まぜごはん

ミーハーなマチルダが気まぐれに
なんでもかんでも書いちゃうブログです。

映画の話題が中心です。


Welcome to my blog!

↑あしあと帳へとびます
INDEXにとびます しょっぱなの記事へとびます

カプリコン・1 〜 こちら火星です。

2016-02-07 14:35:46 | 映画 

昨日は火星に独りぼっちの映画を観たわけですが、「火星」というと思い出す映画があります。

カプリコン・1  

映画情報 ここ 1977年作品ということは38年も前の映画!え〜そんなに経つのかよ、と自分でも驚いてます。

 初の有人火星探査船カプリコン1に打ち上げ直前トラブルが発生、3人の飛行士は国家的プロジェクトを失敗に終らせないため、無人のまま打ち上げられたロケットをよそに地上のスタジオで宇宙飛行の芝居を打つ事になる……。NASAが仕組んだ巨大な陰謀談を、ジャンルの選択が難しいほどにありとあらゆる要素を叩き込んで造り上げられた極上のエンタテインメント Yahoo! 映画 より

宇宙飛行士たちは火星に見立てたセットに連れていかれ、ロケットが戻ってくるまでの間「火星にいる芝居」をすることに。

ところがそのロケットが爆発を起こしてしまった。

こうなるとパイロットたちが生きててはまずい。

・・・・ってことで命をねらわれることになります。あんまりだ・・・

 

 

真実を追うジャーナリストの役でエリオット・グールドが出演してました。

「M★A★S★H」「ロング・グッドバイ」「遠すぎた橋」など出演作を観まくっていたので、この映画も迷わず観に行きましたわ。

(M★A★S★Hとかはテレビの洋画劇場で観たのかも・・・。記憶がおぼろげ〜)

ひょうひょうとしてユーモラス、芝居臭くない芝居をするとってもすきな俳優さんです

 

最近では「オーシャンズ」シリーズにご出演

マット・デーモンの右隣のひときわ大きなおじさまです。

 

久々に観てみたくなりました、この映画。これはDVDになってるみたいですね。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オデッセイ 〜 火星でD.I.Y.

2016-02-06 20:16:11 | 映画 

「オデッセイ」観てきました。 公式HP

火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワトニーは生き延びようとする。一方、NASAは世界中から科学者を結集し救出を企て、仲間たちもまた大胆な救出ミッションを敢行しようとしていた (シネマトゥディより)

食料はない、助けは来ない。火星に独りぼっち。

でもワトニーは自分の置かれた状況を分析して、何が必要で何ができるのかをたたき出し行動に移します。

食料として残っていたわずかなジャガイモを種イモにしてジャガイモ栽培。肥料も水もないならば作り出す。

地球との交信が可能になった時、まずNASAに伝えたことは「(自分が置き去りになったことに)ほかのクルーに非はない。」ということ。

 

冷静でユーモアに溢れてポジティブな人物。こんな人が助からないわけはないっ!と信じて観てました。

NASAも、ワトニーのことを知った全世界の人たちもワトニーの帰還を願って待っている・・・・。

 

 

 

 

 

 

火星に一人取り残される、というストーリーを聞いたときデヴィッド・ボウイの「スペース・オディティ」を思い出しました。

コントロールセンターとの交信も途絶え、宇宙に取り残されたトム少佐。

(この曲は映画「孤独な天使たち」で使われてました。)

「オデッセイ」では70〜80年代の音楽がたくさん使われてました。(船長のシュミってことでディスコソングばかりですが)

ひょっとして、ボウイの「スペースオディティ」もつかわれてたりして・・・と思ってました。

「スペースオディティ」は結局使われてなかったのですが「スターマン」が使われていて、イントロが流れてきた時泣けてきた。

突然のボウイは私を泣かせます・・・

 

 

コメント   トラックバック (20)
この記事をはてなブックマークに追加

いい日だったね

2016-02-05 21:09:47 | 季節
今日は午後休みもらい、市役所で用事すませてシネモンドで映画観てきました。

109が改装中でなんかとまどってしまった。
4月から大人向けのビルになるらしい。

お天気がよくて自転車で行ったのですが手袋なしでもだいじょうぶでした。
そこそこ暖かい日。

そして、ウチに帰ってきたらひさびさに、物干し場の洗濯ものが自然乾燥してた。

いい日だったね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パニックオーシャン ソマリア海賊緊迫の47日間  観ました。

2016-02-04 23:54:59 | 映画 ヨーロッパ

スペインのテレビドラマをDVDで鑑賞。

 

 2009年にソマリア沖で発生した、海賊によるハイ ジャック事件。

スペインの漁船アラクラナ号は海賊に襲われ乗っ取られる。

人質解放のための交渉は長引き、現場のいらだちや恐怖が乗組員やその家族たちを追いつめていく。

見渡す限りいかつい男だらけ、けっこう残酷な描写もあってなんで観たんや〜ってはなしですけど、漁船のキャプテンを務めているのがミゲル・アンヘル・シルベストレなもんですから観ました〜

(はい、ステキこの映画の写真ではありませんが)

交渉が長引いて乗組員が家族に連絡をとれるようになり(といっても海賊の見張り付きで、時間制限もあるけど)みんな妻とか娘とか電話をかけて

「もうすぐ会えるから」とか「心配かけてすまない」

とか会話をします。でも妻がまだ幼い息子を連れて出ていったキャプテンは、電話をしない。

副船長には別にかけなくてもいい、みたいな強がりを言う。

でも、精神的に追い詰められたこんな時に家族の声がどれだけ力になるかと思うと、電話をかける先のないキャプテンがなんだかせつない。

ラストもキャプテンの哀愁がどっさり伝わってきましたわ。

そんなわけでつらいシーンも多かったけどミゲル・アンヘル・シルベストレを愛でるにはよいかしらと思いました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白雪姫と鏡の女王 〜 王子さま、デカっ

2016-02-03 22:48:29 | 映画 

Netflixで「白雪姫と鏡の女王」観ました。

新解釈の白雪姫と7人のこびとたちって感じかな・・・といっても話はけっこう忘れていましたが。

白雪姫はリリー・コリンズ (あと1センチの恋のロージー役)がちょっとやんちゃな王女さま。

継母役はジュリア・ロバーツ 華がありすぎ

そして王子がアーミーハマー

ウサギ耳のハットで舞踏会・・・なんていうへんてこなシーンもあるけど

おぅデカい、りりしい、カッコイイ

継母の策略で「惚れ薬」を盛られるシーンがあるのですが、間違って「犬用」を盛られてしまい発情期の犬状態になってしまう、という

ウェ〜ン と泣いてるデカい王子さま

 

最後は当然ハッピーエンド。

 

ラスト、姫とこびとたちがポリウッド映画風に踊るのがとってもユニーク。

 

 

そうそう、白雪姫と言えばリンゴじゃなかったかっ、アレ?違ったっけ?・・・リンゴは?リンゴ??

と途中からもやもやしつつ観ていたのですが、一応出てきた、リンゴ。よかったよかった。

 

かわいくて楽しい映画でしたよ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月のまぜごはん

2016-02-02 22:22:34 | ブログパーツ+検索ワード

さて1月中にアクセスの多かった記事は何でしょか?

パーフェクトプラン 〜 レッツ スシナイト!

エージェントウルトラ 〜 ダメ男の覚醒

ゾンビーバー 〜 凶暴なビーバーちゃん

イヴ・サンローラン Elegance!

TIFF 黄金のアデーレ 名画の帰還 10/24

軍服の天使

The Riot Club 〜 いい加減にしろ お坊ちゃま

魔性の男

マーターズ 血しぶきブシャー

コードネームU.N.C.L.E. 〜 カウボーイとボクネンジン?

 

そんな感じ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月1日

2016-02-01 23:49:34 | 季節
1月が終わってしまいました。

2月初日が1日で、今日はずいぶんと早くに出社しました。

ここのところイレギュラーなシゴト多くて、中々シゴトが減っていかない感じ。
疲れているのか、夜テレビ見ながらうたた寝してしまった

さて本格的に寝ますかね〜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公式HPできてた

2016-01-30 20:57:38 | 映画 ヨーロッパ

トム・ハーディ主演のクレイズ兄弟の映画の公式HPがすでにあった・・・!

レジェンド 狂気の美学 公式HP

 

Official trailer  こちら

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ケンプ兄弟 IN ザ・クレイズ 冷血の絆

2016-01-29 19:46:10 | 映画 ヨーロッパ

ずいぶん前の話ですがスパンダ・バレエのゲイリー+マーティンのケンプ兄弟が主演の映画を観ました。

「前」っと言ってもどのくらい前か、というと1990年作品だそうなので、平成の世がまだヒトケタの頃のはなし。

四半世紀も前ですね。はぁ・・・(遠い目・・・)

「 ザ・クレイズ 冷血の絆 」映画Com. の作品公開 こちら 以前ちらっと書いた記事は こっち

1934年。ロンドンで生まれ厳格な母に育てられたロニーとレジーの双子のクレイズ兄弟。

やがて暗黒街の顔役へとのし上がっていく。

なにせずいぶん前なので、記憶はまばらなんですけど、ママがけっこうきつい人で 「ワニのように強く生きろ」みたいなことを言って育てた・・・んじゃなかったかなぁ。

小さいころの双子が学校の先生になんか聞かれて

「クロコダイル」

とハモって答えるシーンを覚えてる。

大人になり弟レジーは幼なじみと結婚

兄のロニーはゲイだった・・・。

こういうのはくっきり覚えてる黒いワタクシ

 

この映画、久々に観たいな、と思ってタイトルで検索したら、DVDになってないのか、中古ビデオ情報が出てきた。

 

 

 

クレイズ兄弟の話がまた映画になったというハナシを少し前に聞いていたのですが、Amazon USAのサイトを見ていたら、その映画 LegendのDVDが3月に発売とある。

