はじめのい~っぽ 60'S

今日生きてるのは奇跡!
鬼籍入りまでの軌跡!

アドラー心理学 エルム・リーダー養成講座(前半)に参加しました。

2017年07月10日 21時22分25秒 | アドラー心理学

7月の初めに澤田有心子さん主宰の「アドラー心理学・エルム・リーダー養成講座」をフェイスブックで知り、「有心子さんなら受けてみたい」と急遽申し込ました。
講座開催日は7/8 申し込みは7/3。駆け込みでした。


「勇気づけとは、困難を克服する活力を与えること」が講座のスタンスで、12の章を受講者で担当者を決め模擬講座をします。

リーダー講座を修了すると「アドラー心理学」のエルム講座(最初に学ぶ講座)を主宰する事ができます。

私は、勉強からしばらく離れていましたので、前に受けた講座内容をすっかり忘れてしまい、身に付いているはずの思考が、以前と同じような所で分からなくなったりしていることを感じました。

いくら勉強をしたからと言っても、実践なしには「すぐに」「人格がまるっと変わる」って言うのはなかなか難しいです・・・ていうか、あり得ない。
長い間生きていれば、いろんな感じ方を背負ってますもんね。
思い込みとか考え方の癖とか・・・。個性に見えて個性ではない感じ方の習慣「癖」


「私どうして、こんな言い方してしまうんだろう?」
「なんで、こんなに感情的になるんだろう?」
「きっと寂しかったからなんだな」と心にやさしく問いかけてみる
チラリとこんな風に感じることがとても大切。

「大切な相手なのに、鬼の形相で相手に自分の正義で迫る」そんな時を何度も繰り返しながら辿り着いた「アドラー」。
ココに集う人は「心理学を学ぶ」という優等生のお勉強会というより
「どうにもならない『どん底』」を知り、アドラーに出会って「自分の人生を楽しむ」のを見つけた人は少なくないでしょう。

どんなに訴えても・どんなに苦しんでも・毎晩泣き腫らしても
「相手はなにも、変わらなかった」こんなやるせない経験をした人は多い。

そして、「私の怒ってる正当な理由をこれだけ言ってるんだから、相手は私に屈服すべし・・・」と自説に心酔して、更に怒りや憎しみを増幅させてしまう時期もあるでしょう。

「骨折り損のくたびれ儲け」苦しんだのに良いことに実は結ばなかった。
心を寄せ合って仲良くしたいのに、私を向いてくれさえなくなってしまった。

「どうしたことなの?!」と独楽のように倒れるまで動き回ってしまう。
怒りは不思議に、パワフルなエネルギーを与えます。
相手を監視し・憎み、そこだけにしか関心を持たなかった時間も、「その人にとっては必要な時間」(味わいたくないけれどね)

苦しんだ経験は、アドラーの「勇気づけ」の意味を知ったとき「自分を愛おしむ」ことに繋がり納得に通じます。

激情に身を任すしかなく、心が暴れるままにするしかなかった。
「自分を大事に」「自分に優しく」と言われても、「なんのことやら」分からない。
機関車の運転手を乗せない暴走列車は脱線し、峡谷を繋がりながら落ちていく。
まるで映画「暴走列車」だ。

けれど無駄な時間などありません。
そんなあなたで良いの。自分を責めないで。
こんな私でいいの。ほんとうに。本当に。

今回私は、学習する具体的なやり方・流れが全然イメージできず、レジュメを読み込んでいかなかった事もあって「受講者さんに知的満足を与えることが出来ませんでした」
真剣に学習しようと参加されたリーダー養成の受講者様にご迷惑をおかけしました。

次回7章~12章(終回)の講座は、今回の失敗(と思った)事から学んで、参加しようと思っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 64歳のバースデープレゼント... | トップ | 骨粗鬆症の検査は・・・わわ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (イケリン)
2017-07-11 15:49:29
こんにちは 洋子さん。
腰の調子はいかがですか。
どんなに体調が悪くても、何事にも向上心を持って取り組む姿勢は
すごいものがありますね。見習わなくっちゃ〜。無理かな・・・。
今回の講座は座学でしょうから、腰への負担は若干少ないのでしょうが
気をつけるに越したことはありません。
ギックリ腰は慢性になる恐れがありますので、特に「急」のつく動作は
避けるようにしてくださいね。
このコメントの投稿番号8888で末広がりが並びました。
おお!素晴らしい末広がり (マダム・グラハン・洋子)
2017-07-11 16:18:23
イケリン様 こんにちは♡笑

はちはちはちはち カッコイイ!
私まだお目にかかったことないです。

確か以前、キリのよい番号と遭遇したのは、イケリン様でした。
プレゼントはナゲキッスだった。
でも
「レモンの味しなかった~」

腰痛。やだね~~。
しょうがない。
付き合ってやるか。

いつも心配してくださってありがとうゴザイマス
今晩は (爺爺Masahi)
2017-07-11 19:07:27
今晩は、G.H 洋子さん。

腰痛の方は、気長な気持ちで治療して下さい。

で、ここからは…。


ウッホウッホホ、ア、アドラーできたかぁ

今回のイメージスタイルは、

 学士帽(◇帽)を年齢わからぬ様に深く被り、帽子のロゴはアドラーのA。

 マントは、学士終了時に支給される(実際は買うのだけれど)学士マントで色は黒、ロゴは、少し大きめのA。右隣に小さめのS。

 学士終了証入れは、少し大きめのブルーの筒で中身は「折りたたみ式、杖」…。

 記者団の質問は、「体力つけて(ま、今は暫しの…だけれど)、知力も付けて、一体何処へ向かうのですか」

 応え『そら、空を自由に飛ぶだけよ。ん? 空に何があるのかって、それを知りたければ、あなたも飛びなさい」


何て、光景が浮かびました。という、話でした。

コメント機能が復活したようなので…。少し長めのコメントを送りました。

では、また。因みに私は今、国会前で共謀罪施行の抗議活動を継続中です。

 
お疲れさま (マダム・グラハン・洋子)
2017-07-11 19:27:55
コメント有り難うございます。
国会前にいる。
それまで、大笑いしていたのですが、笑っていられません、

ちくしょう。
施行しやがった。
金田のアホは、人権と自由を守るとぬかしやがる、
うそつくな!

海渡弁護士の画像、テレビで見ました。
まさひ様、私たち行きたくても行けない代表として、頑張ってほしいです。

ムシムシ暑いでしょうから、
水分とってね
お願いします。

今からFacebookで、動きを検索します。

コメントを投稿

アドラー心理学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。