バス運転士の後ろ姿 by松井昌司

バス運転士の手本となるように… 否、見本となるように頑張ります。

先月のモニターは…

2017-03-15 20:43:52 | バス運転士
先月、ある転回場で「さっき、ここまでモニターを乗せて来ましたから、次は松井さんのバスに乗るんじゃないですか?」と言われ… 私は「以前にもココで同じようなことがあったなぁ〜」と思いながらバス乗り場へ移動… すると、一人のおばぁさんが待っていた。

その雰囲気から「どうやらモニターに間違いなさそうだ」と思ったのだが、前回と違って“車掌席”に座られてしまったし、すぐ一つ目のバス停にも乗客がいたので、話し掛けることもできず、そのまま“左折する交差点”へ… 前方、後方、左方、周囲を確認… 歩行者も自転車も何も見当たらなかった。

いつものようにゆっくり左折しようとしたところ、ちょうどタクシーが停止線を越えて止まっていたので、私は「これくらいの徐行を、モニターはどのように判断するのかなぁ?」と思って、後退しているタクシーに合わせるように“停止寸前の速度”で左折したのだった。

そして、今回のモニター採点シートは一枚だけ… そこには他のモニターが書かない“乗車停と降車停”が書かれていたので、間違いなく“その時”のモニターであり… “左折時一時停止”の項目には「左折時ジリジリと動いている」と小さくメモられていて、その項目は0点であった。

ちなみに、今回は65点で下から4番目という… まぁ、言ってみれば“定位置”に戻ったわけだが、そんなに「一時停止」「一時停止」って言うならば… モニターしか乗っていない時に“左折時急ブレーキ”でもやってやろうかな? ハハハ…(アホか! 傷害事件になるぞぉ〜 ま、某テレビ局は喜ぶかもしれないけどな。ハハハ…)
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 期限が迫るビール券と初めて... | トップ | お年寄りフリーパスあれこれ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。