バス運転士の後ろ姿 by松井昌司

バス運転士の手本となるように… 否、見本となるように頑張ります。

ハッとしてゲッ!

2016-10-19 19:11:04 | バス運転士
先日、営業所前ターミナルへ向かって走っていた時のこと… あ、もちろんバスでね。(言わんでも分かっとるわぃ!) 突然、お婆さんAが「このまま乗っとれば某総合駅へ行くの?」と言ったので、驚いた私は“その場所からどうすれば良いか”考えながら返事を… と、その前に! 2~3人のお爺さんが口々に「行かんよ」「間違えとるわ」「戻らないかん」と言ってくれた。

間もなく次のバス停に到着… すると、お婆さんAが「そりゃいかんね」と言いながら、他の降車客と一緒に降りようとしたので、私は「大丈夫ですか?」と問い掛けたのだが… 聞こえなかったのか、恥ずかしかったのか… お婆さんAは何も言わずに降りて行ってしまった。

その後、私は「本当に大丈夫だったのだろうか? とりあえず反対方向のバスに乗って戻るのだろうか? 特に急いでいなければいいけれど… 他に某総合駅へ行く方法はなかっただろうか?」などと考えながら走っていたら… ハッとしてゲッ!

危うく“乗客が待っていたバス停”を通過してしまうところだったのだ(厳密には約5m通過!)。私が「すいませぇ~ん」と言いながら前扉を開けると、待っていたおばさんは「あぁ~ 良かった!」と言いながら乗ったのだった… ホント、すいません。でも、いい人で良かったぁ~

さて… 実は、お婆さんAが乗ったバス停で、ちょっと気になることがあった。そこでは、数名のお年寄りが乗ったのだが… お婆さんAが財布から現金を取り出している時に、すぐ後ろに並んでいたお婆さんBが“フリーパス”を提示しながら「あんた、フリーパス持っとらんの?」と話し掛け… お婆さんAが「私、だがや市民じゃないもんで…」と答えながら現金での支払いを済ませた。

そして、二人一緒に車内通路を歩き始めたのだが… その時、お婆さんBがお婆さんAに「私もだがや市民じゃな※△★○◆…(途中から小声になったので、よく聞こえなかった)」と言っていたのである。ただ単に「私もだがや市民じゃなかったけど、何年か前に引っ越してフリーパスをもらえるようになったんだよ」と言っていただけなのか… まさか「私もだがや市民じゃないけど、ちょっとしたルートでフリーパスが手に入るのよぉ~」なんて言ってたりして!? ハハハ…(こらこら! ホントだったらシャレにならんぞ!)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 突然、子供の声が… | トップ | モチベーションが聞いて呆れる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。