まぜごはん

ミーハーなマチルダが気まぐれに
なんでもかんでも書いちゃうブログです。

映画の話題が中心です。


Welcome to my blog!

↑あしあと帳へとびます
INDEXにとびます しょっぱなの記事へとびます

2016 年 山梨の旅 〜 そして食べまくる

2016-09-24 10:21:46 | その他
2日めチェッカーフラッグ川崎さんを後にしてまずはお土産購入。
JA直営店みたいとこでブドウを購入。

巨峰 シャインマスカット 甲州ブドウ 種類が多くて迷います、というかあれもこれもと何種類も買いましたが。

その後山梨といえば、フルーツ!そして信玄餅でしょう〜



北杜市の金精軒さんへ。
開店からそんなに時間が経ってないはずなのに長蛇の行列だわ、周囲にはわらわらと人がいっぱい。買えるんかい?

と思ったら行列はお持ち帰り不可の水信玄餅を買う人の行列でした。(こっちも食べてみたかったけど)

そして周囲のわらわらはポケモンゴーらしい。

混雑はしてたけど無事店内に入れて買えました。信玄餅。


さらに移動してこちら。北杜市 白州町


シャトレーゼの工場見学です。



こういう通路を通って工場見学へ。
アイスクリームの箱詰めとか小豆を煮ているところとか見られます(写真不可)

そして見学スペースの最後は、アイスクリーム食べ放題が待っているのです

5個はかたいな、と思っていたけど3個が限界でした。

12時すぎにシャトレーゼを後にして帰路につきました。
アイスでお腹いっぱい状態なため遅いお昼を岐阜県高山まで行って「板倉」さんで高山ラーメン


は〜美味しかった。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 山梨の旅 〜 緑あふれるお宿

2016-09-24 00:46:36 | その他

 

さて山梨でのお宿は、南アルプス市のペンション
チェッカーフラッグ川崎さん

その日は5組のお客さん。

こういうお庭はイングリッシュガーデンというのでしょうか。

ここでお茶したら優雅だわ~と思いました。

 

ご主人手作りの露天風呂。洞窟の中の温泉という感じ。





お料理は、旅館の料理というよりもお料理上手なお母さんの家庭料理。うまいんだな、これが。

鳥もつ煮が 「地味だけど1番手間かかってます」とご主人。

甘じょっぱく煮たもつは、レバーが大の苦手の私が食べても美味しかったです!

あとトウモロコシの甘みが尋常ではなくて驚いた。

食後には何種類ものぶどう中心のフルーツが出てきて、山梨だあ、と思いました。

 

そして朝ごはん

朝からこのボリューム。 ほうとう以来、がっつり食いが続きます。

山梨はグルメでボリューミ〜

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 山梨の旅 〜 高原 湖 富士山!

2016-09-23 09:20:25 | その他
ほうとう食べてお腹が太ったところで次に向かったのが 鳴沢の氷穴




夏でも寒いくらいの不思議な洞窟

その後富士宮市(静岡)にある白糸の滝へ



マイナスイオン〜って感じ。
心が洗われます。

山梨に戻って河口湖。本栖湖
湖がたくさんあって、高原の避暑地って感じ。
別荘みたいな家がいっぱいありました。
そしてジョギングしてる人や、自転車で走ってる人が多いと思いました。




本栖湖では、雲の隙間に富士山が見えましたよ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 山梨の旅 〜 名物食べまくる

2016-09-22 15:12:51 | その他
9月はじめのハナシですが、相方と山梨方面へ行ってきました。
車で行ったのですが、運転はもっぱら相方にしてもらいちょっと反省してます


まずは長野県の諏訪湖



天気がよくてとってもキレイに撮れました。
道の駅で名物のおやき(野沢菜)を半分こして食べたのですがけっこうボリュームあった。


お昼は 山梨県富士吉田市 にある「不動 」さんで。






素敵な鍋敷きがでてきて



グツグツの名物「ほうとう」が出てきましたよ。
野菜とキノコがいっぱい入って、太めの麺と一緒に煮込まれています。
野菜のうまみと麺のトロみが溶け出した味噌味のつゆが優しいお味。特にかぼちゃの甘みがおいしいのよね。



つづく



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気になる建物

2016-09-22 09:39:48 | ローカル
先週置きっぱにした自転車取りに歩いて駅前まで行きました。





長町の武家屋敷。

そろばん侍が歩いていそうでしょ?





