まぜごはん

ミーハーなマチルダが気まぐれに
なんでもかんでも書いちゃうブログです。
映画の話題が中心です。

オデッセイ ~ 火星でD.I.Y.

2016-02-06 20:16:11 | 映画 

「オデッセイ」観てきました。 公式HP

火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワトニーは生き延びようとする。一方、NASAは世界中から科学者を結集し救出を企て、仲間たちもまた大胆な救出ミッションを敢行しようとしていた (シネマトゥディより)

食料はない、助けは来ない。火星に独りぼっち。

でもワトニーは自分の置かれた状況を分析して、何が必要で何ができるのかをたたき出し行動に移します。

食料として残っていたわずかなジャガイモを種イモにしてジャガイモ栽培。肥料も水もないならば作り出す。

地球との交信が可能になった時、まずNASAに伝えたことは「(自分が置き去りになったことに)ほかのクルーに非はない。」ということ。

 

冷静でユーモアに溢れてポジティブな人物。こんな人が助からないわけはないっ!と信じて観てました。

NASAも、ワトニーのことを知った全世界の人たちもワトニーの帰還を願って待っている・・・・。

 

 

 

 

 

 

火星に一人取り残される、というストーリーを聞いたときデヴィッド・ボウイの「スペース・オディティ」を思い出しました。

コントロールセンターとの交信も途絶え、宇宙に取り残されたトム少佐。

(この曲は映画「孤独な天使たち」で使われてました。)

「オデッセイ」では70~80年代の音楽がたくさん使われてました。(船長のシュミってことでディスコソングばかりですが)

ひょっとして、ボウイの「スペースオディティ」もつかわれてたりして・・・と思ってました。

「スペースオディティ」は結局使われてなかったのですが「スターマン」が使われていて、イントロが流れてきた時泣けてきた。

突然のボウイは私を泣かせます・・・

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いい日だったね | トップ | カプリコン・1 ~ こちら... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すいません! (latifa)
2016-06-06 11:32:02
マチルダさん、こんにちは☆
すいません、間違って、違うコメントをこちらに↑に貼ってしまいました。
お手数ですが、削除してくださいまし。ほんとすいません!

これ、私もやっと見ることが出来ました。
ボウイの曲が流れて、おおっつ、って思いました。
マチルダさんがこれを見たのは、ちょうど訃報の後だったので、なおのことタイミング的にぐっと来たことでしょうね・・・。

じゃがいもとか、途中までは、とても面白かったのですが、後半は、あんまりだったかな・・・。
こんばんは (マチルダ)
2016-06-07 23:13:03
latifaさん こんばんはー
コメント+トラバどうもありがとうございます。

