バス運転士の後ろ姿 by松井昌司

バス運転士の手本となるように… 否、見本となるように頑張ります。

何も考えていないのか!?

2017-05-05 16:07:49 | バス運転士
同じ時刻に、同じ道路を、同じバス停で乗降客扱いをしながら走っているのに、系統によって時間配分が違うという事実… 前の営業所(半弊社)で初めて遭遇した時には「こんなことがあるの!?」と驚き、今の営業所(同じく半弊社)でもあると知って「何を考えて… 否、何も考えていないのか!?」と呆れてしまった。

それでも、私は「1か所・2か所… 1分・2分のことだから…」と思っていたのだが、今回、“それ以上に差がある時間配分”の話を聞いて驚いた。それは、すっかりお馴染みのA駅経由B駅行きの“復路”で… 我々にとっては途中停となるA駅(4番乗り場)の発車時刻の僅か1分後に、同じくA駅(すぐ後ろの5番乗り場)を始発停とする他系統バスが発車することになっている場合があり…

まぁ、我々のバスが遅れなければ何も問題ないのだが、B駅からA駅へ向かっている道中… 1台の違法駐車車両によって、1回余計に長い赤信号に引っ掛かり、2分くらい遅れてしまうということは日常茶飯事で… そうなると、A駅を発車する順番が逆になり、定刻で走る他系統バスを、我々のバスが1~2分遅れで追走して行くことになる。

と思っていたら、A駅を出てからの時間配分が異なるせいで、A駅では僅か“1分後”だった他系統バスの発車時刻が、A駅から10区間ほど進んだ分岐停では“5分後”になっているようなのだ。つまり… そこまでの間、他系統バスが時間調整停車を繰り返しながら定刻で走り… その後ろを追走する我々のバスは、1~2分遅れで済むはずだったところが6~7分遅れになってしまうのである。

ある先輩運転士さんの話によると、委託元は「各路線を担当している営業所からの要望を聞いて、時間配分を決めている」そうだ。それならそれで、もう少し発車時刻をずらしてくれれば良いと思うのだが… ま、それも期待できないだろう。なぜならば、昨日の私が担当したコースには… “B駅から来た私のバス”と、同じ4番乗り場から発車する“A駅が始発停となっている市内中心部行きのバス”が、同時刻発車に設定されていたからである。

百歩譲って、平日の発車集中時間帯ならば分からないでもないのだが… これらは休日の話である。そこでどちらかを5分ずらしたからって、どんな不都合があるというのだろう? ホント、委託元の運行時間設定をやっている人間に聞いてみたい。ひょっとすると、我々には考え付かない“驚愕の理由”があるかもしれないので… もしも、特に理由もなく、現場の運転士が余計な苦労をさせられているだけだとしたら… おまんら、許さんぜよ!(古いなぁ~ 一人でヨーヨーでもやってろぉ~)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人を見たら◎◎と思え!? | トップ | 用語解説? 7 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひめたん)
2017-05-06 13:32:30
営業所によって同じ区間なのに時間配分が異なる区間結構あるみたいですね。

総合駅~病院前交差点までは色んな営業所のバスが来るのですが、やはり1~2分前後所要が違うみたいです。

松井さんが前にいた営業所は独占区間が多かったのでさほど気にならなかったかも知れませんが、今のエリアは様々な営業所のバスと被ってますからね。


私的には、某私鉄駅~某地下鉄駅~1つの山行きの路線で、途中某地下鉄駅~某区役所前(静岡県の地名や元某司会者と同じ地名)のバス停まで所要が異なる気がします。

後、隣県委託さんが結構バス停間の時間や折り返し設定が短めですね。
Unknown (松井)
2017-05-06 17:11:11
ひめたん様。
そんなに多いんですか? なぜでしょうねぇ… 仮に、乗降客が多い系統は時間を取ってあって、少ない系統は時間を取ってないということだとしても… もう少し発車間隔を空けてほしいですね。1区間は僅か1分差であっても、それが3つ4つと続くと… それはそうと、隣県のバス会社は所要時間も折り返しも短めなんですか!? そりゃまた… 大変な… だから辞めちゃうのかも…???

コメントを投稿

バス運転士」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。