ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

バニラエアーと公用車 ルールって一体何?

2017年07月01日 01時05分45秒 | 障害者の自立

障害者の対応でほぼすべての大手メディアが叩いたバニラエアー問題。ネットではどうもそんな単純なものでないことがいわれています。

ここで一番の問題は、バニラエアーは関空で彼の奄美行きに搭乗OKとし、到着後ルール違反で奄美空港において車椅子ごと補助で彼をタラップでおろしてしまったこと。この時点でルール違反を認めたのだから帰りの飛行機担当の人間にしっかり申し送りしなきゃ。だってすでに帰りの便の予約があるんだから。

そこに彼のクレーマー体質は関係ない。自分で這い上がるくらいの力がある彼はそりゃ意地でも乗るわな。そして当然仕返しもするよ。人道的に見た目が悪くてもルールを破れないと考えるバニラエアーの職員の対応もある意味しょうがないのだけど、だったら最初に関空で搭乗させちゃダメ。連れてきてしまった以上この人のことをしっかり帰りの便で申し送り対応準備しとかなきゃ。 

臨機応変対応力の問題ではなく会社の伝達不足の問題が一番。もちろんルールを遵守することと今回の行動どちらがいいかを判断できなかったことは確かだけど、それは現場一個人には正直難しいと思う。ただその後の機材の導入のスピードはさすがだしダメージはあったけど一番最小にできたと思う。

余談だけどネットでの彼の今までの行動とこの大手メディアに反対する意見が出てくるスピード含めてある意味すごい。大手メディアも横ならびよりこちらの方が面白いと思うけどな。

そしてあの金子議員の公用車保育園問題。税金を使うのがずるいと言って叩こうとしたけれど、少し不発になりそうです。

>秘書官の所属元である総務省は、「家族を乗せること自体ダメ」「(金子氏の)運転手の日報に書かれておらず、詳細は把握していない」旨の回答を寄せた。

さも違反ですと確定したような書き方ですが、公用車使用のルール(出発先、もしくは到着先が公務)では何の問題もありませんし、本人のブログに出ていますけど単に倫理の問題でしょうか。

特ダネで「何の問題もない。」「むしろ公用車を保育園送迎に使うことを認めよう」とコメンテータ2人が話していましたが、それも少しやりすぎかもしれないけどギチギチに運用したいのなら多分公用車なくすしかないよ。舛添の時に懲りてないのかな。

ルールに縛られて動きがおかしくなることは無意味。それこそスムーズに行動するための規範がルールなわけで改善するためにあるもの。そしてどんどんよくしていけばいい。どんなことでも例外はある。ただわがままとの区別はもちろん調整を。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界新で金メダル 日本代表... | トップ | 豊川特別支援学校でプロを迎... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL