まぜごはん

ミーハーなマチルダが気まぐれに
なんでもかんでも書いちゃうブログです。

Welcome to my blog!

↑あしあと帳へとびます
INDEXにとびます しょっぱなの記事へとびます

普通がいいの

2015-03-22 22:33:47 | 美容とけんこう
金曜日はホテルの宴会場で送別会でした。
日中は元気だったのに、お帰りの時間帯にお腹がすごく痛み出してトイレに入ったら、水様の下痢

とりあえずウチへ帰って、またまたトイレに座って……下痢
お腹の痛みは尋常じゃなくて、でも一応出すもの出して、ややすっきりしたので、送別会へ行く準備を始めました。

でも送別会の最中にお腹がぐるぐる、何てことになってはタイヘン。
ためしに何か少しお腹に入れて、どうなるか見てみようとカップスープを作って飲んでみたら即効もよおしてトイレ。
腹痛はさらにひどくなって動けない。

不参加にしようか、と思ったけどただの飲み会じゃなくて送別会だし、(しかもその日の日中はすこぶる元気だったし)しばらくトイレに座ったのち、出かけました。

宴会中は、固形物は口にせず(ていうか一切の料理に手をつけず)ビールとウーロン茶を舐めながら(数回トイレに通い)2時間あまり、乗り切りました。


その日は、「お腹がイタイ」「すべて出し切りたい〜」と思いつつもとにかく寝て、翌日目覚めて即効トイレ。

朝っぱらからけっこうな長時間にわたりトイレに座り続け、そして………


腹痛の元はざば〜んと流れて行きました。はい、サワヤカ〜


万年便秘ぎみのわたくし、何年かに1回、「しぶり腹」がやってきて根こそぎだす、という感じ。

もっとこう、フツーに出したいなあ





コメント

ショコラ 〜 ぶっきらぼうなアニキ

2015-03-17 22:22:03 | 華流

映画館 + レンタルDVD +購入した輸入盤 ・・・いろいろ観られてウレシイ反面観たものがぐちゃぐちゃになってきた感もあるな・・・。

映画のDVDをレンタルするとともに、テレビドラマのDVDも間に挟んで?借りてます。

何を借りてるか、って言ったら ショコラ 公式HP 長澤まさみが藍正龍と共演した台湾ドラマです。

 

刑期を終えてシャバに出てきた血連組のアニキ分是吾。

出迎えがないな〜と思いつつ、組に戻れば、そこはなぜかケーキショップに変わっていて、組長は店長になっていた。

かつて夫と子供を捨てて組長の元へ走ったマヤ。みんなに慕われていたマヤは亡くなり、マヤの夢がケーキ店だったことから、組長は組を解散してケーキ店を開いたのでした。

たくさんいた構成員たちは、今はもう2人を残すのみ。それもケーキ店店員として。

塀の中にいる間にこんなことになっていて、納得がいかない是吾アニキ。組を再建しましょう!と親分にいうけど極道はやめた、と相手にしてくれない・・・。

 

そこに、マヤの娘の千恵がやってきた。優しかったマヤ姉さんにそっくりの、でも性格は全く似てなくて生意気でわがままな千恵にみんな振り回されることに・・・。

 

藍正龍の是吾アニキがガキだのわがままだのと文句をいいつつも密かに千恵を守ってる姿に萌えます〜

想えば 闘魚(アウトサイダー)のシャンツ役もこういう感じあったな。寡黙で優しい言葉は言わないけど、そっと守ってる・・・という。

是吾のほうは、もうちょっと、口数多くて(悪態をつく!)ちょっとコミカルですけど。

千恵と是吾はお互い「ヤクザな乱暴者」「くそ生意気なガキ」と思っていたのが少しずつ変化を遂げてきまして、ちょっと気になる存在になってきたあたりを観てます。

台湾ドラマは久しぶりなんですけど、楽しい。そして何といっても藍ちゃんカッコイイ

 

 

 

コメント

パーフェクトプラン 〜 レッツ スシナイト!

2015-03-15 20:49:00 | 映画 

ちょっと前の話になりますが パーフェクトプラン (公式HPへ) 観ました

ロンドン。どっかの倉庫みたいな場所で、麻薬の売買が行われようとしています。

フレンチマフィアのカーンが現金を持ってやってきたところへ、ジャック率いる一味の襲撃により、麻薬も現金も持ち去られてしまいます。

でも一味は仲間割れ・・・というか4人のメンバーの一人、ベンがすべてを奪って逃走。その際リーダージャックの弟を殺害してしまいます。

 

さて、ロンドンに住むトムとアナのアメリカ人夫婦。祖母の家を改築して、子供を持って3人で暮らしたい、という夢があります。

ふたりが夕食にお寿司を食べてまぐわう(^-^;日は ”スシナイト” と呼んでます。

でも外国人労働者に対する取り締まり、とかなんとか定職は見つからないし(アナは教師をしてますが)退去勧告は来るし、不妊治療にはお金がかかる・・・・経済的に追い詰められています。

ふたりは自宅の地下を人に貸して少しの家賃を得ているのですが、ある日そのたなこが部屋で死んでいるのを発見します。そのたなこは例の一味、現金と麻薬を奪って逃げたベンでした。屋根裏に現金がを隠されているのを知ったトムは現金を隠す。

 

以来捜査に来た刑事に金のことを怪しまれ、ベンの住処を探し当てたジャックに脅迫され、(ジャックは屋根裏の麻薬を発見し、現金を奪ったのはトムだと確信する)フレンチマフィアのカーンにも追われることに・・・。

 

トム+アナの夫婦は警察もマフィアも無縁の普通の市民なワケですが、危ない人たちに狙われて、必死で逃げる+反撃する姿がたくましいです。

ラスト近くの立ち回りは、ふつーの改築中の家が舞台なんですが、ホラー映画観てるみたいにドキドキでした。

半分指で顔隠しながら観たもんなぁ・・・。

 

最近2時間超える映画が少なくないのですがこの映画は短めいろんなものが凝縮した90分、ハラハラドキドキで面白かったですよ。

 

トム役はジェームズ・フランコ、アナはケート・ハドソン。

刑事役はトム・ウィルキンソン、フレンチマフィアのカーンは「最強のふたり」のオマール・シーと脇役もがっちりでした。

 

コメント (2)   トラックバック (4)

マンホールのフタ です・・・ちゃ。

2015-03-14 15:27:13 | ローカル

富山の街のマンホールのフタは、立山とかお花を描いたものが多かったです。

 

 

 

 

コメント

きんのは富山へ行ってきましたちゃ。

2015-03-14 11:02:26 | ローカル

悲願の北陸新幹線本日開業〜! 北陸新幹線スペシャルサイト

長野まで1時間5分、東京まで2時間28分。ぐっと近くなります

テレビをつければ、どのチャンネルも新幹線の特番やってます。

記念すべきこの日にナマ!?を見に行きたいものなんですけど、すごい人なんだろな・・・。

 

 

「 昨日は富山へ行ってきました。」富山弁変換マシ〜ンにかけますと上のタイトルになるんですちゃ。

昨日は映画を観に富山のファボーレへ行ったのですが、車運転していく自信がなくて(新潟まで行ってしまいそう・・・)まずは高速バスで富山駅まで。

富山駅構内をじっくり見たかったけど映画の上映時間もあったので、総曲輪(ここからファボーレ方面へ行くバスに乗ろうと思っていたので)まで歩きながらちょっと写真を撮ってきた程度です。

富山にはこういうカッコいい路面電車(ポートラム)が走っているのですが

こういう懐かしタイプのも走っています。この電車は新幹線の駅構内に乗り入れるんだそうです。こちら

駅前にあったシネマ食堂街。作りが昭和な映画館のたたずまい。昔この辺は映画街だったのでしょう。

富山城址公園

AMAZING TOYAMA

 

コメント

博士と彼女のセオリー 観ました。

2015-03-13 22:36:54 | 映画 

今日は天気も悪いのにちょっと遠出して博士と彼女のセオリー(公式HPへ) を観てきました。

車椅子の天才物理学者スティーヴィン・ホーキング博士の半生+妻ジェーンとのラブストーリー。

1963年。ケンブリッジ大学で物理学を研究するスティーヴィンはパーティでジェーンと出会う。

初めはスティーヴンが夢中になってって感じが、お互い惹かれあうようになり恋に落ちる。

エディ・レッドメイン演じるスティーヴンがクレバーでユーモアたっぷりでとってもチャーミング。(ついでにそばかすもたっぷり)ほんとうに魅力的な人物。

同じころ、スティーヴンはチョークを持つ手がしびれたり、手に持ったものを落としたり、足がふらついたりの症状があることから受診して検査をうけます。

診断 運動ニューロン疾病。脳から筋肉への命令が伝わらず、筋肉が衰えてやがて動けなくなる病気。そして余命2年と告げられます。

 

