研究者のジレンマの蒸留水

研究職の既婚男性による殴り書き

夏のイベントで使えるノベルティ・グッズ

2017-06-13 17:35:13 | 日記

夏前に、少し規模の大きなイベントの案件が舞い込んできた。

講演や発表とは性格も異なる、あまり体験機会の少ない事ではある。

 

さて、自分でいうのも何だが、研究者という人種には、

嘘でも大袈裟でもなく、噂にありがちなアレ、


「勉強は出来るが世間知らず」

「ダサさを自覚できない理系研究者」

 

というやつが結構な確率でいる。

というか、そうなってしまう傾向が、ある。

 

自分も例外とは言い切れないだろう。

と、常日頃から気をつけているので、外に出たり、職を異にする友人に会ったり、

普段体験できないことと遭遇した場合には、見聞を広める為にも、

積極的に参加するように心がけている。

 

そこで、冒頭の件という訳ではないんだが、

1つのブースを担当する形でその企画に参加することになった。

自分の出来ることなど限られていると思うのだが、

そのイベントにて、何かしらのノベルティも制作するらしい。

 

その準備も少々強力する流れになっているおり、

何が良いものかとここす数日思案している。

 

手軽で、どうせなら実用性もそれなりにあって、(捨てられるものは嫌だ)
オリジナリティも確保しつつ無難さも備えているモノ。

 

というのが条件になるだろうか。

そんなアイテム、なにがあるんだろう?

しばし、本職以外で頭を悩ませることになりそうだ。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二重敬語なんてレベルではない。 | トップ | ノベルティはノートに決定。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。