goo

ブログの効用

 今、『ブログ 世界を変える個人メディア』という本を読み始めました。ブログ関連の本もたくさん出ているので、ご存知の方もたくさんいらっしゃると思います。

 さて、友人の勧めをきっかけにブログをはじめてはや2年以上が経ちました。最初は、構えて文章を書いていたのですが、最近は肩の力も抜け、議会のことについてはどうしても硬い文章になりますが、千里山関連のまちのニュースは、「どんなこと書こうかな~?」と書くほうも愉しんで書いています。
 みなさんも気軽に使えるブログをはじめてもらって、お互いのブログを行ったり来たりできたら、ブログの輪が広がって、とても素敵な関係が出来ていくのではないかと思います。
 そこで、私が考えるブログの効用について今日は書きます。

<記録>
 ご存知の方も多いでしょう。ブログはホームページをつくるときのルールを特に知らなくてもHTMLというツールを使えなくても、作ることが出来ます。最低限、文字入力さえできればブログをはじめることが出来ます。
そして、勝手に(自動的に)書き込んだ日付や時刻が残るので、いつ何を書いたかが記録として残ります。

<情報発信と受信>
 ブログに書き込むと、いろんな人に記事を読んでもらえます。 ブログには相当長い文章も書けますが、読んでくれる人のことを考えると、適当な長さの文章が好まれるので、必然的に要点を絞った書き方になり、情報発信スキルが向上します。また、絵文字が使えるので、文字や文章だけでは伝わりにくい感情が、少しは伝えることができます。
 また、ブログをちょっとつかえるようになれば、画像を貼り込むことも簡単に出来ます。一枚の画像(写真)から伝わる情報ってすごいですよね。

 また、コメント欄やトラックバックを使って、ブログを訪れた人が、感想を書いてくれたり、追加情報を書き込んでくれたりします。自然にブログ同士あるいは、ブログとホームページがネットワークをつくります。

<コミュニティ>
 顔見知りの人からのコメントはもちろん、知らない人からもコメントが届くことがあります。
常日頃会っている人でも、何でもかんでも話をしているわけではありません。でも、ブログに自分の考えや感じたことを書いたとき、コメントを寄せてもらうことで、一つのことについて意見交換、情報交換ができ、コミュニティが深まります。

 知らない人からのコメントは、その人のホームページやブログが紹介されているときはもちろん相手方のページを訪問し、コメントを残すことが出来ます。
また、そうでないときでも、再び自分のブログに訪れてくれるであろうと信じて、返信コメントを書き込むことで新しい関係を生むことも可能です。

<ブログ仲間>
 以前に作っていたブログでは、訪れてくれる人も少なく、当然コメントもほとんど入りませんでした。というのも、私がブログを作っていることを知っている人が少なかったというのが大きな理由です。

 今、作っているブログでは、幾人かのブログ仲間ができ、お互いのブログへコメントの書き込み合い、関連記事にはトラックバック、というネットワークが出来ています。最初は2人、3人だったネットワークも、次第にブログを始める人も出てきたり、ブログはまだだけどコメントだけは書き込むよ、という人がいたりして、仲間が増えてきました。
 そうなると、もともとの記事だけでは厚みが薄かった内容も、コメントを重ねることで厚みも深みもでてきます。
 ブログを書くのも楽しくなって、更新頻度も増してきます。

 最近は、コメントを重ねることで、内容はさておき、言葉遊びができるようになり、昔々の連歌の様相も出てきたのでは・・・と思っています。
 ブログ川柳、ブログ歌会、ブログ絵画展、・・・果てはブログ劇場までいくかもしれませんね。とても楽しみです。

 ぜひ、皆さんもブログをつくってみてください。そしてブログネットワークを広げていきませんか?
コメント(2)|Trackback(1)

大雨の中土曜CD

 朝、快晴って思っていたら、出かける直前になって一気に空が駆け曇りすっごい雨降りでした。

 ちょっと恥ずかしいけど、格好なんて言ってられないぐらいの大雨だったので、ひさびさに長靴を履いて土曜チャレンジデーの会に出かけました。

 今年度はじめての活動なので、どんな子どもたちが来てくれるかな?と楽しみに出かけました。男の子3人と女の子2人の元気なお友達が待っていてくれました。

 晴れだったら南が丘公園へ行って遊ぶ予定だったのですが、雨なのでCD室でこれからの予定を決めたり、どんな公園だったらいいかなぁって話し合ったりして過しました。

 帰るころにはもう雨も上がり、長靴をごとごとしながら家に帰りました。
コメント(0)|Trackback(0)

まちづくり作法集

 今夜、まちづくり作法集の最後の詰のため、雨の中でしたが、いっしょにつくっている中島さんの事務所にプロジェクトメンバーが集まりました。

 私は議会が思ったよりも長くかかり、6時まであったので、遅れての参加になりました。

 先日撮り溜めた写真の中から、作法集にぴったりの写真を選んだり、コメントを考えたりします。
 コメントではどうしても五七五調の言葉になり、日本人って根っこから五七調なんや、って変なことで感心しました。

 写真もああでもない、こうでもない、と議論交錯。やっぱりまちに対しての思い入れが個人個人で違うのでどうしてもぶつかったりするのです。
 それでもなんとか合意点(人によっては妥協点?)が見つかり、なんとかまとまりそうです。

 後の作業を中島さん1人におまかせするのは申し訳なかったのですが、話し合イに熱中し、全て終わったのが12時前という状況でした。


 
コメント(0)|Trackback(0)

代表質問1日目

 朝10時過ぎから始まった代表質問。

 1人目は質問と答弁で11時過ぎまでかかり、2人目の質問だけしてお昼の休憩に入った。

 午後1時過ぎから議会再開し、二人目の答弁が2時過ぎに終わった。そして3人目の質問は質問項目だけでも前の2人よりも多く、もうずいぶん聴いた気がするのにまだ半分までいっていない。結局50分弱質問し、3時過ぎになったので3時の休憩。

 3時45分から議会が開催し、そこから答弁が始まるけれど、なかなか終わらない。結局2時間弱、答弁時間がかかりました。

 聞くところによると質問項目は全部で100ほどあったらしい。それらについて各担当部長や助役、市長が答えるのだから、並大抵の時間ではすまない。
コメント(0)|Trackback(0)
     
?
?