Kyoko AIHARA's Diary / 相原恭子の日記

欧州を中心に海外、舞妓と芸妓の「京都花街」、ビールをテーマに執筆、撮影、講演。
美・美味・ワクワクを求めて、スタート!

2016年10月13日(木・十三夜) ドイツのクリスマス

2016-10-13 | ドイツ・ベルギー
急に寒さを感じるような天気。
冬が迫ってくる感じ・・・。
ドイツのクリスマスの記事を書いたところです (#^.^#)


静かな湖水の街 シュヴェリーン。

寒い中、北国のくもりを感じる、ドイツのクリスマス。
昨年は、ケルン、リューデスハイム、ボッパルト、フランクフルト、ニュルンベルク、ヴュルツブルク、ドレスデン、シュヴェリーン、ロストック、ハンブルク、ミュンスターなど、
ドイツを縦横に、クリスマスマーケットを訪ね歩きました。

約一週間は「相原恭子と訪ねるドイツのクリスマス・ツアー」(朝日旅行/朝日サンツアーズさん主催)の皆様と、郷土料理やクリスマスのお菓子、お料理、ワインなどを楽しみながら、快く旅しました。また、ご一緒しましょうね (#^.^#)
その後は、一人で、ハードスケジュール! 各地を取材して回り、親しい友達や、観光局時代からの仕事仲間、たくさんの人達とビールやグリューワインで乾杯し、心温まる時を過ごしました。




ロストックのクリスマスマーケット
シベリアからの寒風(?)にさらされながらも、熱々の魚介類のスープは美味。
甘くコクのある「卵のパンチ」も忘れがたく・・・。



ミュンスターのクリスマスマーケット。
街並みとマーケットの出店が綺麗に調和 (^^♪
メルヘンチックですね。


リッチな大都市・ハンブルクのクリスマスマーケット。
アルスター湖に映るクリスマスの灯もロマンチック。
日頃は行列や混雑が極めて少ないドイツですが、押すな押すなの大賑わい。

アドヴェントで始まる「クリスマス」。
家族や親戚、親しい友人との大切な時をすごす時期。
同時に、社会的には莫大な経済効果をもたらすことも、確かです。


今年は11月27日が、1.Advent 。
クリスマス前の四週間(アドヴェント/待降祭)に入り、
クリスマスマーケットが各地で開かれますよ~。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年10月6日(木)ドレスデ... | トップ | 2016年10月15日(土) 取材... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む