教団)各宗派別の仏事

今年も残すところ、あと僅かとなりました
気持ちがはやりますね

ごきげんよう

今日12月21日は、二十四節気の“冬至”
諸説ありますが、昔はこの日が「死に一番近い日」と言われ、
その厄を払うために体を温め、無病息災をお祈りしたそうです

南瓜を食し、柚子のお湯に浸かる
現在も続いている慣わし

一年で最も夜が長い今日
いただいた柚子の香で、夜を楽しみます





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハジメマシテになろう事かと思います。

2016-12-15 17:10:56 | 講習
新人です。


せっかくの機会なのでこの場を借りて自己紹介させて頂きます。



4月2日生まれ(プレゼント待ってます…)

生まれも育ちもほぼ青森

身長 167㌢

あとはヒミツです

夢は若い心を蘇らせる事です(本気)



本当にわからないことだらけなのですが会社の皆様方本当に優しいので甘えています  (ゴマすりすり…)



そんな感じです


これからよろしくお願いします









MOIMOI
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

鳥葬

2016-12-13 17:25:54 | Weblog

 チベットでは、今でも、遺体を鳥に食べてもらう

 『鳥葬』がある事を知り驚きました。

 鳥葬とはご遺体を、鳥に食べさせる埋葬の仕方で

 チベットではごく一般的なお葬式なんだと・・・

 チベットの人たちは、自らをも自然の一部と考え

 他の生物へ肉体を布施することで

 天に還り、魂は生まれ変わると信じています。

 鳥葬でのお葬式は、厳しい自然環境のもとで

 暮らすチベットの人々にとって最も自分たちの理に叶った

 お葬式の方法といえるそうです。

 肉体から離れた魂が、まだ遺族の周りにいて

 彼方へと渡ろうとしているのに

 故人の名を呼んで呼び戻してしまうといけないからと

 人々は故人の名前を四十九日間は絶対に口にしないということです。

 世界には様々なお葬式があり興味深いです。

                 

                 【 R I P 】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お客様の言葉

2016-12-12 15:32:28 | (仏教教団)各宗派別の仏事

仕事柄、たくさんのお客様に会いお話します。

時には趣味のお話や、お客様の最近好きなものについてお話を聞くことも…

やはり皆さん大好きなもののお話をするときは、素敵な顔をされています。

もちろん、メインのお話は葬儀に関する事ですが。


脱線してしまいましたが、葬儀に関してあとから注意をうけることもあります。

言ってくださるお客様には感謝しています。

なぜなら改善して、次にいかせるからです。

『ありがとういございます。』

の心で初心を忘れず、これからも頑張ります。

宜しくお願いします。

                      cocoa








コメント
この記事をはてなブックマークに追加