そして三社の辺りのこの建物、車で通りかかるたびすごく気になっていたのですが、今回歩きだったから写真撮ってきました。



セキツイハウスって‼️
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Those People  観ました。

2016-09-21 01:33:16 | 映画 

Those People をNetflixで鑑賞。

ていうか少し前に輸入DVDで観て、よくわからないところを埋めるべくもう一回観るべ、と思っていたところにまさかのNetflix配信でございます。

 

マンハッタン。画家志望の学生チャールズとその親友セバスチャン。

チャールズの部屋にはセバスチャンの絵がいっぱい。

2人がオペラ「ペンザンスの海賊」の ” I Am the Very Model of a Modern Major General ” という曲を歌っているところから始まります。レコードに合わせて歌うのですがものすごく早口の曲で、もたもたしてついていけないチャールズにセバスチャンは「15年間変わらないな」みたいなことを言って笑う。

チャールズとセバスチャンがいつもつるんでいるメンバーはワイアット、ロンドン、アーシュラ。

チャールズは幼い頃に父親が家を出ていき母親と一緒にセバスチャンの家に世話になったという過去があって、セバスチャンは辛い時にそばにいてくれた大切な人。

15年間もつるんでいて、お互いがゲイだと知っているのに15年間何もない「親友同士」のふたり。

 

そこに(ベイルートからやってきた)ピアニストのティムが現れて2人の関係が変わってくる。

 

ティムはチャールズに一目ぼれみたくて積極的にアプローチ。チャールズもティムに会った瞬間に何かを感じたみたいでティムの気持ちに素直に応える。

セバスチャンはそれが面白くなくて「あんなおじさんのどこがいいんだ」みたいなことをチャールズに言う。

セバスチャンの父は横領の罪で服役していて、そのせいでパパラッチに追われたり、バーで「悪人の息子に出す酒はない」とか言われたりして、落ち込んだり精神的に不安定になったりすることがあるのですが、チャールズがいれば落ち着く。

酔っ払って「一生側にいろ」とか言っちゃうし(そのあとすぐ、冗談でごまかす)、ティムに対して明らかに嫉妬している。

心のどこかに(つーか真ん中でしょ)にいつもチャールズがいる。

チャールズと付き合えばいいのに・・・と思うのですがでもチャールズと付き合えばいつか別れるだけ・・・とセバスチャンは思っている。

友達なら多分ずっと側にいられる・・・そう思っているのかな。

(「あと1センチの恋」で幼なじみのロージーとアレックスが「好き」って言ってしまったらすべてが壊れそうで、言えずにいつまでたっても幼なじみしている、あれ思い出しました。)

 

チャールズはチャールズでティムの正式な申し込み?にとまどい、ティムを怒らせてしまう。

ティムのことが好きで自分から「恋人」っていうくらいなのに、「一緒にサンフランシスコで暮らそう」とか言われたら焦るし、困りまくるし。

チャールズの心の中にもいつもセバスチャンがいる。

お互いに、いないと不安になる精神安定剤のような相手なのかな・・・。

 

三角関係といえば三角関係なんだけどそれだけでは説明付かない?関係って気がしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

始まってます

2016-09-19 11:30:15 | カナザワ映画祭
カナザワ映画祭2016










チケット取りに行った会場で撮ってきました。

今年でファイナルなんだって(/ _ ; )

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

郵太郎くん

2016-09-06 22:59:05 | ローカル
先日中央郵便局へ行きましたらこんなの貼ってありまして



ちょとかわいかったので。

郵太郎くんです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親友のカミングアウト 観ました。

2016-09-04 22:04:57 | 映画 

Netflixで鑑賞。2015アメリカ映画。

 

いつも4人でつるんでいるアダム、クリス、ニック、オーツ。自動車整備の仕事をしています。

24歳の誕生日のことアダムは決心をします。親友たちに自分はゲイだと告白することを。

 

 

なかなか言い出せなかったけど、酔っ払って4人で雑魚寝して目覚めたところで「僕はゲイだ」とクリスに伝える。

「冗談だろ?」と言われ「違う本当にゲイだ」と伝えちょっと引かれる。

今まで通り普通に接しよう3人は決めますが、なんとなくぎくしゃくして気まずくなってしまう。

それでも3人はアダムがどんな思いで、どんなに勇気を出してカミングアウトしたのかを考えて、アダムのボーイフレンド探しに協力しようとする。

 

