goo

個人質問しました。やっぱり時間足りませんでした

今日の個人質問の5番目が私の質問でした。

5番目だから午後一かな?と思っていましたが、
前の4人の質問と答弁の時間を合わせても30分もない人がいたので、11時40分ごろから私の質問になり、途中でいったん中止して、午後1時から残りの質問をする、ということになりました。

昨日、質問原稿に手を入れていたら、6000文字を超えてしまい、これでは質問時間15分では到底足りません。
以前のように個人質問は質問の時間だけで20分ありましたので、6000文字でも、少し早口で話せば大丈夫でしたが、5分の差はとても大きいです。

それで、どうしても質問しなければならないことから順に質問を始めることにしました。

まずは、情報公開条例の一部改正に関する質問をして、次に消防団の分団詰所の移転に関する質問、大規模開発に関する質問、先日の停電に関してBCP(事業継続計画)についての質問と続きましたが、この途中で時間切れ、となりました。

午後1時から質問するときに、すでに質問残り時間が3分少しでしたので、電磁的記録に関する質問はできないとあきらめ、部長にも次回11月定例会には質問するから、ごめんなさい、と伝え、休日急病診療所移転に関する質問もおそらくできないかもしれないと思ったので、その時はごめんなさいと担当部長に伝えておきましたが、案の定の結果でした。

後で、質問原稿の中で実際に質問できた個所の文字数を調べてみると4800文字ぐらいでした。
やはり、質問時間が20分あれば、ほぼ全部質問できたのに、とっても残念です。

質問時間が15分しかないなら、そのように原稿を作ればいいと言われるかもしれませんが、
複数の人数がいる会派の議員は、ほとんど15分も使わずに質問しますが、私のように一人会派の議員のほとんどが15分を目いっぱい使うか、私のように泣く泣く全部も質問できずに終わるか、になっています。

一人会派でも複数の議員の会派でも一人当たりの時間は平等だから、と言われるのですが、市行政全体を対象に質問するための質問時間としては、ぜんぜん平等ではないと思います。

さて、昨日、議会提案された議員の政務活動費を減額する条例改正案については、当初、今日、本会議質疑をしたのち、委員会付託される予定でしたが、急きょ、昨日の議会運営委員会で、本会議質疑をしたのち即決すると決まりました。

それで、私は質疑はするつもりはなかったので通告していませんでしたが、最終日に討論採決なら討論をすることは決めていたので、お昼休みに急ぎ討論(意見)の原稿を作成することになり、今日はとっても忙しい一日でした。

意見の内容は、私としては1割から2割程度、政務活動費を使わずに戻入しているので、その程度の減額はしてもよいとは思うけれど、他の会派で全額に近い額を使っているところもあるので、額ではなく、使途基準やさらなる透明化を図ることを含めて議論を続けることが必要ではないかということで、反対としました。

討論の後の採決では賛成少数で否決となりました。

ブログランキングに参加しています。下のバナー(政治家と書いた紫色のマーク)か、
テキスト(にほんブログ村 (政治家・市区町村)と書いた箇所)をクリックしてください。
ご協力よろしくお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へにほんブログ村 (政治家・市区町村)
コメント(0)|Trackback(0)
« 9月12日(火)の... 9月13日(水)の... »
?
?