輸入盤買うか〜と思っていたのですが、この映画日本での公開が決ってるそうじゃないですかっ! ここね

「レジェンド 狂気の美学」

監督、脚本 ブライアン・ヘルゲランド

ロニー:トム・ハーディ 、レジー: トム・ハーディ

ロニーの恋人:タロン・エガートン(「キングスマン」のエグジー きゃあぁ  )

6月まで待ちますわ〜。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

踊るユーレイ

2016-01-27 23:38:24 | 映画 ヨーロッパ

今週は大雪のせいもあるけど、月曜日からすでに放電状態。気分は金曜日でした。

本日1月の大変なオシゴトその2が無事終了しホッとしているところ。

ホント長かった・・・・。

土日が終わるともう2月なんですね。

月末の作業をちゃちゃっと終えて、楽しい週末を迎えたいです。

 

さてさて、「リザとキツネと恋する死者たち」 公式HP というハンガリーの映画。

過去に大阪アジアン映画祭で上映されたようなんですけど、東京での公開がそろそろ終わりその後全国で順次公開予定。(シネモンドで上映してくれないかしらんと、ただいま絶賛祈祷中

ユーレイが踊って昭和歌謡歌って・・・なんて面白そうで、 観たい観たい、これ絶対観たい!

今週金曜日のシネマカリテでの最終上映日、踊るユーレイ(トミー谷)役のデビッド・サクライさんのトークショーがあるんだって・・。きゃあ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月のシネモンド

2016-01-26 22:29:10 | 映画 
シネモンドの月刊シネマガイドが来ましたよ。




サンローラン は絶対観に行くとして、他も都合つけて何本か行きたいと思います



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BB-8 Japan

2016-01-24 07:30:22 | 映画 
昨日ユナイテッドシネマ金沢へ行ったらありました。



輪島塗りのBB-8



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エージェント・ウルトラ 〜 ダメ男の覚醒

2016-01-23 17:25:21 | 映画 

エージェントウルトラ 観ました。 公式HP

 片田舎のコンビニでバイトをしているダメ青年マイク(ジェシー・アイゼンバーグ)は、一緒に住んでいる恋人フィービー(クリステン・スチュワート)とハワイ旅行に出て結婚を申し込もうと決意する。だが、出発前にパニック発作を起こして旅行は中止に。ある日、彼は店に乱入してきた暴漢たちを無意識のまま瞬殺してしまう。それを機に、マイクがCIAの極秘マインドトレーニング計画で育成されたエージェントであったことが判明。やがて計画の封印を進めるCIAから次々と刺客を放たれ、フィービーを誘拐されてしまうが……。シネマトゥディより

マイクはやる気がなくてダメなヤツ。イケナイと思いつつクスリ(麻薬)がやめられず、コンビニでバイト生活。

店番をしながらでサルのアポロを主人公にしたイラスト、というかマンガを描いている。

自慢の恋人フィービーが心の支え。フィービーに自分が創作したストーリーを話すときには生き生きとしている。

 

マイクが木にぶつかって大破した車を見て、素敵な車をどこへも行かせたくない木が車の邪魔をしてるんだ、みたいなことを言って涙ぐむんですけど、車はフィービーで自分は木だ、っていうんですよね。ふがいない自分にとってフィービーは過ぎた恋人だと思っているのです。

そんなマイクが店に現れた謎の女性客に暗号を告げられて突然覚醒。

突然襲ってきた刺客たちをスプーンで一撃にして、銃を奪って仕留める。

マイクは実はCIAのエージェントだった!?刺客をかわして、無事フィービーにプロポーズできるのか!?・・・・そんなストーリー

 

なんとなくジェイソン・ボーンを思い出したりもするんですが、ボーンと違って、普段はだらだらしていていかにもダメなマイクが豹変するところが面白いです。

予告編を観て、「コメディコメディしたアクション映画」と思っていたのですが、想像していたよりは若干コメディ色控えめ。

アクションめちゃくちゃ派手。

ダメダメくんがスプーンとかフライパンとか日用雑貨を武器に戦っちゃうところとかオカシイ

 

 

 

 

 

 

コメント   トラックバック (8)
この記事をはてなブックマークに追加

水墨画?

2016-01-22 20:53:30 | 季節
昨日スマホで写した写真。



カラー写真のはずなんだけど、モノクロみたい。


北陸の冬の空つったら枕言葉は鉛色って感じ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誰の シークルーズ?

2016-01-21 23:19:48 | 音楽

夏っぽい曲ですが、好きな曲。

youtubeで見たらあまりにも多くの人が歌っていて結局オリジナルは誰の曲なのかわからなかったけどいい曲ですね。

 

初めて聴いたのはニッキー・ホプキンスが歌ったもの。

ずいぶんとムカシの話ですが、レコード店でこの曲が流れてきてニッキー・ホプキンスではないのは容易に分かったけど、誰?と思って、

「このシークルーズは誰のシークルーズですか?」

と聞いたら

「グレン・フライですよ」

と返ってきて、なんだかすごくうれしいキモチになった。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加