アダムが実家の夕食へ行くのにクリスに同行してもらってカミングアウトしようとするシーンがあるのですが、前日クリス相手に受け答えの練習。

クリスをアダムのママ役にしてこうきたらこう答える、ああきたらこう言うとシミュレーション。

でも言い訳に詰まったら

「リッキー・マーティン!」「ニール・パトリック・ハリス!」

と、ゲイの有名人の名前をとりあえず羅列して有名人にだってゲイはいる、と主張しようとするアダムがオカシイ。

 

 

アダムをとりまく友人たち、家族・・・みんないい。

さらっと観ましたが、ちょっとステキな気分にしてくれるあったかいコメディでしたよ。

 

Holding the man もそうだったのですがNetflixってワタシ好みの映画やドラマがいっぱいでウレシイわ~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いなり

2016-09-03 07:41:24 | たべもの

これなんでしょう??


いなり寿司?にしてはお揚げが分厚いでしょ??

これ「焼きいなり」といいます。

以前白山麓をドライブ中に山下ミツ商店 に寄ったのですがそこで売ってました。

厚揚げの中にもち米の炊き込みご飯が入っていてお揚げは醤油が沁みて、香ばしく焼かれています。

すごくおいしかったのですが、再び買いに行くのがなかなかむずかしく(方向オンチですからっ)マボロシの味になってました。

 

最近になって通販のサイトで「焼きいなり」を売ってるところを発見。

 

加賀守岡屋 が山下ミツ商店の油揚げを使って作っているんだそう。

加賀守岡屋って加賀市だし、通販で買わなくても石川県内で売ってるところはないもんじゃろか・・・とさらに探しましたら、じゃ~んありました。

兼六園紺屋坂の「金澤兼六屋」と、金沢駅百番街のあんとすずめで売ってるとのこと。

で、「金澤兼六屋」へ行って買ってきました。

お店ではイートインもあるんですがお持ち帰りにしました。

冷凍のものが買えると知って、保冷バックを用意して買いに行きましたよ~。一番人気の鶏ごぼう6個入りにしましたが、次はほかの味を買いに行こう~!

 

 


不室屋のお麩の澄まし汁とともにいただきました。


いなり寿司っていうと甘いお味の出汁のたっぷり沁みたお揚げにすし飯で、どっちかというとお子様向けな感じなんですが、焼きいなりは大人のいなり・

とってもおいしかったです。

と、いいつつ、甘いおあげのいなりすしも大好きなんですけどね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボヴァリー夫人 ~ 欲しがり屋さんは破滅する

2016-09-02 00:49:24 | 映画 

2016年も8月まで終わってしまいました。

早いですね~。9月の一発目の記事はなにをいまさらな7月のお話です。

海の日の連休に上京し、あちこちフラフラしてきたのですがカリコレで1本観ました。

ボヴァリー夫人 2014年作品

 

監督: ソフィー・バーセス  出演: ミア・ワシコウスカ、リス・エヴァンス

どこまでも満たされない心と身体――風紀紊乱の罪に問われたフローベール最大の問題作にしてフランス文学最高傑作がミア主演で甦る

!不倫相手役には『少年は残酷な弓を射る』のエズラ・ミラー。(カリコレHPより)

 


 ・・・こうゆうハナシだったんですね。

なんとなく物足りない毎日。やがて不貞を重ねて、借金まみれになって破滅の道へ。

ずーと眉間にしわが寄りっぱなしのヒロインでした。

 

「なんとなく物足りない」じゃなくて「大体は満ち足りている」と思えればよかったのに・・・

辛いお話でしたが、不倫相手のひとり役でエズラ・ミラーが観られたのでよかったっす。

古装ものも似合っててすてき。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ホールディング・ザ・マン ・・・・好きなトコ

2016-08-30 23:43:12 | 映画 

少し前のことネットでこの写真をみかけて

すごく心惹かれてDVDが発売されたら英字幕でよくわかんなくても観る!買う!と思っていたのですがまさかNetflixで配信されて日本語字幕付きで観られるとは・・・カンゲキでした。

 

なんだかすっかりはまってしまったみたいなので忘れないように(忘れないとは思うけどな)好きなシーンを書いておくのです

 

