午後の森でひと休み

蓼科の「カフェ 午後の森」マスターの巣籠もり日記。午後の森から見える信州蓼科・八ヶ岳のすばらしい自然、生活・・・。

雪の日でも歩いて骨を作る。

2018年01月13日 23時47分39秒 | 日記
積雪2センチの残り雪を
竹箒で掃き黄色の駐車ラインを
朝日に照らし出す。

マイナス9.8℃の朝の寒さに
駐車場にできた氷をハンマーで割り、
歩行の導線を確保する。

夕方、コーヒーの焙煎をする。
雪降る夜は、散歩の代わりにルームランナーで
走り込む(写真)。
先日放送のNHKスペシャル「人体」の骨特集では、
骨を作る骨細胞は、歩いたり、走ったり、飛んだりした時の
衝撃を感知して骨を作るとのことでしたので、
雪の時でも歩くことでの衝撃を与えることが必要らしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加