まぜごはん

ミーハーなマチルダが気まぐれに
なんでもかんでも書いちゃうブログです。

映画の話題が中心です。


ダンサー セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣 観ました

2017-09-02 16:05:47 | 映画 

ちょっと前になりますが、シネモンドで ダンサー セルゲイ・ポルーニン を観てきました。公式サイト

ウクライナで生まれ、19歳にして史上最年少の英国ロイヤル・バレエ団プリンシパルとなったセルゲイ・ポルーニン。しかし彼は2年後、人気絶頂にも関わらず突如退団を決め、そのニュースは国内外を駆け巡った。様々な憶測が飛び交う中、彼はミュージシャン、ホージアのグラミー賞年間最優秀楽曲賞ノミネート曲『Take Me To Church』のミュージックビデオで姿を見せた。写真家デヴィッド・ラシャペルの監督のもと踊るポルーニンは見るものを惹きつけ、動画サイトyoutubeで1700万回以上再生され、彼を知らなかった人々をも熱狂させた。本人や家族、関係者のインタビューを織り交ぜ、ヌレエフの再来と謳われる才能と大きな苦悩を抱えた彼の心を浮き彫りにする。(Movie walkerより)

 

ドキュメンタリー映画はあまり積極的に観ないんですけど、これはどうしても観たかった映画です。

幼い息子の才能をみつけた母は本格的にバレエを習わせることを決意。父親と祖母は外国へ出稼ぎに行きく。

息子のの才能を伸ばすために一家はバラバラになる・・・ちょっと切ないキモチにもなりました。

でも天才とは孤独なものなのかもしれません。

冒頭、何種類もの薬(鎮痛剤やビタミン剤など)を飲んでから舞台に立つ姿に精神的にも肉体的にもぎりぎりの状態まで追い込むんだな、と思いました。

びっくりしたのは英国ロイヤルバレエ団を退団してからロシアへ戻るのですが、バレエ団のトップだったのに、ロシアでバレエのオーディション番組みたいなのに出演していた、ということ。今までトップだったのにロシアへ戻ったらリセットされるのか~とちょっとオドロキでした。

空から舞い降りてくるような跳躍・・・。

 

バレエの舞台は観たことがないけど、バレエを扱った映画は何本か観ていて、男性ダンサーの空中で静止しているような跳躍をみると溜息がでますね。

「ニジンスキー」のジョルジュ・デ・ラ・ペーニャ、「バレンチノ」のルドルフ・ヌレエフ(これはダンサー役ではないけど、バレンチノ×ニジンスキーのタンゴのシーンがキレイで見とれてしまいました)、「愛と哀しみのボレロ」のジョルジュ・ドン。「リトル・ダンサー」のアダム・クーパー・・・。

また観たくなってしまったけど、ソフトがなさそう。今観られそうなのは「ボレロ」くらいかなぁ・・・。「リトル・ダンサー」はだいじょぶそう。

 

 

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« φ(..)メモメモ Boy Erased | トップ | やってもた~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画 」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣 ★★★ (パピとママ映画のblog)
英国ロイヤル・バレエ団で名をはせるものの、数年で退団したバレエ界の異端児セルゲイ・ポルーニンを追ったドキュメンタリー。退団後に発表された「Take Me To Church」のミュージック......