研究者のジレンマの蒸留水

研究職の既婚男性による殴り書き

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ノベルティはノートに決定。

2017-06-15 10:17:33 | 日記

とある企画でノベルティを何にするか考える必要がある、と、

先日の記事で書いたけれども、webで色々調べると沢山あった。

 

ただ、ギフト系の食品モノや、キッズ向けのもの、スマホ向け、パーティー向け、

これらのグッズは条件から除外していったところ、

有力な候補としては、やはり先日も書いた実用性の観点からも、

ペン(ボールペン)、付箋、ノート、この3点に絞られた。

 

しかし、実際に制作するためのノウハウや流れといった、

それらの知識に明るくないため、色々と専門店というか専門サイトなどをザッピングしたが、

最終的には、オリジナルのノートが良いだろうとの結論に至った。

 

ちなみに数点の最終候補からノートに決定した経緯・要素としては、

[求めた点]

・全体のデザイン制作を行う必要がないこと

・ロゴやイベントの名前(文字)入りのアイテムに出来ること

・比較的安価であること

・実用性が伴うこと

以上の4点を軸に検討した。

 

固形物への文字入れ・印刷となるペン、

シール加工・印刷となる付箋などはコスト面で除外し、

何より、全体の「デザイン制作の必要がない」といったハードルの低さからも、

手軽にロゴ・文字入りで作れるノートになったという訳だ。

 

あとは発注・納品を待つだけなので、

何とも驚きの手の掛からなさに若干の拍子抜け感は否めないが、

必要でないなら不要な手間を掛けないに越したことはないので、

素直に喜んでおこうと思います。

 

さて、自分の本分はそこではないし、想定外の時間短縮で浮いた時間を研究に費やし、

次回の科研費の獲得に向けてモチベーションも挙げていこうと思う。

 

実質的にあと半年もないが、何とか夏の終わり頃までにあと2本、

既に9割完成状態のがあるので、掲載にこぎつける予定だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏のイベントで使えるノベル... | トップ | 共謀罪の成立。 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。