ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

夏は美術館で地獄を見ない?三井記念美術館

2017年07月11日 10時19分31秒 | 障害者の自立

展示の主催は、三井記念美術館、NHK、NHKプロモーションの3つで、9月23日(土)から京都の龍谷大学龍谷ミュージアムでも開催予定となっている。

展示は水木しげるの絵本『水木少年とのんのんばあの地獄めぐり』の原画で八大地獄をめぐる入り口から始まり、「怖れ」と「憧れ」の象徴としての地獄と極楽の美術を通じて、日本人が抱いてきた死生観・来世観をたどる。

さらに、近世以降に民間で描かれた地獄絵図の中でも「たのしい地獄絵」といわれる展開を遂げた滑稽見のある地獄絵にも焦点をあて、「地獄絵ワンダーランド」を楽しめる。

開催概要

会期は7月15日(土)~9月3日(日)。会期中展示替えがあり、前期7月15日(土)~8月6日(日)、後期8月8日(火)~9月3日(日)となっている。休館日は月曜日、7月18日(火)。ただし、7月17日(月・祝)と8月14日(月)は開館。

開館時間は10:00~17:00(入館は16:30まで)。会期中の毎週金曜日は「ナイトミュージアム」として19:00まで開館(入館は18:30まで)。

入館料は一般1300円(1100円)、大学高校生800円(700円)、中学生以下及び障害者手帳所持者と介護者1名は無料。70歳以上、20名以上の団体、親子、リピーター、WEBサイトのクーポンの割引があり、詳細は三井記念美術館のWEBサイトに掲載されている。


(画像は特別展「地獄絵ワンダーランド」|NHKプロモーションより)

2017年7月10日   大人の社会見学ニュース

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木村が100障害で2位=陸... | トップ | どこで確認すればいい? 受... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL