奇跡の扉

今までにない新しい治療法で確実に成果を出しています。安全、無痛、無害の遺伝子療法です。

突然のめまいや吐き気

2016年10月15日 | 症例
突然のめまいや吐き気を経験した事ありませんか?

私はもう20年ほど前ですが、日曜日の朝いつものように起きてのんびりしていたところ、お腹が痛くなってきたのでトイレに入ったところ、急な下痢とおう吐に襲われました。

その後激痛と言えるような腰の痛みに襲われ、じっとしていられず七転八倒と言う言葉どおり転げ回っていました。

ほんの10分前は静かな朝を迎えていたのに、この変わりようは一体なんだと思いますか?

3日前にめまいとおう吐がひどく助けてくださいと遠隔治療のお申し込みがありました。女性の方ですが、この方も急なめまいとおう吐で苦しまれており、診てみると自律神経が失調していたり、ホルモンバランスが乱れていたり、静脈の血流が悪くなったり、頚椎が歪んで三半規管の働きが低下してめまいを起こしていました。

重ねて頻尿の症状もあったのですが、10分おきくらいにトイレに駆け込むほどの頻尿で、こちらも自律神経やホルモン、静脈、腎臓、尿管、膀胱の働きが低下していました。

私の場合もこの女性の場合も原因は風邪のウイルスです。ウイルス恐るべしですね~。

平和な日常に突如襲ってきます。何の前触れもありません。一見脳の病気かと疑いたくなるのですが、判別が難しくもあります。

しかし風邪のウイルスがこのような症状を引き起こす事が良くあります。

突然襲ってくる急な症状は、血管系の病気か風邪のウイルスのどちらかを頭に入れておくと良いでしょう。

ちなみに、女性のめまいとおう吐は、いまはすっかり良くなったとご連絡戴きました。二回の治療で遠隔でも随分効果があるもんですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 健康は足し算 | トップ | 「もしかしたら・・・」と「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。