バス運転士の後ろ姿 by松井昌司

バス運転士の手本となるように… 否、見本となるように頑張ります。

昨日がサブちゃん最終日!?

2017-06-16 21:50:41 | バス運転士
昨日の運転士ミーティングは、特上司が休みということで、代わりに“サブ特上司”が特上司の有り難いお話(構内事故多発に対する警告)をみんなに伝えたのだが… その直後、ある大先輩運転士さんが「ちょっとよろしいでしょうか?」と手を挙げ、「内勤者(上司たち)は、本当に事故を減らす気があるのでしょうか?」と切り出したのである。

そして「今年の1月に“事故を減らすための方策”を運転士から聞いて、“終点での折り返し時間が短いのは焦りが生じるからなくして欲しい”という要望があったにもかかわらず、逆に折り返し時間が短くなっているところがあるようだが、どういうことでしょうか? とても本気で事故を減らそうとしているとは思えないのですが…」と続けたのである。

それに対する“サブちゃん”の返答は「最近の事故を見ても、時間に余裕がなかったわけではなく、運転士がやるべきことをやっていないから事故が起きている」「一企業なので効率(利益)も考えなければならない」「決して運転士のことを考えていないわけではない」「そういう問題点を教えてもらえれば修正できるものは修正する」というような感じだった。

ずっと「大先輩運転士の援護射撃を…」と考えながら両者の話を聞いていた私は「4月から使われている行路の中に“禁止されている4時間連続乗務”になる部分があるからと、今頃になって内容の修正(某駅発着の路線での乗務を終えたら、そのまま回送で営業所へ帰ることになっていたのだが、某駅で“20分間の休憩”をしてから帰ることになった。一刻も早く営業所へ帰って食堂でランチを食べたいのに…)をしているということは、運転士のことを考えていないと思われても仕方がないんじゃないですか?」と言った。

また、他の先輩運転士さんも「※※系統では、某駅の到着から発車まで3分しかないのに、車内確認だの何だので… 遅れて申し訳ございませんって… おかしいだろう」というようなことを言ってくれたのだった。しかしまぁ、それで何かが変わるとも思えないんだけどねぇ…。。。それはそうと、今日、何気なく事務所内を見たら… 昨日のサブちゃんが特上司の机に… ひょっとして今日から昇格なのか!? ということは… 早速、新特上司のブラックリストに私の名前が… ヒャラヘッポォ~!(もう、ヤケクソだな。ハハハ…)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恐るべき敬老軍団 | トップ | まさか、そこで右折!? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ラッシー)
2017-06-17 09:05:05
そうなんです。私が勤務している施設には,3つのフロアがありますが,全てのフロアで,夜勤をやる人は固定されています。ですが、シフトの組み方や夜勤者が増えたりすれば,夜勤者が昼間の勤務をやることもあります(夜勤は早番・日勤・遅番の昼間の勤務が全て出来るようになってからやるので)。但し、夜勤専門の人は別ですが。夜勤は体調管理が大変なんです。昼間の場合は、例えば、遅番が休んでも、日勤が遅番の時間まで残るなどして、対応できますが、夜勤は、そういうのが無理なので、体調には気を付けなきゃいけないのです。だから、私は外出予定がなければ、休みの日は外出しません。
Unknown (松井)
2017-06-17 12:14:23
ラッシー様。
なるほどぉ… そういうシステムなんですか。夜勤者は何でもできるオールマイティー… 会社にしてみれば、とても有難い存在ですね。私も同じ立場だったら、休日は“自宅待機”でしょうね。ホント、体には気を付けて“いろいろと”頑張って下さい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。