スティーヴンは部屋に引きこもり、ジェーンとの連絡を絶ちますがジェーンは無理やり押しかけてきてスティーヴンを外に連れ出す。

そして2人は結婚を決意する。

行く先には、苦労が山積みだと思うのですが、それでも2人で立ち向うことを選ぶ。ジェーンは前向きで強い女性でした。

この人がいなければ、論文も理論も世に出ることがなかったんですね。内助の功っていうより同志という感じ。

 

やがてスティーヴンは車椅子の生活を余儀なくされ、家事、子供たちの世話、夫の介護、と自分一人の手に負えなくなっていくジェーン。

食事も介助が必要になってくるし、車椅子で移動するのも相当な力がいりそう・・・

(せめてもっとバリアフリーな家だったらよかったのに〜)

聖歌隊で指導をしていたジョナサンがをホーキング家に出入りするようになり介護を手伝ってくれるようになる。

 

この辺からちょっと話が複雑に、想像していた話とちょっと違ってきました。

でも最後まで、ふたりのラブストーリー、「思いやる」というラブストーリーだったと思うんですよね。

 

エディ・レッドメインが本当に素晴らしかったんですが、フェリシティ・ジョーンズも強くて美しい、ジェーンを素晴らしく演じていました。

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)   トラックバック (17)

The Crying Game

2015-03-08 12:34:48 | 音楽

ボーイジョージ関係の映画を立て続けに観たらこの曲が聴きたくなりました。

 

ニール・ジョーダンの92年の映画 ” クライング・ゲーム ”のテーマ曲。

劇中デイル役 ジェイ・デービッドソンが歌っています。

 

オリジナルはイギリスのシンガーデイヴ・ベリーの64年のヒット曲だそうです。

 

映画の最後にはボーイ・ジョージが歌うこの曲が流れます。

 

お人好しの男とかわいい女の極上のラブストーリー(だと私は思います。)

次はこの映画をレンタルしよう!と決めました。

コメント

アジアのメガネ男子 (*゜∀゜*)

2015-03-08 08:58:25 | 大坂アジアン映画祭

2月の話でございます。私の職場は四週六休。土曜の休みは他の職員と調整をしつつ、希望日にとります。

2月21日の土曜日はお休みを入れてありました。

上司から

「来週の28日の勤務と変えて21日は出勤してもらえないかな?」

と言われたけど

「いえ、21日はどうしてもはずせない用事がありまして。申し訳ありませんがムリです( ・`ω・´)キリッ」

と返事して死守した休日。

 

その日は早めに起きて、家事もそこそこにパソコンの前に座りました。

午前十時、キーを押しまくりました。なにかというと大阪アジアン映画祭。

張孝全のトークショー+その周辺の映画のチケットがとりたかったのですが結果は ×  (ノ`Д´)ノ.:・┻┻)`з゜)・:゙;

アシの心配、ホテルのリサーチ、500円までのおやつ・・・とか準備に余念がありませんでしたのに・・・。

は〜・・・・

 

 

張孝全のトークショーの模様がこちらに。

いつの間にかメガネ男子になっていた・・・・ステキ

コメント

Worried About The Boy  観ました。

2015-03-07 11:53:53 | 映画 ヨーロッパ

 

 

Worried about the boy を観ました。2010年のテレビ映画。

またまた字幕がないので理解が怪しいですがたましいで観たわ(またかい・・・。)

ボーイジョージがカルチャークラブで成功するまで、と86年の薬物事件をいったりきたりして話が進みます。

 

80年。ロンドン。ハイスクールをドロップアウトしたジョージ・オダウト(ダグラス・ブース)。メーク、奇抜なファッションで学校で浮いた感じ。担任の教師から進路希望を聞かれても 「何もない」

両親もジョージの将来を心配していますが、ジョージは家を出て、スティーブ・ストレンジ、スパンダー・バレエなどニューロマンディックの立役者たちが集まるクラブBLITZでクローク係りになります。

 

クラブの客としてやってきたカーク・ブランドンを一目見てびっときて彼から目が離せない。でも女の子と一緒だし、遠くからそっと見ていたら「話をしよう」と彼がひとりでクロークにやってきた。

 そして、夜中ふたりでジョージの家まで歩いて帰って「お茶でも飲んでいかない?」と誘う。

あいにくティーバッグを切らしていて、その辺に落ちていた使用済みを使いまわして淹れたのは単なる色付きの白湯・・・だけどそんなのどうでもいいワケで。

並んで座って、手を握ろうかどうしようか、お互いドキドキしているシーンがとってもかわいいです。

 

