バス運転士の後ろ姿 by松井昌司

バス運転士の手本となるように… 否、見本となるように頑張ります。

後ろからバス、横からジジイ

2017-08-05 14:42:31 | バス運転士
あるバス停を発車した時、右ミラーに後方から迫る回送バスが映ったので、私は「その先の交差点を左折した後… とりあえず1つ目のバス停で止まって、追い抜いてもらおう」と思った。それから間もなく左折して、緩やかな坂を上り始めた時… 道路の右側にある某住宅地の転回場から出ようとしているバスに気が付いた。

私は「そのバスは右か左か、どっちへ出るんだ? 何処行きだ? 回送か?」と迷いながらも、反射的に「お先にどうぞぉ~」と停止… すると、そのバスの運転士さんは「いえいえ、どうぞどうぞぉ~ 先に行って下さぁ~い」と合図を送ってくれたので、私は再び緩やかな坂を上り始めた。

その時、そのバスの行き先表示を見たら“A駅経由B駅行き”だったので、「ゲゲッ… 同じ方向か… どうする、どうする?」とボケ脳はプチパニックに陥ってしまい、“1つ目のバス停で回送バスに追い抜いてもらう”という予定は忘却の彼方へ… 私は乗降客がいないことだけを確認して、1つ目のバス停を通過してしまった。

そして、2つ目のバス停で約30秒の時間調整停車… 私は「つい最近、経験したような場面だなぁ~」と思いながら、運行画面のデジタル時計と右ミラーを交互にチラ見… 発車時刻が近付いた時に、後ろからバスがやって来たので、今回は“そのバスの行き先表示”をチェック… 回送ではなくA駅経由B駅行きである(同じバス停を使う=追い抜かない)ことを確認して発車した。

3つ目のバス停で止まって両扉を開けると、3人ほどのお年寄りが降り、推定アラサーの綺麗なお母さんと小さな息子さんが乗った。ところが、バスに乗り慣れていないのか、お母さんは運賃箱を素通りしたので、私が「すいませぇ~ん」と呼び止めたところ、「えっ… 先に?」と言ったので、「はい、お願いします」と答えた。

すぐに大きな財布を取り出し、チャラチャラと210円分の小銭を探すお母さん… その時、中扉から降りたお爺さんが前扉の外を通ったのだが… お母さんに向かって「こらっ! ※▲☆◆×●!(ハッキリとは聞こえなかったのだが… 多分、お金くらい用意しとけ!)」と言ったのである。

一瞬の間の後、お母さんがお爺さんの方を見てから私を見て「えっ… 私?」と言ったので、私は心の中で「何を言っとるんだ、このクソジジイ!」と怒鳴りながら、ニコッと笑顔で「いいえ、違いますよ」と答えた。すると、お母さんは安心した様子で小銭探しを再開… 210円を投入したのだった。

バスが発車してしばらくすると、お母さんがやって来て「あぁ… 母一人子一人の生活は大変で… ねぇ、運転士さん… 今夜、時間ありますか?」と言っ…(ないない! イケメンでも何でもない妄想オヤジに言い寄って来る奇特な女性なんていねぇよ! もしも、そんな誘いがあったとしても… 思わせぶりな態度で引っ張られ引っ張られ… 子供のための生活費を吸い取られるのがオチだわさ! ハハハ…)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オバサン・ポジション | トップ | 120分の飲み放題? 否、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バス運転士」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。