バス運転士の後ろ姿 by松井昌司

バス運転士の手本となるように… 否、見本となるように頑張ります。

今は無き“学芸会”

2016-10-14 23:25:35 | バス運転士
昨日の夕方… 終点・某駅に到着すると、助手席に座っていたお爺さんが「(私の名札を見ながら)松井さん、とても安全運転ですねぇ~」と言ったので、ただ“前夜からの睡眠時間が短い上に、早朝から昼寝休憩なしで夕方まで走る勤務の最後”で疲れていただけの私は「はぁ… そうでもないと思いますけど…」と答えた。

すると、お爺さんは「ちょっと時間ある?」と言いながら1枚のチラシを取り出して… 「私ね、これの審査員をやっていたんですよ」と言いながら、それに印刷されている“ウチの先輩運転士さん”を指差したのである。私には、何のことやらサッパリわかめスープだったけれど、「へぇ~ そうなんですかぁ~」と相槌を打ちながら、しばらくの間、お爺さんの話を聞いたのだった…

今朝、ちょっと時間が空いた時に、その件について2~3人に聞いてみたところ… 「5年くらい前までやっていた“委託元の接客コンクール”じゃないか?」と言われた。それは「運転士が、まるでホストのような接客を演じ、その出来栄えを競い合うもので、委託元の出場運転士は、そのために乗務から外れて練習していたらしい」とか…

さらに「優勝した運転士は給料が上がったらしい」とか「毎回、優勝する営業所が決まっている“出来レース”だったらしい」とか「優勝する営業所の応援団が、横断幕などを持っているのを見た」とか… 「結局、“いつも、そんな接客をやっとらんだろう!”と苦情が入って止めたんじゃないか」とか…

さらに… 私が前にいた某営業所から出場した運転士さんが、委託元の“決められた台詞を言う脇役さん”から台本通りに「発車オーライ!」と言われた時に、アドリブで「今、お客様が走って来ているので少々お待ち下さい」と言ったところ、会場からは笑いが起こったとか… “観客”のウケは良かったのだが、“脇役”は「バカにされた」と怒ったそうで…

後日、その運転士さんは、特上司から呼び出されて「ふざけとるのか!」と怒られたらしいのだが… もしも“出来レース”が本当だとしたら、それこそ「ふざけとるのか!」だよなぁ… あぁ~ そんな楽しい学芸会… 一度でいいから見てみたかったなぁ~ ハハハ…(ウソつけ! 出てみたかったんだろ? そして、普段は言わないような暴言を吐きまくり… だろ? ハハハ…)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うるさい三重唱 | トップ | 苦ニーリング!? クリーニ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。