ジョージがカークを1日中待っているシーン。

朝から落着きなく階段を上ったり、下りたり、座り込んだり、ため息ついたり・・・。日が沈んでドアに人影が映る。一瞬ためらってから入ってきたカークに抱き付くジョージ。「女の子みたいだ」と言われて「あなたが望むなら」(とかいってると思うんだけど)と答える。

” I am a girl, I 'm your girl ! "というジョージはほんとうにかわいらしくていじらしくてナミダがでそうなくらい。

 

ふたりは恋人同士になって、カークがバンドを率いてステージに立ち、ジョージは衣装からヘアスタイルからあれこれと世話を焼く。

でも次第にカークの気持ちはジョージから離れて行く。

カークのために部屋を整えて、料理を作って花を飾って、おしゃれをして(きゅーんって来っぱなし)・・・・ずっと待っていたのに来なかった日。

夜中にカークの家へ「どういうことよ!」と怒鳴り込む。でも冷たい言葉を吐かれて、完全に振られた。 

 

それでもカークの影響か、自分がやりたいことは音楽、と目覚めて敏腕マネージャーのマルコム・マクラレンに売り込み。バンド バウ・ワウ・ワウのメンバーになりますが、メンバーとうまくいかずに脱退。

やがてカルチャー・クラブ結成。メンバーのジョン・モスと恋愛関係に。

カルチャー・クラブの曲はジョンへの気持ちを歌ったものが多いのだそうです。でもこの恋愛もうまくいかなかったようで、男運が悪いのね。

 テレビ出演の時に、ジョージは楽屋でカークを見かけます。お互いに何もいわなかったけれど、カークの目がうるんでいました。

 

 

 

 

ボーイ・ジョージの悪友?一緒に住んでいたマリリン役 フレディ・フォックス。とってもチャーミング!

来月公開のパレードにようこそに出演しているのでこれは絶対観たいです。パパがエドワード・フォックスなんだそうです。

 カーク役はリチャード・マッデン 同じく来月公開のシンデレラの王子さま。

ダグラス・ブースはジュピターに出演しているし、もうすぐまた会える人たちばかりなのがうれしいです。

それぞれ公式HPにリンク貼ってます)

「パレードにようこそ」4は県内での上映館がいまのとこないんですけど、シネモンドで観られそう!と勝手に思っている・・・!

 

 
 
 
 
コメント

さくら

2015-03-07 08:39:28 | お菓子
中田屋のきんつば買って来ましたよ。

さくら



淡いピンクがキレイ。





さくらの塩漬けがほんのりとしょっぱい。

春ですね〜
コメント

LOOK OF LOVE

2015-02-27 23:08:42 | 音楽

今日は月に1度の美容院の日。

カットとともにフェースマッサージもしてもらいたかったのですがお肌のコンディションが悪くて眉カットだけにしました。

いつもはフェースマッサージという名の心地よいお昼寝タイムになってしまうのですが・・・。

 

今日もお店のBGMでわたし好みの懐かしい曲がながれていましたよ。

ジャクソン・ブラウン ”誰かが彼女を見つめてる

ジョン・クーガー ”ジャック&ダイアン”

クリストファー・クロス、 チャーリー・セクストン 、 スティーヴィー・ワンダー もながれていたっけ。

それから LOOK OF LOVE♪ と聴こえてきて 「あ、これ誰だっけ?」とずっと考えていたのですが思い出せない。

うちに帰って検索して判明。  ABC だったわ。

アルバム持っていたっけ、確か・・・。

 

コメント (2)

またね

2015-02-27 00:38:25 | アジアンクイア映画祭
2年に1度開かれる、アジアのクイア映画を集めたアジアンクイア映画祭。
2007年の1回目に行って、こじんまりとして温かみがあってその心地よさ?に、2回目はパスしたけど3、4回とこの映画祭のため、上京しました。

今年は5回目の年。
前回は、5月末の開催だったから今年もその頃ならそろそろ日程が出てもいいんだけどなぁ。
会場だったシネマート六本木が閉館するそうなんだけど、どうなるの??

