はじめのい~っぽ 60'S

今日生きてるのは奇跡!
鬼籍入りまでの軌跡!

山に登りました。亀山・錫杖岳みたび//  単独行

2017年06月18日 16時37分47秒 | 山登り
かねてより「登りたい」と思っていた錫杖岳を登りました。

朝5時 自宅を出発
6:55分 登山口着 
 一礼をして一人歩き始めます 
 「ゆっくり・ゆっくり 自分の歩幅で」心の中でつぶやながら。

 早朝の山は、透明な冷たさを感じるくらいステキ。
 思いっきり深呼吸しようとすると、息を吸い込め切れなくて苦しい。
 いつも浅い呼吸をしているんだろうな。

7:44 袖之木峠のベンチまで、のろのろ歩きだが休まず辿り着く。
  1回目の時、女性5人で登ったときは酷かった。
  歩きはじめてほとんどすぐに、倒れこみたいほど「疲れてた」「胸が苦しかった」
  気を遣ってもらっているのに「それにさえ腹を立ていた」(二度と山登りなんかするもんかと思っていたな~)を思い出しながら・・・
 
8:40 頂上で万歳三唱(お菓子を食べた)
8:55 下山開始
10:00 登山口に到着 山の神と私を見張っていた神の化身に感謝の一礼を捧げた
   嬉しくて楽しくて 充実感を持てた良い時間に感謝。

登山者の安全と快適に、努めてくださっている山の管理者様および関係者様 
ありがとうございます。
以前は頂上手前の岩のぼりの場所が網で覆われていましたが、誘われるように今回は新しいルートを歩きました
山の保全は本当に大変な力仕事ですし危険な作業です。

ベンチを作ってくださってありがとうございます。
階段を作って下さってありがとうございます。

そして、私を登山口まで車で運んでくれた夫さん。ありがとう
一緒に山登りを楽しみたいけど「無理強は、しないよ」

(スマホの写真をPCにコピーできず、写真を貼れませんでした。後日写真をいれます)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パラの練習 6/10の私 6/11の私 | トップ | パラの練習 6/18 空パーク... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (爺爺Masahi)
2017-06-18 18:34:08
山ガール誕生(復活かな?)おめでとう御座います。

が、それにしても日頃のウォーキングの成果だと思います。

決して無理をしていない事も伝わっていますよ。

そして、山を自然を大切に保全に励む人たちに感謝の気持ちも表されていて…☆3つです⇒☆☆☆。

そのうち、新聞の見出し『(*遅咲き)山ガール 現る 高峰マッターホルンで吼える!』な~てね。

*= わ、悪気はありません


し、失礼をば…。では、また。           敬具。
山ガールじゃないんですよ (マダム・グラハン・洋子)
2017-06-19 09:44:09
マサヒ様 おはようございます

山を登ってくる人たちと、下山途中15人くらいの人にお会いしました。

2人ならんで歩ける道幅がないので、道を譲りあいます。

その時の挨拶
「もう降りるんですか?」
「はい」
「山ガールですね」
「はい。ヤマンバです」

帽子をかぶっているから、白髪を振り乱しているのは見えないでしょうが・・・・・

「うまく言えたもんだわ 山田君 ザブトン1枚!」
頭の中で漫画描いてました。
Unknown (イケリン)
2017-06-19 12:26:01
こんにちは。
朝早くに出発しての錫杖岳登山。お疲れ様でした。

3回目ともなれば勝手知ったる道、少しは道中を楽しむ余裕がができたことでしょう。
日頃の鍛錬の甲斐あって、体力面でも自信ができてきたのではないかと推察します。

苦労して頂上に着いたのに、わずか15分の滞在では勿体ないような気もしますね。
何はともあれ事故なく登頂を果たし、安全に下山できたことを喜ばなくてはね。


すごーいですね (chidori)
2017-06-19 20:12:53
今の私はとてもできそうにないです。

毎日恐る恐る歩いているんですよ。

だから遠くにはゆけない。

どんなお山か写真でも見せていただきたいけど、

あの錫杖さんのお山なんですね。

優しいご主人様。

感謝感謝でしたね。

頂上での時間の過ごし方 (マダム・グラハン・洋子)
2017-06-20 07:12:33
イケリン様 おはようございます

インターバル速歩を終えてきたところです。

頂上での滞在は、短いですね。
でも、この山の頂上は狭いんです
感覚で言うと10畳くらい
ホントはナン㎡とかあるんでしょうが
平らな所はなくて、石の上に腰かけたりして休みます。

山の楽しみは良くわかっていません。
登るまでの気持ち?
登る道中で考えること?
考えないこと?
下を見ないで、道を見通すこと?
頂上で、写真とったり、ご飯を食べたりすること?
まさに、人それぞれなんでしょう

一人でぼつぼつ歩くので
そういう経験交流がたりません

ま、そのうちもっと「楽しんで」行けそうなきがしています。

いつも励まして、見守ってくださってありがとうございます。
Unknown (マダム・グラハン・洋子)
2017-06-20 07:19:40
chidoriお姉様 おはようございます

全くの初心者なので高すぎず低すぎず、頑張りも程よいお山です。

気持ち的にも身体的にも慣れてきた気がします。
先日インターバル速歩の事を書きましたが、これが私に合ってる!
そして効果が6か月を待たず出てきているのを実感しています。

毎日血圧測定をしているので、ある程度たまったら記事に書こうかなと思っていますが、このおかげで「体を感じれる」
他にも書きたいことあるのですが、今は少し温めて発酵させています。

なかなか放送がきけず、あの柔らかい雰囲気が味わえませんが、皆様どうぞ頑張ってくださいね

ちどり姉様は頑張りすぎませんように。お祈りしています。
Unknown (錫杖)
2017-06-20 08:42:38
おはようございます。
わたしがアルプスから帰還した翌日に登られたのですね。あの日はとてもいい天気でしたね
風待ちベンチで休まれましたか
モチモチの木は見つかりましたか
こもれびベンチはいかがでしたか

インターバル登高 今回わたしも200m一本でやりましたよ
関心をもって 感動して 感謝の気持ち
山は素直にその三要素を体験させてくれますね

写真またアップしてくださいね
Unknown (マダム・グラハン・洋子)
2017-06-20 09:11:09
錫杖様 おはようございます

PCとスマホの接続ができない(機具見当たらず)ので、なんども、錫杖様からお借りしようと思ったことかしれません。

でも自分の目で見たもの、その時の感動が織り込まれている写真をお借りすることはできませんでした。

休みながら写真は撮りましたが、歩きながら出会うに落ちている花びらや弱弱しい姿の花などは目に写し取るだけになってしまいました。

両方取りは難しいですね。
面白かったのは、犬の鳴き声をしている黒い鳥(ハトより小さ目)が、モチモチの木の枝から私を見てました。

物まね上手な鳥なのかな?

静かでひんやりした山の中は、本当にステキでした。

下山途中にお会いした人たちは8時以降に登っていらっしゃったのだと思いますが、この時には空気が暖かくなっていて、私には「しんどくなる時間だな」と感じました。
登る時間を考える機会になりました。

本当に楽しいですね。ほかの山もこんなに楽しめるかな?

新しいカメラ?レンズ?で写し取られたのを楽しませてくださってありがとうございます。
ごめんなさい (chidori)
2017-06-20 16:29:19
明日大事な講義を引き受けてその準備に追われています。資料4枚準備中ですが、気持ちに余裕がありません。夜は夏祭りの会議で初めてあじさいサークルが参加するのでプログラム決定で出なければなりません。
明後日は放送で・・とゆっくり考えてコメントできるときにさせてください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。