 

大学生のふたり。

ジョンの家族が留守の間にふたりでジョンの家に入ってジョンが子供の頃のフィルムを観る。

ちいさなかわいいジョンの映像が映っているその前でキス。

(この後、もっとカゲキなこと(*ノωノ)をするべくベッドルームに移動したら、そこへ予定よりも早くジョンの家族が帰ってきてものすごくあわてることになるんですけど)

 

ティムの妹の結婚式で。

ティムのママはジョンをダンスに誘い、パパはなぜかティムを誘う。はじめは「ナンデ~?」って感じでしたがパパと踊るティム。

男同士で踊っていたら周りの人に「どっちが男?」と聞かれ2人して「こっち!」と答えるのがおかしいです。

そして、パパとママに促されてパートナー交代。ティムとジョンが踊ります。

パパとママのステキな計らい。(パパを演じているのはガイ・ピアースです)

 

 

「ホールディング・ザ・マン」は、主人公のティムが書いたふたりの物語が小説として発表されオーストラリアでベストセラーに。

その後舞台になってそして映画化されたものなんだそうです。

左、ティムとジョンご本人。俳優さんたちがめちゃくちゃ似てる。(ティム役はライアン・コア、ジョン役はクレイグ・ストット。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホールディング・ザ・マン~Romeo and Juliet

2016-08-28 16:02:07 | 映画 

この続きです。

ティムたちがいつもつるんでるエリックのうちの別荘(かなんか)にみんなでお泊りに行った日。

ジョンの家では、留守中のジョンの部屋に入ったジョンのパパが、ティムがジョンに送った手紙を見つけてしまいます。

 ティムが家へ帰るとまるでお通夜状態で、ティムは父に「ジョンの父親が訴訟と起こすと言っている。男同士でじゃれあうのも一過性のもの。ジョンにはもう会うな。」とくぎを刺します。

夜になるのを待ってジョンの家に行き「乗り越えよう」というティム。「もう会えない」というジョン

窓際でささやきあう二人はまるでロミオとジュリエットみたい・・・。。

ティムが窓の外に身を潜めている間にジョンの父親が入ってきて

ティムに会うな、というのはもちろん「精神科に予約を入れておく。すべて忘れろ。」といいます。

父が出ていくと同時にジョンは窓から飛び出して、ティムとともに夜の町を自転車で駆けていきました。

 

1985年。

ティムはNIDA(国立演劇院)のメンバーになっていて、脚本を書くためにエイズ患者のリチャードにインタビューをしていました。トキソプラズマ脳症も患っているリチャードは言うことが定まらずあちこち飛びまくってる。

恋人のことを聞かれたティムは「僕らは高校時代からずっと続いています。」と胸を張って答えます。

(ここで俳優さんたちは高校のユニフォームから解放されまして、ちょっとほっとした・・・。高校生にしては大人っぽくてやや似合わね~と思いつつ観ていたので・・・)

 

1981年に戻って。

大学生になったふたり。ティムのうちはともかくジョンのうちにティムは出禁みたいです。

仲間から「長年連れ添った夫婦みたい」と言われるくらい穏やかな関係がつづいていました。

が、ティムが「1度でいいからほかの男と経験したい」とか言い出してジョンを怒らせたり、バレーボールをやってる最中にほかの学生とイチャイチャしながらフェードアウトしようとしたり(このときはジョンがものすごい勢いで追いかけてきてティムにパンチを一発食らわせましたが・・・。

ジョンは一途でティムだけ、って感じなのにティムときたら・・・。

 

ティムは「 シドニーの国立演劇学院(NIDA)を受験する、合格したら遠距離恋愛になるからその前に試験だ 」とか言い出しなんのことかと思ったらその試験とは「試しにいったん別れる」ことなんだとか。

ジョンは「嫌だ」と抵抗するのですが・・・。ティムの自己中な性格が目立ってきましたよ

「合格したよ」とジョンに告げるティム。合格=離れ離れなんですが、でもジョンは誰よりも喜んでいました。

「みんな聞いてくれ。ティムは第二のメル・ギブスンになるんだ!」と言って。

 

