研究者のジレンマの蒸留水

研究職の既婚男性による殴り書き

共謀罪の成立。

2017-06-15 10:40:23 | 日記

公の場では己の心象・立場を悪くする発言は控える。

それは責任ある立場では当然の心構えではあるが、

逆に我関せずのテイを維持する、あるいは事なかれに終始するのは、

良識ある大人としては本来あるべき姿ではないと個人的には考えている。

 

さて、今朝、幾つかのニュースを目にした。

基本的には、トピックのタイトルだけを速読間隔でチラ見するだけで、

実際に深く読むことはほぼしないのだけれども。

 

今日は一言、共謀罪が採決強行とかその手の記事ね。

 

相も変わらずメディアの論調というか報道の仕方は、

市民に誤認させるよう意図的に誘導するようなバイアスを感じるね。

これはどの国でもメディアでもそういうものなのだろうか。

 

政府批判は報道機関の使命の側面でもあるのでそれは良いのだけど、

良し悪しを市民が判断できるだけの材料・情報を投下・掲載しないのは如何なものか。

 

研究者の端くれとしては、materialやMethodなしにConclusionだけを、

それも証明されてもない反論をさも正義であるかのように宣伝し、

previous studiesを批判する報道を好意的に許容する気にもなれない。


詳細まで踏み込んで書くつもりもないが、

例えば触りとして、「組織的」「集団」といった語彙を使用せずに、

考えただけで犯罪になる、表現の自由を犯す恐れ、とかそんなやつ。

「んな訳ねーだろ。」

で片付くようなことを平気で、有名大手報道機関・新聞社が煽る。

 

リテラシーの研修は現代の必須科目にする必要あると思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノベルティはノートに決定。 | トップ | ロゴ入りのノートは気持ちが... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。