まぜごはん

ミーハーなマチルダが気まぐれに
なんでもかんでも書いちゃうブログです。

映画の話題が中心です。


世界一キライなあなたに 観ました

2016-11-26 10:02:42 | 映画 ヨーロッパ

今年も気が付けば今年もあと1月余り。早いですって。

とにかく順不同でもなんでも書いちゃおう、ってことで。

10月に観た映画。世界一キライなあなたに 公式HP

 

性格は前向きなだが、夢にチャレンジすることに躊躇し、仕事を転々としながら、なんとなく毎日を過ごしているルー。

彼女の働いていたカフェが閉店してしまい、職を失ったルーは半年限定で介護の仕事に就く。

ルーが担当することになったのは、快活でスポーツ好きだったが、バイクの事故で車椅子生活を送ることとなった青年実業家のウィルだった。

当初、ウィルはルーに冷たく当たるが、ルーの明るさがウィルの心を溶かし、やがて2人は互いに最愛の存在となっていく。(映画Com.より)


新米の介護担当ルーと気難しいご主人様?のウィル。皮肉屋で毒舌。

でもルーのひたむきさにウィルは少しずつ心を開いていく。

引きこもりがちだったのがルーの働きかけでコンサートへ行ったり

クラシックのコンサートへ行ったことのないルーにウィルがアドバイス。

「真っ赤なドレスは堂々と着ればいい、ストールはいらない」

とか言って。


南の海への旅へも

勇気を出して元カノの結婚式へも・・・

ウィルはルーのこと「クラーク」と呼ぶ。その呼び方がなんとなく好き。

障害を持った資産家とその介助人、というとフランス映画の「最強のふたり」を思い出してしまうのですが、ああいう感じかしら、と思っていたらちょっとと違う。

結構重い話でしたね。

しかしこのタイトル「ラブコメ」だよなぁ・・・。

同じくサム・クラフリンの「あと1センチの恋(Love,Rosie)」なんとなくポスターの感じが似てる。



ヒロインのパパは「ダウントンアビー」の執事ベーツさん。

ヒロインの彼役でハリポタのネヴィル君(マシュー・ルイス)が出てました。

筋肉オバカ系若干空気読めない。でも決して嫌なヤツではないんですけど・・・ちょっと気の毒な気がした。


『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファンタスティックビースト... | トップ | 厚生食堂 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。