火星に取り残されてもジャガイモ栽培とか、自分で作ってサバイバル!ポジティブシンキングが気持ちいい映画でした。

突然流れてきた「スターマン」にはぼろぼろと泣くしか出来なかった私でした。

コメントを投稿

映画 」カテゴリの最新記事

43 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画:オデッセイ The Martian  シビアなはずの「サバイバルSF」が妙にポジティブ =実は「音楽」映画?  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ストーリーは超シンプル過ぎるくらいの「一発物」 (火星に探査に行ったクルーのうち、一人だけ取り残され=写真、孤軍奮闘した結果、遂には帰還に成功?) なので、正直どうか?!と事前は思っていた。 ところが見終わって、最初に思ったのは… 「流石、リドリー...
『オデッセイ』 2016年1月21日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『オデッセイ』 を試写会で鑑賞しました。 今週は良い感じで仕事が終わっているので、なんとか参加できてます。 【ストーリー】  火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を...
「オデッセイ」レッツポジティブ(^^;! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 地球のお隣の惑星、火星。その火星にたった1人で取り残されたら…。「オデッセイ」(20世紀フォックス)。究極のスペース・サバイバル・ムービーなんですが、何故だか微笑ましいんですよね~。  人類による3度目の有人火星探査ミッション“アレス3”は、6人の...
劇場鑑賞「オデッセイ」 (日々“是”精進! ver.F)
まずは、“始めること”が大切… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201602050000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【輸入盤】マーティン・デラックス・サウンドトラック [ ...価格:3,240円(税込、送料込) ...
[映画『オデッセイ』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『オデッセイ』を観てきました。 『ゼロ・グラビティ』や『インターステラー』の後追い企画ではあろうけど、面白かった。 エンドクレジットでリドリー・スコット監督と知り驚いた次第。 確かに、少なからずの男臭さがありました。 まあ、火星に置き去りになっ...
オデッセイ (あーうぃ だにぇっと)
オデッセイ@よみうりホール
オデッセイ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 主人公の持ち前の明るさが仇となり取り残された恐怖が
オデッセイ~火星でもゼログラかよ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Martian。アンディ・ウィアー原作、リドリー・スコット監督。マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、キウェテル・イジョフォー、ジ ...
オデッセイ (Akira's VOICE)
安心してください。生きてますよ。  
[映画] オデッセイ (12時間Blog)
「オデッセイ」を川崎109シネマズにて観て来ました 探査中の事故により、たった1人で火星に取り残されてしまう~という展開はSF版「ロビンソン・クルーソー」といった趣でしたが、従僕のフライデーどころか周りには天然の恵み的な水や空気すら存在しないというとんでもな...
オデッセイ3D ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『グラディエーター』などのリドリー・スコットがメガホンを取り、『ボーン』シリーズなどのマット・デイモンが火星に取り残された宇宙飛行士を演じるSFアドベンチャー。火星で死亡したと思われた宇宙飛行士が実は生きていることが発覚、主人公の必死のサバイバルと彼を助...
【映画】マット・デイモンが火星にぼっち映画『オデッセイ』が面白すぎる (アリスのさすらい映画館)
オデッセイ(2015)アメリカ原題:The Martian監督:リドリー・スコット出演:マット・デイモン/ ジェシカ・チャステイン/ ジェフ・ダニエルズ / マイケル・ペーニャ/ ケイト・マーラ/キウェテル・イジョフォー/ ショーン・ビーン /&#1...
オデッセイ(3D) / The Martian (勝手に映画評)
アンディ・ウィアーのベストセラー『火星の人』の映画化。第73回ゴールデングローブ賞で作品賞と主演男優賞(マット・デイモン)を受賞。第88回アカデミー賞では、作品賞、主演男優賞(マット・デイモン)、脚色賞、美術賞、視覚効果賞、録音賞、音響効果賞の7部門にノミ....
映画『オデッセイ』2D字幕版 観た~ (よくばりアンテナ)
面白かった~~(*´∀`人 ♪ 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワ...
オデッセイ (映画のメモ帳+α)
オデッセイ(2015 アメリカ) 原題   THE MARTIAN 監督   リドリー・スコット 原作   アンディ・ウィアー 『火星の人』 脚本   ドリュー・ゴダード 撮影   ダリウス・ウォルスキー 音楽   ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ 出演   マッ...
『オデッセイ』 (こねたみっくす)
希望と絶望の狭間で揺れる振り子に、科学を武器に戦うヒューマンドラマがここにある。 何と生命力に溢れた映画なのだろうか。これが79歳の監督が撮る映画なのだろうか。 意外や意 ...
"火星の砂の色"『オデッセイ(The Martian)』リドリー・スコット監督、マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、マイケル・ペーニャ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『オデッセイ』The Martian原作:アンディ・ウィアー 監督:リドリー・スコット脚本:ドリュー・ゴダード出演 : マット・デイモンジェシカ・チャステイン、マイケル・
『オデッセイ☆原題THE MARTIAN』を観てきました~☆ (Neko★です。)
『オデッセイ/THE MARTIAN』クリックでオフィシャルサイト地球から2億2530万年離れた火星に独りぼっち。外気温:-55℃酸素:ほとんど無し水:無し通信手段:無し最大風速:400km/h食料:31日分NASAの次の探索ミッションまで:4年あらゆる現実が≪生存不可能≫を示...
オデッセイ (to Heart)
THE MARTIAN 上映時間 142分 原作 アンディ・ウィアー 『火星の人』(早川書房刊) 脚本 ドリュー・ゴダード 監督 リドリー・スコット 音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ 出演 マット・デイモン/ジェシカ・チャステイン/クリステン・ウィグ/ジェフ・ダニエルズ/マ...
オデッセイ/THE MARTIAN (我想一個人映画美的女人blog)