晴れてNIIDAに入ったものの、ゲイであることで嫌味を言われたり、役作りに文句言われたり。

それでも発表会にこぎつけて客席にはるばる観に来てくれたジョンの姿を見つけると相手役の女優に向かって

「君とやり直したい。・・・ジョン 」とセリフを言ってしまいます。 

思わず言ってしまった、というより確信犯な感じ。(これが、「ガラスの仮面」ならば月影先生に「破門です!」って言われるレベル)

相手役は「ぶっ殺してやる」と耳元で囁くし、客席で聞いていたジョンは「な、なんだろ、今の?」みたいに不審な顔になっているし、ティムってまったく身勝手な男ですねっ。



舞台が終わってジョンはメルボルンへと帰る。シドニーにいてほしいとティムは思っている。(でもジョンの父親が許さない。)あーだこーだと駄々をこねるようにしてジョンを引き留めてるティム。(やっぱ自己中??)

でもジョンのことが大好きですごく大切に思ってると再認識したこのシーンがすごく好き。

 

このとき流れてる曲は  Blue Oyster Cult  "Don't Fear The Reaper  ”です。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファイナル⁈

2016-08-27 22:16:55 | カナザワ映画祭
9月のシルバーウィークの連休といえば、カナザワ映画祭!今年も行くぞ〜

10年目を迎えた映画祭ですが会場の旧金沢ロキシー劇場が再開発のために、使えるのが今年限りなんだそうです。
今年でファイナル⁈



カナザワ映画祭HP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホールディング・ザ・マン~君を胸に抱いて~ 観ました

2016-08-26 22:42:38 | 映画 

 Netflixで鑑賞。Holding the man 2015オーストラリア映画。

1976年。メルボルンのカソリック系男子校。

ティムは演劇部。(「ロミオとジュリエット」で主役じゃなくてパリス役)ジョンはフットボールの花形選手。

ティムがジョンの練習試合をみていたらジョンはほかの選手と激突。

病院で目覚めたジョンの横にティムが座っていました。

ティムはジョンのことが前々から気になっていたみたいなのですが、ジョンはティムを見て「誰?」って言うくらいでよく知らない。ティムは地理のクラスで一緒なことや、ジョンの弟と一緒に演劇をやっていることを告げて「発表会に来て」と誘います。

結局発表会には来てくれなかったけどそれから二人はちょっと親しくなります。

 授業中にティムが悪友たちとふざけていて「ダージと付き合ってるんじゃないの?ジョンに乗り換えたの?」みたいなことを言われたティムは「じゃ、ジョンを捨てる」と返す。軽い冗談の会話なのですが、夕方ジョンに電話して「本当はあんなこと(ジョンを捨てる)言いたくなかったんだ」とわざわざ言うティム。

(76年の話だから当然固定電話で、家に電話するとパパが出て「学校の友人のティムですが、ジョンをお願いします。」と緊張しまくってるティムのがちょっとかわいいです)

ジョンの方はなんも思ってないみたく「ごめん、夕食の手伝いがあるから切るね。またね。」とあっさり。

電話を切ったあと、”好きな子にやっと電話したのに変なやつと思われちゃったよ、ああ、どうしよう、ばかばか、俺のばかっ”感ありありで、頭ガンガンぶつけたり、鏡の前で顔をぺちぺちしたり落ち込んでいるティム。

そこにジョンから電話が入ります。

晩御飯のメニューを言い合う、というたわいのない会話の途中で

「君が好きだ」

といきなり言うティムにはドキドキです。そして

「僕も好きだよ」

と信じられない答えが返ってくる。きらきらしたティムの目。恥ずかしそうに微笑むジョン。ドキドキときゅんきゅんが止まらない。

「ジョン・カレオ、僕と付き合ってくれ。」

ふたりは付き合うようになります。

 

授業中にティムがジョンに手紙を渡したのがばれて、職員室に呼ばれます。(授業中に手紙とかメモが回ってきたりするのって、どこの国でもあるんだな、と思ってしまった)

手紙はたわいのないものじゃなくて「君との関係を急ぎすぎた。抱き合うだけで幸せだ。愛してる。」というもの。

2人の関係はすでに職員の間でも話題(というか問題かな)になっていました。ティムは「僕らは愛し合っている。止められません」と言う。まっすぐな目で、毅然とした態度で。

「 学生生活を無駄にするな。」と説教されて、親に連絡されることなくとりあえずは収まります。

 

 

 

 

 

続く・・・かな

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加