等々思っていたのですが、今年は開催されないんだそうです。

ああ残念。

いつか帰って来てほしい、大好きな映画祭でした。
コメント

Taboo 観ました 

2015-02-25 23:04:56 | 映画 

やみくもにあれこれレンタルして観ていますが、先日観たのがこれ。

TABOO〈ボーイ・ジョージ・ミュージカル〉2003年作品。

 

ボーイ・ジョージのミュージカルのロンドン公演を収録した映画。ルーク・エヴァンスが出ているし〜というのもありまして、観ました。

ボーイ・ジョージ率いるカルチャークラブがスターダムに上り、そして、ドラッグにおぼれて堕ちていく・・・

80年代のロンドンを舞台にボーイジョージの半生と、伝説のクラブに集まる人々のストーリーです。

ルーク・エヴァンスはカメラマン志望の青年ビリー役。人生の目的?が見つからずにもがいている青年。

ルーク・エヴァンスといえば渋いオトナって感じですが、この映画(ミュージカル)のエヴァンスは・・・・カワイイ!

 

ビリーとボーイ・ジョージ(ユアン・モートン)  

 ふたりがそれぞれ歌う  Stranger In This World

悲しげなメロディを朗々と歌い上げています。

  

 カルチャークラブといえば 君は完璧さ(・・・・という邦題が納得いかないんですけど)Do You Really Wants Hurt Me?? ユアン・モートンって驚くほどボーイジョージにそっくりでびっくり!

 

ボーイ・ジョージ自身はリー・バウリー役で水玉を纏って?熱演しています。すっかり太っちゃってます。(でもその後痩せて美中年になったみたいですが。)

懐かしいヒット曲が心地よくて長い作品でしたけど、楽しかったですよ

 

 

 

 

 

コメント

祭りが来ますよ(^O^)/

2015-02-25 22:08:56 | 映画 

来月公開予定の映画。

博士と彼女のセオリージュピター 新作ではありませんが レ・ミゼラブル と、エディ・レッドメインの映画が何本も。

祭りが、来ますね(*'▽')

 

コメント

Food Of Love 〜 ちょっとウザいママ

2015-02-24 00:48:08 | 映画 ヨーロッパ

東京国際レズビアン&ゲイ映画祭に初めて行ったのは2002年の第11回のこと。

「藍宇」1本だけ観て帰ってきたのですが、その年のプログラムの中にページ・ターナー(映画タイトル Food Of Love )という映画があり、心のどこかに引っかかってました。動画サイトにあった予告編を観たら本編が観たくなり、輸入盤をお取り寄せしました。

届いてから気が付いたんだけどセリフが英語だからなのか字幕がない・・・。いつも以上に理解がアヤシイけど観たわ、たましいで。

 

2002年 スペイン/ドイツ映画  監督 Ventura Pons  原作 David Leavitt(Page Turner)

サンフランシスコ。ピアニスト志望のポール(Kevin Bishop)は憧れのピアニストリチャード(Paul Rhys)のリサイタルでページターナーをすることになります。スーツをビシッと着て緊張してリチャードの側に立つポール。

譜面をめくるとき、リチャードの顔をじ〜っと見つめるのがカワイイです。

終わって打ち上げに誘われますが、過干渉気味のママ:パメラ(Juliet Stevenson)のため残念ながらお断りします。

ポールの両親は離婚。ママは離婚記念?旅行へポールを連れていきます。旅先のバルセロナの街を散策していたポールはこの地で前日までリチャードのリサイタルが開かれていたことを知る。

ホテルに戻ってきたら 「大変だったのよ〜!!」とママ。 シャワーの表示(水とお湯)がわからん とかうろたえてます。

このママちょっと とてもうざい。まあ、ママとはうざいものかもしれないけど、普通のママの5割増しくらいでうざい。

ママとポール

「お腹がすいたけどスペイン語がわからない。レストランについてきて〜」というママ。

ポールは「ママと一緒にいられるのはとってもうれしい。でも今日は疲れたし眠りたい。ホテルのレストランのウェイターは英語がペラペラだから大丈夫。ひとりで食べてきて」とママを外出させて1人の時間を作ります。

そして、電話帳に載っているバルセロナ中のホテルに片っ端から「Richard Kennington さんをお願いします。」

と電話をかけまくります。刑事みたいな地道な作業・・・。

何件目かで「少々お待ちください」と言われて自分でもびっくりしながら耳を澄ませていたら「はい、Kenningtonです。」の声が聞こえて思わず電話を切ってしまったポールでしたが・・・。

リチャードの泊まっているホテルまで出向いて、そして部屋へ通されて・・・・・禁断の扉を開く・・・のかっ???   つづく

 

 

 

ケヴィン・ビショップは子役出身で 「マペットの宝島」という映画に出ていたようです。

ロッキー・ホラー・ショーのティム・カリーも出ているこの映画で、ボーイソプラノで歌っていて可愛いっす

 

 

 

  

 

 

コメント