リドリー・スコット×マット・デイモン初タッグ 原作は、新人作家アンディ・ウィアーによる驚異的なベストセラー小説『火星の人』 脚本は「クローバーフィールド」「キャビン」「ワールドウォーZ」の脚本家、ドリュー・ゴダード。 この人のって「キャビン」...
オデッセイ (花ごよみ)
アンディ・ウィアー作の小説 「火星の人」を映画化。 火星にたった一人だけ残された宇宙飛行士、 マーク・ワトニー。 マット・デイモンが 主人公のマーク・ワトニーを演じます。 監督はリドリー・スコット。 火星からの帰還を願い 極限状態の中でも、 いつもユーモ....
オデッセイ (試写会) (風に吹かれて)
ディスコミュージックで乗り切れ 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/odyssey2月5日公開 原作: 火星の人 (アンディ・ウィアー/ハヤカワ文庫)監督: リドリー・
オデッセイ  (心のままに映画の風景)
人類3度目となる火星の有人探査計画“アレス3”は、猛烈な砂嵐に見舞われミッションを中止するが、撤収作業中に吹き飛ばされ行方不明になった植物学者の宇宙飛行士マーク・ワトニー(マット・デイモン)の生存が絶望視され、船長のメリッサ・ルイス(ジェシカ・チャステ...
オデッセイ (海外ドラマ☆SFワールド)
字幕版で観賞。マッド・デイモンがワトニー役って適役!観終わったらじゃがいも食べたくなるよ(笑)
『オデッセイ』 (beatitude)
人類3度目の有人火星探査ミッション“アレス3”は、18日目に突然吹き荒れた猛烈な嵐によって、任務中止に追い込まれる。ところが、全6名のクルーのうち、マーク・ワトニー(マット・デイモン)は、突風でバラバラになった通信アンテナの直撃を受けてどこかへ吹....
「オデッセイ」 (或る日の出来事)
前向き、ポジティブにつらぬかれた感動。
オデッセイ  (Break Time)
今日は、若干 北風が有ったものの・・・
「オデッセイ」 (ゆっくり歩こ。)
「残穢」「ブラック・スキャンダル」 観たい!けどここら辺では上映が無く・・・ 久々の映画館は「オデッセイ」鑑賞となりました 観ていてあまりにもハラハラしすぎて・・・ 本気で心配・不安になってしまい、 思わずパニックの症状が出そうになるほど(それだけ....
オデッセイ(2D 字幕版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:リドリー・スコット 出演:マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・ペーニャ、ケイト・マーラ、ショーン・ビーン、セバスチャン・スタン、アクセル・ヘニー、キウェテル・イジョフォー、ベネディクト・ウォ...
映画「オデッセイ(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『オデッセイ(2D・日本語字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 宇宙飛行士で植物学者のマーク・ワトニーは、火星での有人探査中に嵐に巻...
オデッセイ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE MARTIAN】 2016/02/05公開 アメリカ 142分監督:リドリー・スコット出演:マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・ペーニャ、ケイト・マーラ、ショーン・ビーン、セバスチャン・スタン、アクセル・ヘニー、....
オデッセイ  監督/リドリー・スコット (西京極 紫の館)
【出演】  マット・デイモン  ジェシカ・チャステイン  キウェテル・イジョフォー 【ストーリー】 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、...
スターマン/火星の人~『オデッセイ』 (真紅のthinkingdays)
 THE MARTIAN  NASAの有人火星探査計画 「アレス3」 のクルーたちは嵐に襲われ、ミッ ションを中断し地球へ帰還する。しかしクルーの一人で植物学者のマーク・ワ トニー(マット・デイモン)は、事故に遭い火星に一人取り残されてしまう。  マッ...
オデッセイ・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
火星のオデッセウス。 たった一人で火星に取り残された男のサバイバルを描く、アンディ・ウィアーのベストセラー小説「火星の人」の映画化。 宇宙を舞台にしたサバイバル劇というと、アルフォンソ・キュアロンの「ゼロ・グラビティ」が記憶に新しいが、あの映画がほぼ...
映画『オデッセイ』 THE MARTIAN ネタバレでお節介な解説 (グドすぴBlog)
(ネタバレはストーリー紹介等の後、「以下ネタバレ注意」注意書き以降から) 面白かった!この映画大好き! 絶望的なサバイバルが最新科学技術や現実に基づいたリアリティ重視で描かれるにも関わらず、この地に足の着いたエンターテイメントが観客に示してみせる...
オデッセイ (映画的・絵画的・音楽的)
 『オデッセイ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)前回に引き続きSF物ながら、マット・デイモンが主演であり、なおかつアカデミー賞作品賞などにノミネートされているとのことで(注1)、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、荒涼とした火星の風景が映し....
『オデッセイ』('16初鑑賞14・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 2月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:25の回を鑑賞。
オデッセイ (もののはじめblog)
探査中の事故により、たった1人が火星に取り残されてしまう。ひとりぽっちになりがらもマット・デイモン飛行士が、決して絶望せずに前向きに生き延びようとする物語。 はじめ「ロビンソン・クルーソー」かという印象を抱いたが、・・・そこはSF映画。 絶望の中を、何....
■オデッセイ (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第395回「架空のお話のはずなのに、どうしてこれほど共感できるのだろう。」 宇宙はいつでも私の「少年心」をくすぐってくれる。つい先だって観た「スターウォーズ」もそうだ。未知なる世界で繰り広げられる物語に私はワクワクした。そして、今回の作品「オデッセイ」....
『オデッセイ』 (ラムの大通り)
「こんなに星が写らない宇宙ものも珍しい『オデッセイ』。 よく引き合いに出される『ゼロ・グラビティ』よりは好きかな。 主人公に悲愴感があまり漂わないところが、 なるほど宇宙飛行士になる人は器が違うわと…。 あとよく問題となる邦題。付けた人の気持ちも分かる。 ...
「オデッセイ」 (ここなつ映画レビュー)
気の利いた事を書こうと思ってここまで来てしまいました。でも、結局気の利いた事なんて書けない。メールでもLINEでもそうだけれど、読んだ瞬間「了解しました!」とか「又後日!」と何も考えずに送るのが良いというのが私の持論だ。気の利いた返事を書こうなんて思ったら...
「オデッセイ」 課題の本質を見極める (はらやんの映画徒然草)
オリジナルのタイトルは「The Martian」。 これは直訳すれば「火星人」で
「オデッセイ」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
凄く期待していたのだけれど・・・ そうでもなかった。3つ★半